さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

サロベツ原野の入り口

tokumituhumikiri

国道から少し入ると踏切があった。防雪林が踏切の所だけ途絶えて、まるでその向こうに広がるサロベツ原野の入り口のような・・・そんな踏切。踏切の向こうは広大なサロベツ原野が広がる。気の遠くなるような風景が広がる・・・

2010年2月28日 宗谷本線 徳満-兜沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/28(月) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨ太郎・・・

yotarou

ヨ太郎、ダルマ駅・・・。
北海道でよく見るかつての「ヨ」を待合室に使った駅。かつては貨物列車の最後尾について各地を彷徨ったであろう貨車が、今はひたすら人や列車の来るのを待っている・・・。
しんしんと雪が降り続く中、じっと耐えるヨ太郎駅・・・

2010年2月27日 宗谷本線 歌内

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/27(日) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラストショット 2

ringorasuto

リンゴ特急のラストカットです。まだ夏までチャンスはあるかもしれないので、定期運用のラストカットです。D編成もやっぱり特急の方向幕が撮りたかったです。リンゴの花が咲く頃、もう一度会いたいんですけどねぇ・・・。

2011年2月7日 長野電鉄長野線 夜間瀬-信濃竹原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/26(土) 21:00:00|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の郷に映える

ringohukan

既に定期運用から離脱している長野電鉄2000系の茶坊主に続き、リンゴ編成(D編成)が今日で定期運用から離脱します。8月頃まで検は残っているのでまだイベント等で運用に就く事もあるでしょうが定期で運用に入るのは今日が最後で、明日からスノーモンキー(旧成田エクスプレス)にとって代わります。
地方私鉄が自社発注した特急車両で、自分もほんの最近ですがその姿に魅せられたものです。
本当はもっと撮りたいカットはあったんですが、残念ながらそれはただの思いになってしまいました。
時代の流れなんでしょうが、やっぱり少し寂しいですね・・・

真っ白な雪の郷をその車体が赤く映えます・・・

2011年1月 長野電鉄長野線 夜間瀬-信濃竹原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/25(金) 21:06:00|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

歌内にて

utanairo-kaeu

集落の外れの小さな駅があった。時間が止まったような静かな駅だった。
雪の降る中、ローカル列車がやってきた。乗る人も降りる人もいなかった。
列車が行ってしまうとまた静かな駅にもどった。ただ静かに雪の降る静かな駅に・・・

2010年2月 宗谷本線 歌内

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/24(木) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

利尻岳夕景

risirisiruetto

この場所に着いた時、利尻岳はしっかりとその勇姿を夕空に浮かび上がらせていた。
しかし日没のあたりから山の周辺にはどんどん雲が湧いてきた。うまくいかないものだ・・・。
宗谷地方では象徴のように見える利尻岳、いつの日かその勇姿をくっきりと収めてみたいものだ・・・

2010年2月 宗谷本線 勇知-兜沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/23(水) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

極北の鉄路 2

wakkanaiumi

蒼く暮れなずむ極北の地を往く。車窓からは一瞬海が見える。晴れていれば遠く利尻も・・・。
この日は利尻は見えなかったが、寂寥感溢れる鉄道情景を見ることができた。

2010年2月 宗谷本線 南稚内-抜海

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/22(火) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極北の鉄路

minamiwakka

最北の駅、稚内を目指す1両のローカル列車。寂寥感あふれる車窓がさいはて感を増すのであろう。
特に抜海から南稚内に向けては原野の中を走る寂しくも、スケールの大きさに旅情をそそる。

2010年2月 宗谷本線 抜海-南稚内

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/21(月) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モノクロームラッセル

rasserumonokurro

何回も書くけど、やっぱりこの光景は21世紀の奇跡だ・・・。
これが未だ現役で鉄路を守るべく雪と闘っているという現役のオーラ・・・。
「午後から出るよ」と教えていただき沿線をロケハンしわくわくして待っていた。雪を蹴散らし進む姿は小さいながらも迫力がある。

モノクロームにしたら昭和の雰囲気でるかな?と思いやってみたが、キ100ってもともと黒いから・・・
あまり変わらないかな?(笑)

2011年1月10日 弘南鉄道弘南線 津軽尾上-柏農高前

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/20(日) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

