さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

ススキの径を往く

oosiosusuki

車体を半分以上も隠そうとするススキたち。足回りどころか窓のあたりまで隠してしまうんだけど、ススキの存在感と同じくらいに列車の存在感もなくならないから、こんなのもありかな?なんて思う。
黄金色に透きとおるような稲と白銀色に輝くススキ・・・。秋色の中を列車がゆっくりと駈け抜ける・・・。

2010年9月26日 只見線 会津大塩-会津横田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/29(木) 21:13:17|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

セピア色に輝く

sepiasusuki

初秋のアイテムにススキは欠かせないと思う。逆光や半逆光に輝くススキの美しさは本当にクセになってしまう。
線路際に群生すると足回りが見えないので夏に刈られてしまうところも多いのだが、自分は足回りがかくれようと列車の存在感とススキの美しさがとらえられればいいかな?と思っている。
朝の光のサンライトシャワーを一杯に浴びて一番列車が駈け抜ける。まだ夏の名残を残す光で風景がセピア色に輝いた・・・。

2009年9月21日 只見線 会津坂本-塔寺

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/28(水) 22:25:07|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋桜の道

yanaidukosumosu

秋桜は好きな花だ。秋風に任せて揺れる秋桜を見ていると時間がたつのも忘れるくらいに・・・。
秋桜は秋を告げる花、夏が終わり山装う秋へ誘うように咲き誇る・・・。
そんな秋桜の道をローカル列車がゆっくりと駈け抜ける。秋を感じる1日だ・・・。

2009年9月22日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/27(火) 22:44:58|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

時は流れて・・・

自分が千葉へ引越してきた小学生の頃、総武線は津田沼まで複々線化され東京の地下駅ができ、113系の快速や房総特急が走り出した頃だった。それでも千葉から先の内房、外房、成田線では茶色の旧国がまだ走っていて、千葉駅までよく見に行ったものだった。でも旧国はあっと言う間に113系に置き換えられていった。本当にあっという間だった。
時は流れて今、房総各線から113系が消えた。数年前にいすみに行った時なんかはほとんど113系だったのだが本当にあっという間に113系は消えていった。旧国を追い出したというイメージが濃かった113系だけど、ずっと当たり前のように走っていたスカ色の113系・・・。イベントなんかが行われたというのは本当に時の流れを感じた・・・。

113hukan

この時も何気なく撮ったものだったけど、今となっては貴重な記録になってしまった・・・。

2008年10月2日 外房線 三門-大原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/26(月) 21:12:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

風に吹かれて

nittanokosumosu

秋桜の花が風に吹かれて、吹かれるままに揺れていた。
みんな、何を見ているのか、同じ方を見つめるように風に押されて揺れていた・・・、。

稲も刈られてすっかり色を失ったいすみ路は、曼珠沙華の赤と秋桜の桃色がいいアクセントになっていた・・・。

2011年9月19日 いすみ鉄道 上総東-新田野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/25(日) 20:59:21|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼岸花の頃

2008higanbana

彼岸の頃に咲くから彼岸花・・・。自分は曼珠沙華という呼び方よりこっちの方がしっくり来る。なんでかはわからないけど、彼岸花の方が日本語チックだからかな?なんて思う。
不思議な花で、花が咲く頃は葉が出ずに、花が枯れてから出たり、又毒があるというからか手放しで喜ばれる花でも無いらしい。でも自分はこの不思議な花が好きだ・・・。
いすみ鉄道沿線では結構見る事ができるが、年によって草刈りで開花前の花茎が一緒に刈られてしまったりするんで、あてにしていくとばっさりなんて事も結構あったっけ・・・。
実は先週、ちょっと様子を見てきたが、咲き始めているのもあるがおおむね今週末あたりが見頃かな?と思う。草刈りにやられた所もいくつか見かけた・・・。
いすみ路を真っ赤に染める彼岸花・・・。果たして今年は・・・。楽しみでもある。

