さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

後ろ姿

kakinokiatooi

男は黙っていても後ろ姿で語るもの・・・。
鉄路を守るため、雪と闘うその姿は後ろ姿もかっこいい。さぁ、これから大白川へ、そして六十里へ挑む。無言の決意がひしひしと感じる・・・

2008年2月20日 只見線 入広瀬-柿の木


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/28(土) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪と闘う

appu

入広瀬を過ぎて山に入っていく。積雪量も増えてくる、雪壁も高くなりこれから雪と闘うモードになってくる。その迫力に息を吞む・・・

2008年2月20日 只見線 入広瀬-柿の木

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/27(金) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第6橋梁遠望

dai6ennbou

雪晴れの朝、遠く第6只見川橋梁を臨む。手前の本名の集落と併せて、なんかホッとするような光景だ・・・。

2008年2月9日 只見線 本名-会津越川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/26(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

降雪直後の朝

daigoyoko

未明に降った雪がやんだ直後、急速に晴れてきた。そんな朝は素晴らしい光景が広がる。
クリスマスツリーのような杉の木が朝日に当たり美しい・・・

2008年2月9日 只見線 会津川口-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/25(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只見雪祭り号

dai8kogane

只見の雪祭りに併せて運行される只見雪祭り号。今年はJTのこがねが使用されました。
昨年や一昨年のような旧型キハではなかったからか、撮影者も少なめでした。雪が少なかったので返しは少しでも雪を求めてこの場所へ。ベタといわれようと蒲生岳がここまで出たら・・・。薄日も差してまぁまぁだったと思います。

2009年2月15日 只見線 会津蒲生-会津塩沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/24(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

光・幻想

dai6yakei

只見雪祭りの日、あまりの仕事の多忙さから夜走りを断念。翌朝出発しました。途中真岡で撮影して午後の雪祭りを見物しました。それでも天気は雨。撮影もしないでつるの湯へ避難。夜はおふくろで鉄たまさんと待ち合わせをしていたんですが、ちょっと早かったので本名あたりで撮影とも重い第6橋梁へやってきました。この雨・・・というか早い雪解け水なのか本名ダムが放水していたのを見ていたんで・・・。
行ってみて、ダム上のナトリウム灯の色が幻想的にあたりを照らしていました。見とれつつもカメラをセット。列車がわかるくらいにISO感度を上げて待ちました。ちょっと被写体ぶれしてしまいましたが、イメージ通りに撮れたと思ってます。この夜のおふくろでの酒宴は実に楽しかったです!!

2009年2月14日 只見線 会津越川-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/23(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

浅草岳を臨む

asakusa

おふくろで心地よい夜を過ごした翌朝、雪を求めて只見方面に向かいました。金山は霧に包まれていましたが、滝トンネルを越えるとなんと晴れ!。浅草岳がきれいに見えていました。何カ所か浅草岳ビューの箇所をロケハン。結局この場所に決めました。ほんのちょっと雪原へ突入して浅草岳のきれいに見える所へ・・・。雄大な山容を見つめている自分は、いつしか山屋さんに帰っていたような気がしました・・・。

2009年2月15日 只見線 只見-会津蒲生

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/22(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪晴れを往く

ooitorasseru4

夜にも雪は降らなかった。雪晴れの朝、「今日は走っても雪はかかないだろうから風景的に・・・」そんな事をいってこの場所で構えた。案の定、回雪状態だったが、雪晴れの中を走るちびろくはとても素敵だった。

2006年2月10日 大糸線 平岩-北小谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/21(土) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

帰り道

ooitorasseru3

頸城大野までおりてくると雪も少なくなる。一応ウィングは開いているが、もうねぐらへの帰り道の様相だ・・・。本当にご苦労様でした。

2006年2月9日 大糸線 頸城大野-姫川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/20(金) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪煙を煌めかせ

ooitorasseru2

あれだけの雪を搔いていったんだから返しは期待薄でしょうね(笑)と笑いながらお立ち台で構えていました。それでもウィングを開いて少ない雪を搔いていくちびろく。舞い上がった雪煙が日の光で煌めいているようだ!!

2006年2月9日 大糸線 南小谷-中土

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/19(木) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

This is ザ・ラッセル!

