さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

ゆく年によせて・・・

いよいよ、あと3時間もすれば、2010年も終わりです。本当に早いものであっという間でした。
子供の頃、早く大人になりたいと祈っていたくらい長く感じる時の流れも、この歳になると、崖から転げ落ちるように早く感じるようになるから不思議です。
このエントリーはタイマーアップなんで、今頃は会社で最後のラストスパートで、「今年中に帰るぞぉ」って叫びつつ必死に仕事してることでしょう。仕事は意外と真面目にやっているんですよ!(笑)

今年を振り返ると、趣味的には可もなく不可もなくといった所でしょうか?それなりに写真撮影を楽しみ、作品を作ろうと楽しみ、旅を楽しみ、酒を楽しんだ・・・。そう考えるとまぁ、いい方なのかな?とも思っています。
でも、ちょっとマンネリに陥って、もがいていたのか、新しい被写体を求めたりしてました。例年に比べて只見線の出撃が減ったのはそのせいなんですが・・・。でも奥会津ももっと撮りたいとも思ったし・・・。
でもやっぱりまだまだマンネリ感いっぱいで来年はなんとか出口が見えるくらいにはなりたいなと思ってます。でも頑張りませんよ。楽しく、自分の気持ちに素直になっていこうと思っています。

tadamihassya

今年も、「さすらいびとの子守唄」をご覧になっていただき、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成22年12月31日 酒呑童子 拝
[ゆく年によせて・・・]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/31(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

蒼い時間を往く

zabun2

蒼い時間、ブルーモーメントの時に列車が駆け抜けていく。
寒いというより、痛いと感じた。風が痛いんだ。こんな経験は初めてだった。北海道の陸別の冷え込みとは全く違う寒さ、いや痛さだった。荒ぶる日本海を横目に寒々とした中を駆け抜ける・・・。

この後、マルヨ地のはたはた温泉へ向かった。あまりの痛さでかじかんだ肌がゆっくりと溶けていくようだった・・・。

2005年1月6日 五能線 追良瀬-広戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/30(木) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

荒れる海・・・

zabun

冬の日本海の印象・・・。荒れる海、激しく飛び散る波しぶき・・・。
厳しい条件下、列車はやや遅れてやってきた。まさに日本海とその沿岸を走る列車のイメージ・・・、

2005年1月6日 五能線 追良瀬-広戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/29(水) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

蒼き夕暮れ

iwadate

冬の日本海側特有の垂れ込める雲に日も差さない1日。だんだんと暗くなり一気に蒼くなっていく夕暮れ時。
凍えるというより、吹く風が痛い・・・そんな寒さのだった。高速も使わず1日がかりでやってきたファーストショットはあまりにも冷たい風に吹かれた西津軽の海だった・・・。

関東の空気が一気に津軽の刺すような厳しい空気に変わった・・・

2005年1月5日 五能線 あきた白神-岩館

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/28(火) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

津軽・・・

iidumne

津軽平野に雪降る頃はよ、おどうひとりで出稼ぎ仕度・・・

演歌が似合う津軽の風景、津軽鉄道。
津軽を旅してみて、そっと「つがる・・・」ってつぶやいてみると、その響きがそこの風景に溶け込んでいくような・・・そんな雰囲気を感じる津軽の風景。

冬の厳しい津軽の光景を、じっくりと会いに行きたい・・・。そう思っています。

2005年1月6日 津軽鉄道 毘沙門-津軽飯詰

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/27(月) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旧客は後ろ姿がよく似合う 2

suto-bu3

男は後ろ姿でその生き様を醸し出す・・・
なんか旧客編成の後ろ姿はそんな言葉がよく似合う。津軽の地の風物詩となったストーブ列車。後ろ姿にま¥なんともいえない旅情を感じた・・・。

2005年1月6日 津軽鉄道 場所失念

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/26(日) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリークリスマス!!

tukizaki

メリークリスマス!!
今日がキリスト様の誕生日ですね。ちなみにお釈迦様の誕生日は花祭りといい、仏像に甘茶をかけます。まぁ、そんなことはどうでもいいんですが・・・
最近、ローカル線の駅なんかでイルミネーションがはやってます。小湊鐵道でもひっそりとやっていますが、結構色々な駅でやっていてどこもきれいで幻想的な雰囲気が醸し出されています。

まるで銀河鉄道の駅のように・・・。非日常的な情景に酔いしれている自分がいた・・・

2010年11月29日 小湊鐵道 月崎

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/25(土) 21:00:00|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリークリスマス!

sannta

メリークリスマス!
今日はクリスマスイヴです。自分はまぁキリスト教の学校に通ったとはいえ、母親の実家は曹洞宗だし、幼稚園はお寺の幼稚園だったし・・・と言い訳をするわけですがどうも今更といった感じです。それでもクリスマスという既に国民的なお祭りを写真で、それも鉄道写真で表現したいって思うのはどうなんでしょうね・・・

夜の帳が下りた静かなローカル線の駅にはひっそりとサンタクロースがいました。少しでもクリスマスの雰囲気が出せたら・・・。改めて、メリークリスマス!!

