さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

秋の桜

kiirokosumosu

前にも書いた事ありますね。黄色いコスモスって実は最近品種改良がされたんですが、その研究をしていたのが自分の母校の農学部育種学研究室(今は名称変わっているようです。)。自分が在学中に盛んにやっていた記憶があります。そして卒業して何年かして何気なく見たテレビのニュースに黄色いコスモスが見事に咲いた!という母校のニュースがありました。
そして更に数年後、黄色いコスモスを初めて見たのが会津西方でした。それから毎年・・・。
黄色いコスモスを見にここへやってきます。なんとなく感じる懐かしさ、学生時代の思い出、そんな記憶を思い起こしにきているのかもしれません。今年も咲いていました。春の象徴の桜のような、秋の桜・・・。秋桜。コスモスの漢字表記はとてもこの花に似合うような気がします。

2009年9月21日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/30(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実るほど・・・

nisitaniinaho

「実るほど、首を垂れる稲穂かな」
なるほど!と思わせる、自分の好きな言葉です。実って中身が重くなっていくと首を垂れる稲の穂は、正に人間のそれと同じような・・・。この時期になると思い出すんですけどね。自分も年齢的にはこういうふうにならないといけないんだなぁとも思います。最近、反面教師の人も多くみかけるんでなおさらですね・・・。

稲刈り間近・・・。首を垂れるほど実った稲穂は、力強くそして美しい・・・。

2009年9月22日 只見線 会津川口-本名


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/29(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄金の海・・・ 2

wakamiyaougon

稲刈り間近。一面の黄金の田圃は、地上から見ても黄金の海のよう・・・。
雲が広がる会津平、奇跡的に薄日が差した。と同時に、黄金の海が輝いたようだ・・・。

2009年9月22日 只見線 会津坂下-若宮

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/28(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黄金の海・・・

hutanumakogane

稲刈り間近の会津平。刈られている田圃もほとんどないからか、一面の黄金の絨毯が敷き詰められたよう・・・。というより、どこまでも続く黄金の海なのか・・・。屋敷森や集落が黄金の海に浮かぶ島のように見えた。豊穣の秋、実りの秋だ・・・。

2009年9月21日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/27(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千曲川旅情

kamikuwanagawa

奥秩父の甲武信岳は、荒川、笛吹川、信濃川の分水嶺と知られる。ここに降った雨は滴り落ちたところによって、東京湾、駿河湾、日本海へとそれぞれ行き先を変え長い旅に出る・・・。
信濃川の水源に立った事がある。ここから流れ出る沢は次第に大きな流れになり、梓川となり小海線沿いに千曲川と名を変え、北アルプスの槍ヶ岳を源流とする犀川と合流し悠々とした流れになる。なぜか新潟県に入ってから信濃川と名を変えて日本海に注ぐ日本一長い川である。千曲川の源流の川が梓川、そして犀川の上流の川も梓川・・・。なんとなく不思議な因縁を思いつつ千曲川を見つめていた。

2008年9月17日 飯山線 上境-上桑名川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/26(土) 21:00:00|
  2. 千曲川旅情 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

横倉駅にて

yokokura

真島満秀先生が愛した横倉駅。かつてここが委託駅だった頃、おばあちゃんや娘さんに暖かい眼差しで見つめていたはずだ。先日終了した写真展でも素晴らしいスナップが飾られていた・・・。
今はここも無人駅になっている。それでも朝の列車がくると静かな駅にどこからともなく人々が集まり一瞬の賑わいを見せる。
「鉄道写真は、機能としての車両写真のみならず、鉄道がいかに生きている人々や自然とかかわっているかを撮らなければならない」
真島先生のコンセプトを今更ながら噛みしめる・・・

2008年9月17日 飯山線 横倉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/25(金) 21:00:00|
  2. 千曲川旅情 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