2006年の豪雪は、只見線や大糸線を長期間運休させた。2005年12月にあまりに多量の雪が降り、1月2月はそんなに降っていないが雪崩の危険性が非常に高いというものだった。
大糸補北線は通常夜間に走るラッセルが昼間に走るということで友人と訪れた。未明に降った雪が30cmくらい積もり、線路を完全に隠していた。雪に埋もれた林道をカンジキでラッセルして斜面にとりつく。やがてスノーシェッドの中からエンジン音が聞こえてくる。緊張が最高潮に達した時にシェッドから勢いよく飛び出してきたラッセル。そして我々の目に飛び込んできた光景・・・
正にThis is ザ・ラッセル! 友人と握手をして素晴らしい光景を見ることが出来た喜びをわかちあった。

ooitorasseru

2006年2月9日 大糸線 平岩-北小谷
 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/18(水) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

白煙を上げて 2

rikubetuhassya

1月の厳寒期の午前6時。それでも思ったより冷え込んでなかったと記憶しています。-15℃くらいでしょうか?そんなにいってなかったかもしれません。
それでも陸別を出る列車は白いエキゾーストを上げて置戸へ向かっていきます。20℃越えたらもっと激しい白煙だっただろうね・・・。そう思いました。でもやっぱりかっこいいですね・・・。

2006年1月28日 北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線 陸別

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/17(火) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白煙を上げて

bunsenhakuenfo-

陸別の町は朝に晴れると放射冷却の影響で半端じゃなく冷え込みます。
ただ、この日はあまり冷え込んだという記憶がありません。それでもなんとなく又ここに来ました。白煙が上がらないかな?って淡い期待をしていたんでしょう。1月にも同じようにここで構えました。この日は少しレンズを長くして構えたような気がします。

エキゾーストが朝日に透けて白く上がり陸別をめざす列車。ここの光景は自分にとって銀河線でも5本の指に入るくらい大好きでした。

2006年2月28日 ちほく高原鉄道ふるさと銀河線 分線

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/16(月) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蒼い上利別

kamitosibetuyuugure

銀河線にはいくつかの木造駅舎が残っていました。この上利別もそのひとつ。色々と理由をつけては??よく訪れたものです。この日も別に意味はなく、これを撮って陸別の宿へ行こうと思って寄ったような気がします。列車到着前に裏の製材所に勤務されている方でしょうか、お客さんがホームにたちました。銀河線が生きている・・・そんな思いでシャッターを押した記憶があります。

2006年3月1日 北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線 上利別

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/15(日) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒼い時間にたたずむ

toyozumiuoru

北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線・・・
2006年4月に廃止され今年で3年になります。学生時代の思い出からか、その沿線の風土を含めて通ったのが随分前で夢のように思えてきます。恥ずかしい話し、自分は今でも時々夢に出てくるんです。だいたい銀河線に撮影に来ていて待っていると武蔵野線が来たり、廃止されたってそこで気づいたりとなんかとんちんかんな夢が多いですが・・・。
先日、なんとなくHDDをのぞいていると、結構銀河線のカットが多い事に改めて気がつきました。こんなの撮ってたっけ?なんて(笑)でもじっくりと見直してみると、その一カットからその時の様子が思い出されてくるから不思議です。
これもそんなカットのひとつ。改めて見て思い出した物です。寒いと言うより風が痛いと感じた夕暮れ時でした。蒼い時間にたたずむCRが妙に神秘的に見えたものです・・・

2006年1月29日 北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線 豊住

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/14(土) 21:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蒼き海

tijin

蒼き海の向こうの岬を、炭鉱列車の回送列車がやってくる。

2007年2月 太平洋炭鉱鉄道 知人-春採

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/13(金) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

煌めく海を背に

taiheiyoutankjougira

昨日のエントリーの場所からほんのちょっと走って・・・
いつもの道路の踏切を当たり前のように往く炭鉱列車。珍しくもなく、当たり前のように貨物列車が渡る踏切。煌めく海をバックに石炭を運んでいく。色々あるが、あくまでも現役だ・・・

2007年2月 太平洋炭鉱鉄道 春採-知人

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/12(木) 00:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春採湖に沿って

harutoriko

春採湖沿いの鉄路を往く運炭列車。春採湖を臨む丘の上から見ています。住宅地の間から撮っています。氷結した春採湖はヒブナの生息地として有名なんですが、どうもそういった学術的な事は苦手なんですね・・・(汗