2008年9月27日 いすみ鉄道 上総東-西大原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/23(金) 23:58:25|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

秋桜の駅

kosumosukuri

集落のはずれにある小駅は秋桜が風に揺れていた。
秋桜は秋を告げる花、この花を見ると秋が来た・・・って実感させてくれる花だ。
集落の人が育ててくれていたんだろうか、くりでん最後の秋を彩っていた。
今は・・・。どうなっているんだろう、秋桜はまだ咲いているのだろうか・・・。

2006年9月30日 くりはら田園鉄道 駅名失念

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/22(木) 23:26:57|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天日干しに思う

kuridenhazakakeappu

稲は天日干ししたのがとてもおいしいという。昨今の稲刈りはコンバインで稲刈りと脱穀、乾燥までしてしまうというがやはり天の恵みともいうべき太陽の光を一杯に浴びた方が美味しい・・・知識のない素人でもそう思う。
で、この天日干し、地域によってその形態が変わる。奥会津や岩泉方面は高いハザを作ってホスト英区が、栗原地区や陸羽東線沿線なんかはこの形態。1本の杭に交互に重ねていくような形・・・。名前は失念したがこういった地域での風土の違いを感じるのもローカル線撮影の楽しみのように思える。

残念ながらこのコラボはもう見る事ができない・・・

2006年10月1日 くりはら田園鉄道 駅間失念

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/19(月) 21:46:23|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

落陽

hiraisootibi

西の空に怪しい雲も見えないので、平磯の芋畑へ・・・。足回りの障害物なんかもあるけど、車体や窓は抜けそうだ。色々と画角を変えて待つ。足回りまで抜けそうもないので、列車は大きめにして、でも雲の表情も捨てがたい・・・。そして光はますますエロくなってくる・・・。
夕暮れの撮影は時間とタイミングの勝負。短い時間の中、光を読んで、光と戯れる・・・。あぁ至福の時間だ・・・。

2011年9月8日 ひたちなか海浜鉄道 磯崎-平磯

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/16(金) 23:05:25|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

稲刈りの日

isikiriba

この日、中根界隈はようやく稲狩りがはじまったという感じだった。ここの田圃は朝にお父さんが様子を見ていた所。午後になってからはじまったようだ。ここで使われているコンバイン、小型ではあるが小回りはきくしスピードも速い。205が金上を出る時間までの間、みるみる稲が刈られていく。「絡められるだろうか・・・」ちょっとハラハラして見ていると残り少しで石切場の踏切が鳴った。「正しい日本の秋」の光景を撮れたような気がした・・・。

美味しいひたちなかの新米、食してみたいですねぇ・・・。大洗あたりで上がったサンマを焼いて・・・。

2011年9月8日 ひたちなか海浜鉄道 金上-中根

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/14(水) 21:18:15|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

黄金の絨毯の中を往く

hukanyurigaoka

黄金の絨毯という表現はごくごく当たり前のように思うのだが、自分にとってこれ以外でうまく表現ができない。自身のボキャブラリーの無さであるのだが、しょうがないなと思っているのも事実。そして今年もこのような光景を見る事ができた。去年は確か会津平、今年はひたちなか・・・。稲刈り直前、まだ刈り入れ後の田圃がない、本当の黄金の絨毯・・・。
不思議な物でこの日、ちょうど東水戸道路を境にして、那珂湊は稲刈りの真っ最中、そしてこの中根から金上にかけてはようやくはじまった・・・といった感じだった。品種の問題なのか、田植えの時期によるずれなのか・・・。そんな事を考えつつも黄金に染まった大地を見下ろしていた・・・。

2011年9月8日 ひたちなか海浜鉄道 中根-金上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/13(火) 20:21:42|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