2010年11月29日 小湊鐵道 上総鶴舞

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/24(金) 21:00:00|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

旧客は後ろ姿がよく似合う

suto-bu2

旧客は後ろ姿がよく似合う・・・。突然雪がしんしんと降ってきた。でも珍しく風が弱く吹雪かない中、ゆっくりと進んでいくストーブ列車。周りの情景にあわせているように昭和の雰囲気を醸し出す・・・。

2005年1月6日 津軽鉄道 深田-津軽中里

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/23(木) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストーブ列車

suto-bu1

もう6年前になる。確かメインの被写体は五能線。ついでといっちゃ失礼だが、津軽鉄道を1日いや、半日だけ訪れた。あの頃、津軽の良さもろくにわからず、なんとなく撮った記憶がある。今考えると旧客の3両編成。もったいないことをしたなぁ・・・。そんな思い。そして今、津軽の良さを思い、夢は地吹雪の大地を駆け巡る・・・

2005年1月6日 津軽鉄道 毘沙門-嘉瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/22(水) 21:00:00|
  2. 青森鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川面の宝石

gogyoukawa

会津の山から雪の便りが届いている頃、北関東の地は青空が広がっていた。日は差しているがそよ吹く風はとても冷たい、北関東の冬・・・。
それでも川面に風がそよぐと、空から降ってきた光の妖精が踊り出す。川面の宝石のよう・・・。

2007年12月24日 真岡鉄道 北真岡-西田井

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/21(火) 21:00:00|
  2. コットンウェイ真岡鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本名集落

honna

冬を待つ集落は、まるで眠っているような静けさだった。風の音だけが聞こえる静かな里に、突然踏切の音が鳴り、一番列車が過ぎていく。足の先が冷たくなってくるのがわかる。冬の足音がすぐそこまで来ているんだ。風邪の音は冬をつれてくる足音なのか・・・。
この次の日、冬は里に下りてきた。一気に白くなり、その白は春まで消えなかった・・・。

2010年12月15日 只見線 本名-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/20(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬枯れの谷

yoriiwa

未明に降った冷たい雨は、山の上の方だけ白くしていった。まだ麓は冬枯れのまま。冬はすぐそこまで下りてきている。もう手が届くところまで・・・。雨は上がっても、足下はしんしんと冷える。そんな所からもすぐそこまで来ている冬を感じてしまう・・・

2007年12月15日 只見線 会津蒲生-会津塩沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/19(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ロマンスカーが往く

lse

そうそう、この色。やっぱりロマンスカーはこの色・・・。
学生時代を小田急沿線で過ごした僕は、やっぱりこの色のロマンスカーを見ると心ときめく。当たり前のように走っていたあの頃、そういやまだSE車も走っていたっけ・・・。
急行やローカルもあの頃の色はどんどん消えていく。それはしょうがないことだとわかっているんだけど、やっぱり寂しく感じる自分がいる事も確かだ・・・。
懐かしい思いを一杯に、思いをこめてシャッターを押した・・・。

2010年12月12日 小田急電鉄本線 渋沢-新松田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/18(土) 21:00:00|
  2. 鉄のごった煮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

潮の香りのする町

marubosi

江ノ電で好きな所はやはり腰越の併用区間。海には近いけど、海は見えない。サーファーでも通ればいいんだけれど、この日はあまり見かけなかった。ぶらぶらと歩いていると潮の香り?いや干物の香りがほのかに・・・。
そう、やはりここは海の町。潮の香りがする町だ。変なところで江ノ電を感じた・・・。

2010年12月11日 江ノ島電鉄 江ノ島-腰越

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/17(金) 21:00:00|
  2. 江ノ電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海をバックに

kamakoumaehumikiri

江ノ電のイメージは海・・・。そう思いつつ意外と海と絡められないのも事実。有名なこの踏切でちょっと粘っていた。サーファー来ないかな?なんて待っても来るのはいつも車ばっかり。何回か待っていたらバックの車も途切れた時に列車が来た!海をバックに、人気者の江ノ電が往く。少しイメージが近づいたかな?