2007年2月 太平洋炭鉱鉄道 春採-知人

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/11(水) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やたら萌えます(笑)

kounai

釧路市に残る炭鉱輸送列車があります。人知れず運行していますが、更にそれ以上ひっそりと運行している構内軌道。一般の道路からほんお少しのスペースで見ることが出来ました。正に現役の軌道。萌えますよね(笑)

2007年2月 太平洋炭鉱鉄道 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/10(火) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

叶津川鉄橋を往く

kanoutukare-

お手軽な場所で返しを狙う。天気はどんどん悪くなってきた。
どんぐもりでも意外と映える色だけど、自分的にはイマイチ。ピンとこなかった。実際この色の現役時代を見ていなかったからだろうか・・・
でも今思うとちょっともったいなかったような気がする。先日、郡山で解体の報を聞いてなんとなく思った・・・。

2008年2月10日 只見線 只見-会津蒲生

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/09(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第3只見川橋梁を往く

kare-sannura

通行止めの県道を仲間達とラッセルしてたどりついた第3只見川橋梁の裏アングル。
思ったほど雪が少なくてちょっと拍子抜けしました。まぁだからここまで来れたんですけどね・・・
でもこの滅多に見ることの出来ない光景を見ることができてまぁ満足です・・・

2008年2月10日 只見線 会津宮下-早戸



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/08(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西方集落を往く

nisikatakare-

第一只見を俯瞰するお立ち台から少しカメラを振ると、西方の集落を往く姿が見られます。
会津らしい集落を往くおもいで号。ちょっと違和感ありますかねぇ・・・

2008年2月9日 只見線 会津西方-会津宮下


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/07(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おもいで号・・・

daiitikare-

小牛田のキハが修学旅行色に塗り替えられて、そのお披露目は只見線の雪祭り号・・・。
それだけのネタだったんですげ、とりあえずキハ58,28だし行ってみようか!そんな乗りでした。磐越西線ではD51498も走っているんで、3連休に休みを取って最初の1日半、これを追っかけました。実は冬のこの場所に来たのは初めてでした。下の根性なしポイントはあるんですがね・・・

ちょっと黄色がどぎついかな?って思いました。すごい人でした・・・

その後、この編成は陸羽東線でおもいで号として走っていました。でも結局自分はこの只見線で撮っただけでした。先日、解体されてしまったようです・・・

2008年2月9日 只見線 会津桧原-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/06(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いざ!峠へ!

oosirakawaatouti

いよいよ会越国境の六十里峠に挑む。例年より雪は少なくても、それでも侮ることのできない地へ。
峠へ挑んでいく機関車を後から見送った。頑張れ!心の中でエールを送った。

2008年2月20日 只見線 大白川-田子倉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/05(木) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柿の木のカーブを往く

kakinokika-bu

定番の柿の木のカーブ。雪の量も一気に増えてきました。ここの雪壁を上がるのに脚立が必要になりましたし・・・。入広瀬手前では比較的散らばっていた同業者達もだんだんと固まってきます。ゆっくりと、確実に雪を搔いていく・・・。かっこいいなぁ・・・。その勇姿を押さえるべく夢中でシャッターを押していた。

2008年2月20日 只見線 入広瀬-柿の木

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/04(水) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やはり只見線

irihirosesaki

1月31日米坂線、2月6日奥羽本線、北上線、2月18日米坂線と特雪撮影に出かけました。いずれも雪は少なめでした。只見線越後側は雪は少なめとはいいつつ、入広瀬を越えると一気に雪深くなりました。やはり只見線だ・・・。

2008年2月20日 只見線 入広瀬-柿の木


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/03(火) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥羽の特雪

nozoki

羽前と羽後の国境を越える雄勝峠。かつては特急が行き来した交通の要所も、今はわずかにローカルが走るだけの路線。本線という名が残るのが寂しいくらい・・・。それでも雪深い鉄路を守るために特雪が出動した。
鉄路を守る現役の真剣さが心をうつ・・・。それが自分にとっての特雪の魅力なのかもしれない。

2008年2月6日 奥羽本線 及位-大滝

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/02(月) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ラッセルの朝

rasseru

未明から降り続いた雪は、朝もやむこと無く降り続いた。積もった雪を蹴散らせてラッセル車が走る朝。

2008年2月18日 米坂線 伊佐領-羽前松岡



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/01(日) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する