嘉瀬駅にて 2

kaseekisoto

「ストーブ列車撮りに来たんです。」地元の人と話をし、千葉から来たと言うと驚かれそう言った。
「ストーブ列車も昔はそのまんま乗ったけど、何年か前からなんか高くなってね。ここから五所川原だと480円なのにストーブ列車乗ると780円・・・。乗らないよ。」ちょっと寂しそうに笑っていた。
「ディーゼルカーの方が快適でいいよ。でも昔から走って乗ってたストーブ列車もいいんだよ・・・」やっぱりストーブ列車は地元の冬の風物詩として津軽の風景に溶け込み、そして生活の足だったんだろう・・・。

今はすっかり観光列車になっています。団体と鉢合わせになると座れない時もあるようです。
地元の方が、ちょこんと旧客の片隅に座っている・・・。そんな情景ももう見ることはできそうもありません。
時代の流れなんでしょう。今、ストーブ列車は津軽鉄道の貴重な収入源のひとつなんでしょうし・・・。

しかし、津軽のお年寄りはフォトジェニックですよねぇ・・・(笑)

2011年1月11日 津軽鉄道 嘉瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/19(土) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

嘉瀬駅にて

matiaisitu

津軽鉄道の駅は渋い駅舎がまだ残っている。僕はなぜか嘉瀬の駅が好きだ。
前に訪れたのは2005年だったか、定かではない記憶では駅員さんがいたような気がする。無人駅になっても待合室はきれいに掃除され、ベンチには座布団が置かれている。ものすごく寒いんだけど、そんな所はほんの少しだけ心が温まる。

2011年1月14日 津軽鉄道 嘉瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/18(金) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

下北の嵐

ominato

さっきまで晴れていたのに・・・
青い空は対岸の津軽あたりからの雲でみるみる曇り、蒼い海は一気に鉛色に変わる。
少しずつではなく、一気に風も強くなった。沿線は防風林が続き、線路沿いにはハイ松のような松も見られた。それくらい風が強い所なのだろう。
このときは列車は定時でやってきた。下北の強い風を肩で切るように駆け抜けていった。
車に戻りウトウトしていると車が揺れる。海もものすごい波になっている。下りが来るはずだ。よせばいいのにもう1本撮る事にした。車を出ると風は一層強くなっている。少し前屈みになって歩く。吹きさらしの場所はまともに立てないくらいに凄い風だ。北八ヶ岳の中山の稜線もこんなだったな・・・そんなのんきな事を考える余裕もあった。携帯でメールチェックするも遅延や運休の情報はきていない。しかし通過する予定時刻を過ぎても列車は来なかった。油断していると飛ばされそうな風の中、少し待ったが耐えきれず車に戻る。わずか100mちょっとくらいだが、あんなに怖いと思ったのも初めてかもしれない。
車に戻り野辺地方面に車を走らせていると、ようやく大湊線運休のメールが来た。「走るわけないよな・・・」冷静に考えればそうだった。視界も十分でない中、陸奥横浜か野辺地でクルマルヨの予定だったが恐ろしくて青森に宿を取った。
近くの居酒屋の女将にその話をしたら、「なんでこんな時期に来るの?春においで。素晴らしいから」と笑われた・・・。

2011年1月12日 大湊線 吹越ー有戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/17(木) 21:00:00|
  2. ローカル線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

さいはての駅

「さいはて」という言葉に憧れて、時刻表や地図帳を穴の開くくらいに眺めていた。見つめていたのはいつも宗谷や道東の地だった。
今、なぜか「さいはて」を感じて訪れてみたかったのが津軽線の三厩駅。町の外れの少し高いところにある駅はまさに僕のイメージ通りだった。日没前に着いて町を散策する。鉛色の空と海。痛いような雪。そして誰とも出会わない寂しさ・・・。
最終列車が発車する少し前、たったひとりの駅員さんから入場券を購入し撮影の許可をお願いした。そんな人は滅多に来ないのかちょっと驚いたようだった。17:43、誰も乗客はいない。たったひとりの駅員さんと、運転士さんと車掌さん、そして傍観者である僕しかいない三厩駅を静かに発車していった。