黄金色の棚田

hirataki

北信濃の山間は棚田が多く見られる。奥会津ではあまり見られない光景だけに、新鮮に写る。
霧の合間から朝日の差す山間に展開される棚田と、そこに並ぶ集落の光景の中、朝のローカルが駆け抜けていった・・・。

2008年9月17日 飯山線 平滝-横倉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/24(木) 21:00:00|
  2. 千曲川旅情 飯山線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

推進運転

suisin

入れ替えを終えた列車はゆっくりと、推進運転で工場手前のヤードへ向かいます。
なんか、出荷時には見られない色々な表情も見る事ができて楽しかったです。次回、機会があったら出荷も見てみたいし、シキ801なんかも見てみたいものです。

2009年9月14日 高岳製作所 古河スカイ前-高岳製作所

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/23(水) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

工場手前の入れ替え

irekae

工場の手前で列車は止まり、入れ替え作業が始まります。住宅地の裏にちょっとした信号所のようなのがあって、機関車を後方に連結します。四種踏切の脇から眺めていたんですが、あの後ろの家の窓から見てみたいなぁなんて思いつつ見つめていました。

2009年9月14日 高岳製作所専用線 古河スカイ前-高岳製作所

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/22(火) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャベツ畑

kyabetu

古河スカイ前で機関車が変わりました。JRのDE10から、高岳製作所の機関車に変わります。プレートを見るとD35-101となっています。これが形式名なんでしょうか?
列車はゆっくりと高岳製作所へ向かいます。工場まであと少し。キャベツ畑を見ながら進んでいきます。
シキの重厚感もそうですが、この機関車も意外と大きいんですね。

2009年9月14日 高岳製作所専用線 古河スカイ前-高岳製作所

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/21(月) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工場の煙突

entotu

自分がガキの頃、育ったのは東京の板橋区。工場の多い所で、そこらかしこに煙突があったのを覚えています。煙突のある風景があたりまえだったんですね。そういえば最近、こんな煙突を見る事も少なくなりましたっていうか、ほとんど見ないような気がします。
古河スカイの工場の煙突がそんな記憶を思い起こしてくれました。なんとなく昭和・・・。そんな感じ。
入れ替えだけでなく、そんな風景も入れて撮ってみました。

2009年9月14日 高岳製作所専用線 古河スカイ前

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/20(日) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古河スカイ前入線

sukainyuusenn

列車はゆっくりゆっくりと進みます。踏切の手前で一時停止し、誘導の係員が踏切の作動スイッチを入れて、踏切を作動させてからゆっくりと通過。第4種踏切では手前で停止してからそろりそろりと通過します。中間地点の信号所のような、古河スカイ前に入線してきました。ここで機関車が交換することになります。

2009年9月14日 高岳製作所専用線 小山-古河スカイ前

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/19(土) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高岳製作所へ!

takayamaoyama

カテゴリは「ネタモノ」に入れたんですが、考えてみるとこれって現役なんですね。
8月にもあった栃木県の高岳製作所の大物ですが、またあるよ!って友人からありがたいお言葉が!発送の日は仕事で行けなかったんですが、シキの送り込みの日が偶然休みだったんで、友人に連れて行ってもらいました。荷はありませんが、色々変化があって送り込みも面白いよ!という事でしたが実際楽しむことができました。
自治医大付近で小山への送り込みを撮ったあとに小山構内のはずれの専用線の分岐点へ行くと、スタンバイしていたDE10とシキがいました。そろりそろりとゆっくりと発車していきました・・・。

2009年9月14日 高岳製作所専用線 小山-古河スカイ前




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/18(金) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蒼い日常

tyuugunn2

日もとっぷり暮れた駅・・・。蒼い空に月が浮かんでいる。
いつもの列車が、いつもの時間で・・・。そしておそらくいつもの君たちが降りる・・・。
ちょうど今の季節は蒼い時間。友達との会話も弾んでいるようだ・・・
かけがえのない日常の情景になんとなくジーンとくる自分に気がついた。

