さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

菜の花築堤

nanohanatikutei

築堤の斜面を菜の花が一杯に咲いている。黄色く染まった築堤に黄色い列車が走るいすみ路の春・・・。
菜の花の甘い香りとみつばちの羽音を聞きながら列車を待つ至福の時・・・。
黄色い列車に乗って行けばこんな時間にビールが呑めるよな・・・。そんな事を考えてちょっとニヤニヤしつつ・・・。

2010年3月 いすみ鉄道 上総中川-国吉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/31(木) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2五之町踏切春景

dai2gonomati

すっかりいすみ鉄道の撮影名所になった第2五之町踏切。中井精也先生の「ゆる鉄」の原点なんだそうです。自分もこの踏切の存在は知っていた物のいつも素通りでした。沿線の様々な情景を見て、感じて、作品を作り上げていくって事を学んだ場所でもあります。もっともっと、ゆるくて、素晴らしい情景を探していきたいと思います・・・。

ここの情景はやっぱり春が好きです。今年も素晴らしい情景を見ることができたらいいなって思っています。

2010年3月 いすみ鉄道 国吉-上総中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/30(水) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

希望という光を浴びて・・・

光を一杯に浴びて、エンジン音も高らかに慶徳の峠に挑むキハ・・・。
今、我々も希望という光を浴びて峠を越えていく。自分も微力ながら関わって行きたい・・・。

kihabutaida

2005年3月21日 磐越西線 喜多方-山都

[希望という光を浴びて・・・]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/29(火) 21:00:00|
  2. 磐西旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう・・・

先日、仕事での話。震災関係の問い合わせに対してお客様と対応してました。正直あまり大きな事ではなかったんですが調査の上メールを返しました。そんな事なんで、多忙さもあり忘れていました。数日後、そのお客様から1通のメールをいただいた。最初は何の事だかわからず、あのときのお礼のメールと気がついたのは少し間を置いてからでした。メ-ルの最後の言葉を読んだ時ちょっとこみ上げるものがありました。「本当にありがとうございました。」その一言に・・・。
色々悩みましたが、その一言で救われたような気がしました。何もできない、誰の役にもたっていないと悲観していたのが恥ずかしいと思いました。自分の仕事で、たとえ間接的でもそう思ってくれた人がいた事に・・・。
「ありがとう」いい言葉ですよね。実に美しい言葉だと思います。そしてそれは言っても言われても不思議に気持ちがよくなる言葉・・・。
「ありがとう」・・・。日本のみんながそういう気持ちになっていけば・・・。いや、今はそうなりつつあるって信じていきたいです。そう感じているし・・・ね!

kosugawa

2009年5月30日 只見線 会津越川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/28(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

たんぽぽのように・・・

僕はたんぽぽの花が好きだ。派手さはないが、可憐で厳しい条件の下でも健気に佐久たんぽぽが好き・・・。
たんぽぽが絨毯のように咲く草原や畦道とか、可憐な黄色い花はとても素敵だと思う。
そして、たんぽぽは強い。道ばたのほんの少しの土から、力強く伸びて黄色い花を咲かせているのを見ると、本当に感動する。

たんぽぽのように、可憐で美しく咲いて、そしてたんぽぽのように力強く生きて・・・。希望を持って・・・。

tanpopo

2008年4月30日 只見線 本名-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/27(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山桜咲く頃

ソメイヨシノが散ると、山桜が咲き出す。奥会津の山には山桜をよく見かける。
ライムグリーンに萌える山肌にひときわ目立つ桜色が実に見事で、その存在を誇示しているかのよう・・・
でも、その山の、その場所に桜があるってわかるのは1年でほんの1週間。あとは他の木に紛れて桜があったことすら忘れてしまう程だ・・・。だから山桜は、ソメイヨシノのような華やかさはないけどその美しさが際立つんだと思う。
もうすぐそんな季節がやってくる。東北の、被災地の山肌が笑い出す頃に山桜がある事を思い出して、癒されたり、心強く感じてくれたら・・・。

東北の山々が笑う春。人々も笑顔になりますように・・・。山桜が咲く頃までに・・・

yamazakura

2008年4月30日 只見線 本名-会津越川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/26(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜・さくら・SAKURA