列車が見えなくなると雪と風の音だけの静寂に包まれた。駅員さんにお礼を言って駅を出る。
何気なくふりかえりもう一度駅を見る。「さいはての駅かぁ・・・」そっとつぶやいて三厩を辞した・・・

minmayamonokurro

2011年1月11日17:43 津軽線 三厩

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/16(水) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ラストショット

lastshotto

僕にとっての茶坊主のラストカット・・・。
ラストは特急の方向幕で、アップで狙おうと夜間瀬近くの踏切で構えた。
ゆっくりと夜間瀬を発車。ファインダーの中で少しずつ大きくなっていく茶坊主をじっくりと見ながらシャッターを押した。カメラを三脚から外して後追いを撮る事もなく通りすぎる茶坊主を見送った。
僕の視界から消えていく茶坊主。ほんの少し寂しく感じた・・・。

2011年2月7日 長野電鉄長野線 夜間瀬-信濃竹原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/15(火) 21:00:00|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2000系の交換

obusekoukan

すっかり夜の帳がおりた駅で、静かにB特急が交換する。
いつものように、あたりまえのように踏切が鳴って静かに列車が滑り込んで・・・。
ほんの1~2分のドラマが流れるように展開していった・・・。

2011年1月 長野鉄道長野線 小布施


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/14(月) 21:00:00|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さよなら茶坊主・・・


tyabouzuhumikiri

茶坊主っていうのは、長野電鉄2000系のA編成を勝手にそう呼んでいるだけです。同じ2000系のD編成と比べて塗色が地味な分人気もなかったようで、自分も最初は茶化してそう呼んでいたんですが、いつしかなんとなく親しみを込めて呼んでいたように思います。
その茶坊主こと2000系A編成が本日13日のダイヤ改正で定期運用から離脱しました。まだ検査は残っているんでサヨナラ運転はやるようですが、桜やリンゴの花が咲く春には走ることができません。
なんとか・・・とも思うんですが既に登場から54年たっているとか・・・。自分より年上なんでやむを得ないのかな?とも思います。D編成も夏まで検はあるようですが、おそらく26日で定期運用を離脱するんでしょう・・・。
ここ最近ですが、その個性的な姿に見せられてほんの少し通いましたがもっと一緒にいたかったかな?
ともあれ、長い間お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

tyabouzuappu

2011年2月6日 長野電鉄長野線 上:信濃竹原-夜間瀬 下:夜間瀬駅


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/13(日) 21:00:00|
  2. 長野電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧氷輝く

muhyou

南小谷の谷にようやく日が差し込んできた。
白銀に輝く谷にやってきたのはキハ52125。保護色になってしまい雪景色には映えない車両でした。そんなんで撮影対象としては人気がイマイチでしたが、3両の中では一番調子はよかったようです。
この頃、人気のあった国鉄一般色のキハを羨ましく思っていたんでしょうか?今はいすみ鉄道に来て奇しくもその一般色に塗りかえられ余生を送ろうとしています。いつまでも元気でいてほしいです。

2010年1月 大糸線 南小谷-中土

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/12(土) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北小谷の谷を往く

kitaotari

一番列車が南小谷から折り返して来る頃はすっかり青味が抜けていた。まだ日が射さない北小谷の谷を寒々とした空気を切って糸魚川へ向かう・・・。

2010年1月 大糸線 北小谷-平岩

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/11(金) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蒼白の時間

syuddo

まだ夜が明けきっていない。冷え込みの厳しい朝だった。着氷した木々にまだ青味が抜けきれない朝だ・・・。

2010年1月 大糸線 中土-南小谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/10(木) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャンパンゴールドの矢

kasiopeagira

カシオペアがきれいに輝く・・・。そう聞いて何年か、ようやくその機会が訪れた。カシオペアが走るのは週3回、地平線まで雲のない晴れ。日没時刻、そして公休日・・・。この条件って意外とそろうのに難儀する。
やたら風の冷たい日だった。だから空気が澄んでいたんだろう。結構同業者もいたけどこの一から撮っているのはごくわずかだった。やはりヒガハスの神があいると心強いものだった。(笑)
ローカルで編成の長さを測り、アングルを決めて待つ。踏切がなると緊張が走る。ほどなくカシオペア登場。既に暮れかかる中を浮かび上がるように駆け抜けてくる。機関車がその位置にきてシャッターを押す・・・。
初めてでこんなにうまくいっていいのかな?そう思っていたのだが、その日31万km超走った愛車が逝ってしまいほうほうの体で実家へ戻ったのだった・・・。