2008年9月10日 米坂線 中郡



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/17(木) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕陽をあびて

kyuukougira

日が傾いてくると、あたりの風景が変わってくる。自分的に言うと「エロい・・・」というやつである。
そんな中、斜光線を一杯に浴びて国鉄急行色のキハが往く。

2008年9月10日 米坂線 成島-中郡


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/16(水) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊穣の頃

ippaniroyaya

稲が実る頃、なぜか心ときめくのは日本人の血のせいなのかもしれない。稲の色が緑色から少しずつ黄味がかかってきて、やがて見事な黄金色になる頃だ・・・。
初秋の日を一杯に浴びて豊穣の地を行く国鉄型キハ。正しい日本の秋を往く。いい情景だ・・・。

2008年9月10日 米坂線 中郡-羽前小松

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/15(火) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

実りを見つめる

keitora

もう少しで米沢盆地でも稲刈りがはじまる。稲の色が黄金色になり、稲穂の首が垂れる頃・・・。
農家の人にとって稲の状態が気になってしかたがないのかもしれない。そう考えると軽トラも日常の情景・・・。
そんな思いもあって、あえて軽トラを入れてみた。米沢盆地の日常の光景だ・・・。

2008年9月10日 米坂線 犬川-今泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/14(月) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ススキの谷

masesususkiapu

僕にとってススキは線路際の大切なアイテムであり、名優でもある。それが脇役ばかりでもなく、時に主役にもなる。今回は主役になってもらった。ススキが群生する谷間に国鉄型のキハが往く。画面いっぱいに配してみた。日本の鉄道って本当に様々な表情がある・・・。

2008年9月10日 米坂線 羽前沼沢-手ノ子


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/13(日) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間瀬橋にて

masesusuki

米坂線きってのお立ち台でもある間瀬橋。思えばここで特雪を撮った思い出深い撮影地。そして四季の表情がその雰囲気を変えてくれる撮影地でもある。線路際のススキも刈られる事なくいい雰囲気を醸し出してくれる。
やってきたのは新潟色のキハ。国鉄色みたいに人気は無かったけどこの場所をこの色が走る事はもうない。日常を記録する・・・いや記憶に残す。そんな大切さを感じた撮影であった。

2008年9月10日 米坂線 羽前沼沢-手ノ子

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/12(土) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦畑に映える

isaryousoba

透きとおるような青い空の下での撮影はやっぱり楽しいもの。まして清楚な蕎麦の畑を目の当たりにすればなおさらである。青と白のコントラストの間に駈けていく国鉄色のキハ。
やっぱり国鉄色はこうした日本の四季によく映える。

2008年9月10日 米坂線 伊佐領-羽前松岡

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/11(金) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コスモスの咲く郷

kosumosutenoko

手ノ子駅近くの落合の集落。特雪や定排でもローカルでも有名なお立ち台。それでもこの集落の雰囲気はとてもよく列車待ちの時間も退屈せずに過ごす事ができる。ほんの少しだけ国道から奥まった集落は時間が止まったような錯覚を覚える。そんな時間の過ごし方がローカル線撮影の至福の時であり、楽しみでもある。一杯のコスモス・・・。それを愛でているだけでとても優しい気持ちになった。

2008年9月10日 米坂線 手ノ子-羽前沼沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/10(木) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和の香り

gorudenkonbi2

誰が呼んだか「キンチョールポイント」ってそのまんまなんですが・・・。
農家のたたずまいと、キンチョールのホーロー看板、そして国鉄色のキハが、まさに昭和の雰囲気を醸し出す。そんな雰囲気が人気になったのか、国鉄色最後の頃は有名ポイントになっていた・・・。
昭和の香りがぷんぷんする雰囲気。なんかとても癒されたような記憶がある・・・