日本人は桜さ好きだ。よく言われているんで、今更とも思うが。毎年春のニュースは桜前線、桜の開花、そして花見をする人々。桜の名所はカメラを持った人が多数押し寄せる・・・。
ローカル線の駅とか、学校には桜が多く植えられている。日本人は本当に桜が好きだと思う。そして今年ももうすぐ桜の便りが南から聞こえ出す頃だ。ゆっくりと2ヶ月かけて稚内まで北上していく・・・
そういえば今年は、桜前線や開花予想のニュースをあまり聞かない。やっていないのか、それとも自分が聞く耳を持たずに生活していたのか・・・それはわからない。
でも、季節は巡る。もうすぐ桜の季節がやってくる。そして東北の被災地にも桜の便りがきっと届く。
被災地の桜がきれいに咲いて、苦労している人々や、ボランティアの人たちの目に触れて少しでも元気の源になれば・・・。そう思っている。桜が咲けば、春は一気にやってくるはずだ。今年ほど桜が待ち遠しい年はないのかもしれない・・・

ooigawasakura

2005年4月 大井川鉄道 五和-神尾

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/25(金) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春よ・・・早く来い・・・

暑さ寒さも彼岸まで・・・。でも彼岸が過ぎても寒さが残る・・・。よりによってこの年に・・・
関東でも底冷えがするような3月後半の夜、被災地はもっと北だ。もっともっと寒いんだろう。
だから、春よ、早く来い。明日にでも来い・・・。花が咲き、木々が芽吹き、命の息吹が感じられる春よ!早く来い・・・。

ほとんどの人が毎年春を待つだろう。雪国の人は尚更だ。冬が長く厳しいから、春は最高なんだよ!そんな言葉も聞いたことがある。でも、今年ほど春が待ち遠しい年はない・・・。春よ来い、早く来い・・・。

hanamomo

2010年5月 只見線 会津大塩-会津塩沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/24(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けない夜はない・・・

悪夢のような震災から10日あまりが過ぎました。
なにかわからない憔悴感、追い立てられるような焦り、何ともいえない無力感に苛まれていました。
日々のニュースの画像を見て、何もできない無念さなのかそんな事を勝手に考えて凹んでいました。社内での被災地への応援に志願したりしました。却下されましたが・・・
そんな中、色々考えて公共性の高い今の仕事に没頭する事で被災地の復興へ、間接的にでも関わっているという事にようやく気がつき、自分なりにできる事を少しずつやっていこうと少し前向きになった自分がいます。そんな事に気がつくのに随分遠回りをしました・・・
もう10日なのか、まだ10日なのか、でも少しずつ動き出してきました。まだまだ問題は山積みだし苦しんでいる方々も多々いるわけですが、それでも少しずつ復興への一歩が踏み出されるようなものを感じています。

壊滅的な津波の被害を受けた東北地方から茨城県沿岸、そして我が千葉県でも旭市や浦安市でも不自由な生活を強いられている方々、そこで献身的に働く企業やボランティアの方々へ・・・

明けない夜はない、春の来ない冬はない・・・だから、希望は捨てないで・・・。

つきなみかもしれませんが、今の自分が精一杯絞り出せる声です・・・。

akenaiyoruhanai

まだまだほんの小さな一歩ですが、常に前を向いて進んでいこう・・・
暗闇の向こうに、小さいけど明るい灯が見える・・・

[明けない夜はない・・・]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/22(火) 21:00:00|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

しばらく休みます・・・

11日に起こった地震は日がたつにつれその被害の大きさが浮き彫りにされてきました。
津波のシーンとか、被災された方々のシーンは本当に心が痛みます。
あの美しい三陸の風景がこうも変わってしまうものなのか!呆然としてテレビを見ています。
そして釜石や宮古で、よそ者の旅人に優しく接してくれた人々の心に大きな傷が残ってしまったと思うと、平常心ではいられない堪らない気持ちになります。今、何もできない、何も役に立てない自分がとても歯がゆく感じています・・・。

昨日までこのブログはタイマーアップで自動更新されていました。でも今、とても更新をしている精神状態ではありません。カメラを持とうとも思いません。だから・・・
しばらく、気持ちの整理がつくまで、せめて報道が通常に戻るまでブログの更新を休みます。申し訳ございませんが心中察していただければと思います。

改めて、この地震や津波でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々、地域の1日も早い復興を心から祈っています。

平成23年3月13日 酒呑童子 拝
  1. 2011/03/13(日) 21:23:38|
  2. さすらいの美学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

梅は咲いたか・・・2(3/12追記)

umehigasihusamoto

そういえばずっと前、まだ高校生だった頃に東総元に降り立った事がある。当時バリバリの体育会だった自分がなぜ国鉄木原線に乗って、なぜ東総元に降りたのか記憶がない。ただ夷隅川の流れに引き寄せられるように川に降りた記憶がある。このあたりは岩盤の上を流れるきれいな川だった・・・。
このあたりの佇まいはあの頃と変わっていない。夷隅川の川の音もそうだ・・・。記憶にないがこの梅の木も当時からあったのだろうか?まだ幼木だったのだろうか?
ホーム上の待合室だけが真新しく変わってしまった。建てかえられる前は本当にあの頃のまんまだった・・・。
まだ冷たい風に吹かれて東総元でひとり思いに耽っていた・・・