佐倉の師匠、その節はお世話になりました。そしてご心配をおかけいたしまして申し訳ありませんでした。

2010年2月7日 東北本線 東大宮-蓮田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/09(水) 21:00:00|
  2. 鉄のごった煮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シャンパンゴールドの輝き

kasiopea

カシオペアって白銀色のようなイメージがあったけど、まだ赤みの残る太陽の光にあたると微妙にシャンパンゴールドに光るんだ・・・。なんとなく新鮮な気持ちがした。

2010年2月 東北本線 片岡-蒲須坂

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/08(火) 21:00:00|
  2. 鉄のごった煮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北斗星光る!

hokutosei

蒲須坂のお立ち台で編成写真を押さえて、広角レンズをつけた手持ちのカメラを持って後撃ち!
このときはうまく光を読めなくて予定?より手前で光った。まだまだ修行が足りないなぁなんて笑っていた記憶がある。それでも青い空をバックに蒼い矢が駆け抜ける姿は美しく、そしてかっこいい・・・

2010年2月4日 東北本線 片岡-蒲須坂


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/07(月) 21:00:00|
  2. 鉄のごった煮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年も走らない・・・

d51

今年も冬の磐西のデコイチの設定がないですね。もう何年でしょうか?
確かに走ったところで目新しいカットを撮るわけでもないんですが、例年の仲間との宴会とか、煙やロケお満喫するお祭りのようなものだったんでなんか寂しいですね・・・。スイッチバックの中山宿とか、会津若松のクラでの夜タノとか思い出もたくさんあります・・・。

年に一度のあのわくわく感がとても好きだっただけに残念です・・・。

2006年2月 磐越西線 磐梯熱海発車

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/06(日) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

闇に浮かぶ・・・

yamiyo

闇の中を一条の光りの矢がやってくると、その矢の周りが浮かび上がってくる。
すっかり暗くなった金山の谷を往く一条の光の矢は冷え切った身体がなんとなく温かくなるようにホッとする。
やっぱり列車が走っている光景はいいなぁ。本当にいいなぁ・・・

2010年1月22日 只見線 会津中川-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/05(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浮かび上がる駅

takiya

闇夜の中に浮かび上がるような山間の小駅・・・。
音もなく駅に滑り込み、数人の乗客を降ろしゆっくりと発車していった。鉄橋を渡る音が響きトンネルに入るとシーンという音が聞こえてくるようだ・・・。

2010年1月22日 只見線 滝谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/04(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

しんしんと降る・・・

dai4yuki

雪は音を消すって言われますが確かに音もなく列車が来ることってあります。さすがに鉄橋を渡る音はしますがいつもより籠もったような音・・・。列車が通り過ぎると雪の降る音がしんしんと聞こえてくるような静寂がもどった・・・。

2010年1月15日 只見線 会津水沼-会津中川

※この列車、只見行になっていますね。あまり記憶がないんですが、この日は只見より先は運転見合わせだったようですね。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/03(木) 21:20:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ENR出動も・・・

miyasitapointo

鳴り物入り?で登場したENR100ですが、どうもまともに除雪作業してるってあまり聞いてないですね。始発の422Dがラッセルしてそのあとを回雪だとか・・・
自分はこのとき2回目のENR目撃でしたがとりあえず宮下直前まで軽く作業をしてました。
宮下常駐のようですが、もっとしっかり動いてほしいな。安定して只見線が運転されるように・・・

2010年1月15日 只見線 会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/02(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北小谷の谷を往く 2

otari

このあたりの雄大な谷の風景が好きだ。ただ、聞けば姫川が大暴れした時の災害の影響だとか・・・。素直に喜べないところもあります。
やってきたのはキハ52125。いすみ鉄道にやってきたが、青の塗色が保護色のようになり雪景色に埋もれてしまうようだった。そんな色が3両の中で人気がイマイチだったんだろうか・・・。
今は一般色に塗りかえられ、大人気で姫川ならぬ夷隅川沿いを走るんだろう・・・。

2010年1月28日 大糸線 中土-北小谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/01(火) 21:00:00|
  2. 頚城路をゆく 大糸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する