2010年12月11日 江ノ島電鉄 七里ヶ浜-鎌倉高校前

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/16(木) 21:00:00|
  2. 江ノ電
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

春の雪

itikawaoono

こんなのも数編成いたようですね。低運転台車。この頃、自分も見るとうれしくなったものです。
春の雪がちらつく中、モーター音をうならせて発車していった。

2009年3月1日 武蔵野線 市川大野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/15(水) 21:00:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お見送り

nisihunakodomo

これは今でもありうる光景だな(笑)
電車が大好きな子供、優しく見守るお母さん、手をふる車掌さん・・・。
ありえないのは、ここを走る103系だけか・・・。少しずつ、時代は確実に進んでいる・・・。

2004年1月23日 武蔵野線 西船橋

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/14(火) 21:00:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

気がつけば・・・

nisihunabasi

こんな情景はものすごく前のような気がしていたんだけど、ほんの5~6年前までは普通にあったんだよなぁ。少しずつ205系が増えたなぁなんて思っていたらいつのまにかこのオレンジの103系は武蔵野線から消えていた。ほんとうにあっという間だった。別に葬式鉄が集結するでもなく、ほんとうにいつの間にか、気がつけば・・・といった感じだった。最近は209系が京浜東北線から消えるっていうんで大騒ぎになっていたけど、そういう現象はここ最近なんだなぁと改めて感じた。

2004年1月23日 武蔵野線 西船橋

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/13(月) 21:00:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鋼色の川面

dai5waki

只見川の川面は季節によって様々な色になる。冬は鋼色になり、辺りの景色を映しこむ。鋼色に変わった只見川の川面は冬ならではの冷たさの象徴のような色だと思う・・・。

2009年12月23日 只見線 会津川口-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/12(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の朝

nojirigawa

しんしんと冷えた朝だった。そんな朝、ふと見ると野尻川が凍結していた。霧が手の届くような高さまで下りている。寒い寒い朝だった・・・。まだまだ冬は長い・・・。

2009年12月23日 只見線 本名-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/11(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

柿と桐

nokorikaki2

残り柿・・・雪が降る頃でもまだ残っていた。会津を象徴する桐と柿の共演。地味だけど、小さな小さな季節を探すのは楽しいものだ。

2009年12月24日 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/10(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お出かけ・・・

nisikata

雪は降っていないが、初冬の奥会津は冷え込む。坂下か若松あたりに買い物でも行くのだろうか?小さな子供を暖かくして背負っていく。当たり前の優しさが、僕の心を温めてくれた。いってらっしゃい・・・風ひかないようにね。そっとつぶやきつつシャッターを押した。

2009年12月3日 只見線 会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/09(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

残り柿

nokorigaki

冬枯れの里で数少ない色は柿の橙色。葉がすべて落ちても柿の実だけが残る・・・。そう残り柿。
秋というか、初冬、冬の足音にも聞こえてくる枯れ野原の残り柿の情景は、心なしか寂しく感じる。

2009年12月3日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/08(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬枯れの里

honnanyuusenn

既に紅葉は終わり、奥会津の郷が白く染まる間のわずかな時間は、冬枯れの色のない時期だ。忍び寄る冬の足音に郷は一斉に冬支度に入る・・・。

2009年12月3日 只見線 本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/07(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里へ下りると

suhara

魚沼の里に下りてくると、錦秋の盛りだった。日も差してきて心なしか暖かく感じた。六十里峠の厳しさを実感して、里の暖かさを感じた。

2009年11月8日 只見線 上条-越後須原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/06(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

晩秋の峠

kokudoukurosu

六十里もここまで下りてくると、晩秋の趣。山肌の白い木々の幹と、残っている紅葉のコントラストが美しく感じた。

2010年11月8日 只見線 田子倉-大白川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/05(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

峠は初冬

tougeue

麓は紅葉の盛りでも、さすがに六十里トンネル近くになると、晩秋を通り越して、初冬の趣だ。あと1ヶ月もしないうちにこの地は国道が閉ざされ人の影が消える。長い冬ももうすぐそこまできている。

2009年11月8日 只見線 大白川-田子倉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/04(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚沼の紅葉

irihirose

只見線の紅葉といえば、会津側の方が有名だが、魚沼側もなかなか素晴らしい紅葉を見ることができる。小出に近い魚沼の平野からの山々は新緑も見事で、当然紅葉も素晴らしいものだ。須原を超えて山にはいってくると一層きれいになってくる。全線通して紅葉の素晴らしい只見線だ。
この日だって、晴れていればもっともっと鮮やかに装った山々の姿だったに違いない・・・

2009年11月8日 只見線 上条-入広瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/03(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も逢えたね・・・

koyamatu

今やい鉄の名物となった祠と銀杏。黄金色に輝く君に、今年も会うことができた・・・。
今年はちょっとアングルを変えて、標準レンズで引き気味にして、ねこじゃらしを脇役に・・・。
晩秋の里山の秋がとても素敵だ・・・

2010年11月28日 小谷松-大多喜

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/02(木) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する