2011年3月4日 いすみ鉄道 東総元

3/12追記・・・ [梅は咲いたか・・・2(3/12追記)]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/12(土) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅は咲いたか・・・

nisihataume

今年の冬は寒くて、房総半島に雪間で降った。菜の花のい生育状況が気になってカメラバックを肩に列車でいすみ路に向かった。西畑で列車を降りて総元方面へ少し歩くともうすぐ満開の梅の花を見つけた。
梅は咲いたか、菜の花はまだかいな~♪くだらない替え歌を口ずさみながらちょっとした斜面に腰掛けて列車を待った。房総の春は始まったばかりのようだった・・・

2011年3月4日 いすみ鉄道 西畑-総元

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/11(金) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ある踏切にて

humikiri

春の日の旅は、人の心を開くのだろうか?童心に戻すのだろうか?踏切を行く列車に手を振ったりして・・・。
なぜかそうさせてしまう開放的な雰囲気があるような気がしてならない。
春を愉しみ、春を満喫して、ほんのちょっと童心に帰る。いすみ路の旅はそんな旅なんだ・・・

2009年3月12日 いすみ鉄道 城見ヶ丘-上総中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/10(木) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜の花の季節 2

sirominanohana

今年も城見ヶ丘の菜の花回廊は見れるだろうか?中川の菜の花築堤は?第2五之町踏切は?今から菜の花鉄道の情景をとても楽しみにしている。この頃は、乗っては降りて、降りては乗って、沿線を歩き回るのが本当に楽しい。
早春のいすみ路に吹く風を肩で切り、春の息吹を思い切り吸い込んでみたい・・・。

2009年3月15日 いすみ鉄道 大多喜-城見ヶ丘

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/09(水) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜の花の季節

nanohana

さぁ、今年も菜の花の季節がやってくる。今年もいすみ路が黄色く染まる。菜の花の甘い香りと、ほのかに聞こえるみつばちの羽音・・・。春の風に吹かれるままにいすみ路を旅してみたい・・・

2009年3月15日 いすみ鉄道 久我原-東総元

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/08(火) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春近し 2

harutikai2

振り返ると雪原の中をゆっくりとキハが走っていった。あの向こうは宮下の町だ・・・。
うっすらと雪を纏った光景に薄日が射す様は長く待ち続けた春への期待感のように見えた。

2009年3月12日 只見線 会津西方-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/07(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春近し

harutikai

未明に降った雪がうっすらと木々に着雪している。でも、厳冬期のそれと違い、どことなく明るく感じる光景は、春近しを感じさせてくれる。あと1ヶ月半くらいでこのあたりにも桜が咲く。季節は一気に巡ってくる・・・

2009年3月12日 只見線 会津西方-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/06(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

早春賦

kunoji

春は名のみの風の寒さよ・・・。日が射しているとそこそこ暖かいけど、風はまだ冷たい。
いよいよカウントダウンが近づくと2両連結になった。今まで出番のなかったキハ52125も出てきた。
早春のまだ冷たい風を肩で切り颯爽と走り去る・・・

2010年3月12日 大糸線 北小谷-中土

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/05(土) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の陽射し

nakatuti

ほんの一瞬でも太陽が顔を出すと、すっかり春の陽光となる。
雪溶けが一気に進むような、眩しい光を浴びてキハが駆け抜ける。山笑う頃を見ずに津山へと旅立って行く・・・。

2010年3月12日 大糸線 中土-北小谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/04(金) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南小谷早春

minamiotarihukin

雪深い1月に比べて、心なしか水量が増えた姫川の流れ。気の早い雪代が流れているのだろうか・・・。
木々の様子も冬のそれではない。早春という言葉がよく似合う季節だ・・・

2010年3月12日 大糸線 中土-南小谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/03(木) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小谷路早春

sousyunkitaotari

北小谷の谷も早春の趣だ。この谷がライムグリーンの緑に包まれる頃、主役の列車は新しく変わっている。
定期列車としての最後の日、その風景をかみしめるように走っていたんだろうか・・・

2010年3月12日 大糸線 平岩-北小谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/02(水) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頸城路早春

kubikioono

1ヶ月半ぶりに訪れた大糸線は、一気に雪解けが進んで、もうすぐ来るであろう春を待つ里の風情だった。遠くの山も雪が溶けた田んぼも、間近な春を告げていた・・・。

2010年3月12日 大糸線 頚城大野
  1. 2011/03/01(火) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する