茜色の空へ向かって

yuugure

この日の運用はおそらく区間運転がキハ205だろう・・・そんな情報を信じ、いすみからひたちなかへ向かった。カーナビで検索すると中根駅着予定は15時過ぎ。ギリギリ間に合いそうだ。
のんびりとドライブを楽しみ中根に着いたのは15時少し前。一面の田圃を目の前にカメラを構えていると湊線応援団のYさんに見つかってしまう。ほどなくあ。さんも登場。しばし談笑し区間運転を待つ。残念ながら列車通過時は日が弱くなりイマイチの結果だったが、田園風景の中を往くキハ20はとてもいい光景だった。
次の往復まで2時間あまり。ほどなく仕事帰りのFさんも加わり、湊線撮影の大御所3名が勢揃い。自分はただただ小さくなっているだけでした。それでも色々とお話を聞けてとても有意義な時間だったと思います。
日が落ちると雲と山の間が茜色に燃えた。立ち位置を変えて後撃ちで撮った。
茜色の空へ向かっていくようなキハ205、凛々しくも美しく感じた。

2011年8月30日 ひたちなか海浜鉄道 中根-金上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/07(水) 20:43:11|
  2. ひたちなか海浜鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蕎麦の花の頃

soba52

蕎麦の花・・・派手さは無いけど、清廉で可憐なイメージの白い花・・・。
会津なんかでは9月の後半のやはり稲刈りの頃に咲いているような記憶がある。やはり房総の地は温暖なのだろうか・・・。
房総半島の真ん中あたりは決して蕎麦の産地ではないだろう。何年か前国吉の近くで思いがけずに蕎麦の花を見つけた時はうれしく、そして驚いたものだ。そして、この日も稲刈りの状況の確認をしていたら小さい白い畑を見つけた・・・。本当はもう少し広角ですっかり秋の姿になった空を入れたかったけどそれじゃ畑の小ささがわかってしまう。こんなもんかな?更に稲が刈られた田圃を目立たないように少し目線を下げて構えた。
秋の光景を撮っているようでもやはり季節はまだ夏。蒸し暑かったけど、風はそよそよ心地よかった・・・。風景と一緒であたりはもう秋の風だった。夏と秋の狭間のような時間、晩夏とでもいうんだろうか、白い蕎麦の花が往く夏を惜しんでいるようだった・・・。

2011年8月30日 いすみ鉄道 上総中川-国吉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/04(日) 22:38:23|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

稲刈りの頃・・・

kiha52houjou

房総半島の稲刈りは早く、8月中にはかなりの田圃が終わってしまう。
久しぶりに1日自由に動ける休日、何処へ行こうかと考えていた。平日だがこの日はいすみ鉄道にキハ52が走る。黄金の田圃の中を走る姿を見たくて出かけてみた。問題は稲刈りの進行状況・・・。
上総鶴舞あたりも半分以上終わっており小湊の撮影もそこそこにロケハンに走る。大多喜から国吉、西大原と半分以上は終わっているし、平日でも現在進行形で刈っている田圃も多い。刈っていない田圃を目星をつけてできるだけ広く見えるように構えて見た・・・。
蒸し暑く夏の稲刈りの雰囲気は否めないが、それでも少しだけど秋の気配も感じられる。それは刈り入れ直後の稻藁の香りか、首を垂れる稲穂の醸し出す雰囲気なのか・・・。でもここで自分が感じたのは風と空。
台風が近づいて少々強めの風であったが、なんとなく秋の香りがしたし、見上げてみると透きとおるような青空は初秋のそれだった。そんな中、遠くの踏切がなりキハ52がやってきた。稲刈りの頃の田圃の風景は、日本人でよかったと思う光景・・・。そんな「正しい日本の秋」にこの旧国鉄一般色は本当によく似合い、映えると個人的にだけどそう思う。巡る季節の日本の風景に本当にマッチすると感じている。
まだまだ夏なんだけど、ほんの少し秋を感じた日だった・・・。

2011年8月30日 いすみ鉄道 西大原-上総東

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/03(土) 23:14:59|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する