2008年9月10日 米坂線 萩生-羽前椿



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/09(水) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝霧が晴れた

gorudennkonnbi

朝起きると、米沢盆地は真っ白・・・。白い闇といっていいかと思う程の霧の朝だった。
あきらめていると少しずつ視界が見えてきた。日が上り気温が上がってきたら朝霧が晴れてきた・・・。奥会津の谷よりも濃い霧だったが、晴れる速さも凄かった。
それでも朝霧の残る中、淡い朝日を浴びて通称ゴールデンコンビが走り去っていった・・・。

朝からいい光景を見る事ができた。

2008年9月10日 米坂線 成島-中郡



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/08(火) 21:00:00|
  2. 郷愁・米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥会津の現実

neriba2007

会津の米が美味しいのはこんな天日干しをやっているというのも、ひとつの理由であると思います。
中川の集落でおなじみのこのい高い「ネリバ」。自分がこのあたりを撮りはじめた頃より、おそらく2~3段低くなったと思います。そして昨年、ここのネリバは立てられず、一般的に見られる低いハザ掛けでした。聞けば毎年帰ってくる息子さんがその都市は帰ってこれなくて、残っている人では高齢でもあり、とても例年のネリバを組めなかったという事です。そう、素晴らしい光景を見せてくれる奥会津での現実がつきつけられたような思いでした。いつまでも残していきたい情景・・・。でもこれが現実なんですね・・・。

今年は息子さん、帰ってこられるんでしょうか?また中川名物のネリバを見たいと思っているんですが・・・

2007年9月 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/07(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨に濡れるネリバ

hasudate

ネリバというのは、稲を干すはざ掛けの大きなものだそうで、「このへんではそう呼ぶんだよ」っておふくろのマスターが教えてくれた。ネリバってそういえばあまり聞かないんで「この辺」っていうのが「どの辺」ってのはわかりませんが、でも最初に耳に入った知識って妙に印象深いんでここでもネリバって呼んでしまいます。
このあたりはいい雰囲気な集落の情景ですが、細長く線路と国道に挟まれているんでどうも列車と絡めづらいんですね。色々探してみましたが、やっぱり難しいです。ただ、家の軒先に近いところにある「ネリバ」。ちょっといいなぁって思ってカメラを向けてみました。

2008年9月 只見線 会津越川-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/06(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝露に濡れる

kosumosuasatuyu

未明に降った雨か、朝露か、コスモスの花が水滴で化粧をしていた。
雨でテンションも上がらなかったが、不思議とこんなのを見つけると必死に色々探してしまう・・・

2008年9月21日 只見線 会津西方





テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/05(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桧原の田圃にて

hinohara

稲を干しているのかどうかはわからないが、この情景は桧原のこの田圃でしか見た事がない。
神にささげるものなのか?それとも単にここの人の好みなのか?
余計なお世話かとも思うけど、そんな事を考えながらの撮影は楽しいものだ。

2008年9月21日 只見線 会津桧原


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/04(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実りの頃

nakagawaine

緑色の田圃が少し色づいてくると、稲穂も首を垂れ奥会津も実りの季節を迎える。
会津の米が美味しいのは、清らかな水や空気なのか、素晴らしい風土なのか・・・
毎年そんな事を考えて、そして毎年この築堤で稲を撮る。今年は・・・どんな状態かとても気になっている・・・

2008年9月22日 只見線 会津中川-会津水沼



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/03(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の夏井川

natuisoba

思わぬところで蕎麦畑を見つけると、ちょっとうれしいものだ。
小雨の降る朝だったが、そんなのも気にせず傘も差さずに列車を待った。しっとりと濡れる本名の集落に列車が鉄橋を渡る音が轟いた。

2008年9月21日 只見線 会津川口-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/02(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初秋の彩り

asagaohoka

暑い日が続いても9月の声を聞くと朝夕はずいぶん涼しくなってくるものだ。
田圃の色が黄色くなってきて、蕎麦の白い花が咲き出して・・・。アサガオだけが往く夏を惜しんでいるようだ・・・

2008年9月21日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/09/01(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する