さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

石山を越えて

isiyamagyakki

「重連の時の石山は凄かったよ。異常だよ、あれは・・・」前日、美留和で会った人に聞いた。
確かに沿線屈指のポイントでもありお気楽に追っかけている自分にとってはとても入れない。ただ今日は逆機だからちょっと早めに入ってもなんとかなると思って踏み切りから撮る事に・・・。
待っていると薄日が差してきた。やがて踏切がなるとともに遠くのカーブから素晴らしい煙とともに姿を現した。来た、イメージ通り。夕べの雪をかきながらやってきた。

逆機を正面がちに撮ると、なんか黒い塊が近づいてくるようで、ちょっと間抜けな感じと思うのだが、この日のシチュエーションは十分だった・・・。

2009年1月25日 釧網本線 美留和-川湯温泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/31(土) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蹴散らす

rasserusl

標茶を過ぎると景色が変わった。どうやら未明に降雪があったようだ。
摩周の手前でもう1枚撮りたいね。同乗者とそう話しながら車を走らせる。もう南弟子屈。このあたりをサイドから。灌木が多いけど、ほんのちょっと抜けるところを探して・・・。

やってきた列車は結構なスピードで雪を蹴散らしやってきた。ファインダーの中で興奮している自分を感じた・・・。なかなかの迫力だ・・・。

2009年1月25日 釧網本線 南弟子屈-摩周

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/30(金) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

かもめ舞う

kamome

港町のイメージを抱いてこの場所に来た。カモメや鴨たちが舞う川面。どうも船が停泊しているあたりに上昇気流があるのだろうか、カモメたちは盛んにそのあたりに来て風に乗って舞っていた。
うまく風を読んでいるなぁと思いつつ眺めていた。うまく列車と絡むといいけど・・・。
風に乗って楽しんでいる?カモメは5羽くらいか。なんとなく偶然にかけてみた。そして定刻。なんとか1羽だけ画面に収まってくれた。

2009年1月25日 釧網本線 釧路-東釧路


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/29(木) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シラルトロの落陽

sirarutoro2009

今年の冬の湿原号の川湯延長の日程を聞いて「よし!シラルトロだ」と咄嗟に思い浮かんだ。
昨年、一昨年は稜線に日が落ちてすぐに蒸機がやってきた。1週間遅かったら・・・そう思ったものだ。
重連の返しはここ一発。冷泉橋の茅沼寄りの斜面に登り列車を待った。湿原とシラルトロ湖を照らす太陽が高度を落とす。ドラマの始まり・・・。
茅沼を出た時間。やがて山の向こうからドラフト音が聞こえる。いきなり絶気の汽笛・・・
「え?」やがて山から姿を現した湿原号。煙は薄めながら茜色に染まった湿原を駆け抜けていった。

アングル、煙、いろいろと思うところもあるが、こんな素晴らしい光景を見れたから贅沢は言うまい。また来年の宿題にすればいい。それを楽しみにまた1年待っていよう。

この日の夜、シラルトロの夕日に感動した仲間達と祝杯を上げた・・・

2009年1月24日 釧網本線 茅沼-塘路

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/28(水) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音別の丘から・・・ 2

onbetugira

尺別の原野にふりそそぐ斜光を浴びて機関車が輝く。そんな光景を丘の上から眺めていた。
斜光に輝く原野がとて美しい・・・。夕暮れの太陽が演出する光景に酔いしれた・・・。

2007年2月 根室本線 音別-尺別

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/27(火) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音別の丘から・・・

onbetunooka

音別の丘から見る雄大な風景。そしてそんな風景の中を走る貨物列車。機関車は新型に変わったが、こんな風景の中を走る貨物列車はとても画になる。

2007年2月 根室本線 音別-尺別




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/26(月) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

馬主来湿原を往く

pasikuru

これぞ北海道!そんな風景に憧れて、周遊券を握りしめ北海道へ渡ったあの時から、もう27年・・・。
釧網本線や根室本線の広大な風景にひたすら憧れ、そしてその目でみて純粋に感動した・・・。
あれから時は流れ、車窓から見たあの感動を今度は傍観者として外から眺めていた。
気が遠くなるような景色を北海道に求めたあの頃・・・。そして今も同じ感動を感じて列車を見つめていた・・・

2007年2月 根室本線 音別-古瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/26(月) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

海別岳を臨む

unabetudake

知床半島の付け根にそびえ立つ海別岳。女性的な優しい山容が魅力的な山だ・・・
北の大地の夕暮れは早い。斜光線の趣になった北の果てのローカル線に単行のキハがやってきた・・・

2007年2月 釧網本線 浜小清水-原生花園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/25(日) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

流氷ノロッコ

norokko

残念ながら流氷の接岸がなかったオホーツク海を臨む鉄橋に流氷ノロッコ号が通過した。
濤沸湖に飛来している白鳥たちがお出迎え。いつかはここで流氷を・・・。そんな思いがふと浮かんだ・・・

2007年2月 釧網本線 北浜-原生花園

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/24(土) 21:00:00|
  2. 北帰行-北海道の鉄路-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の交換

yorukoukan

会津若松行きの最終列車と小出行きの最終列車が行き違う。まだ19時。夏ならようやく夕暮れの趣になる頃だが、冬の今はもう夜・・・。
雪のせいだろう。レールのジョイント音が聞こえない。まるで滑っていくように静かに会津川口駅に滑り込む。

2009年1月14日 只見線 会津中川-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/23(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の降る中を

dai2ooyuki

14日に奥会津入りした時、金山の積雪は80cmくらいでした。15,16と降り続き17日にアメダスをチェックすると、115cmくらいありました。それくらい激しく降り、当然見通しも無く接近戦でなんとか撮影といった感じでした。撮影後の温泉がやたら身にしみたのは言うまでもありませんが・・・。
久々にこの目で見た奥会津の雪の恐ろしさだ。これだけの雪、いったい空にどれだけあるのだろうか・・・。

2009年1月15日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/22(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しんしんと・・・

kosugawa

もう朝も8時が近い。深い谷間はまだ夜明けの蒼が残っている。
しんしんと静かに雪は降り続く。しんしん・・・といった雪の降る音が聞こえてくるくらいの静寂を、キハのエンジン音が切り裂いた。レールの音は雪に包まれているというのに・・・
列車が走り去ると、また雪の降る音が聞こえてくるような静寂がもどった。しんしんと・・・

2009年1月15日 只見線 会津越川-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/21(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

霧氷の朝

gekkoujimuhyou

未明の降雪であたりの景色は一変した。
杉の木が綿帽子をかぶったようなクリスマスツリーとなり、広葉樹は真っ白く霧氷が木々を白く彩った。白い世界の中、朝のローカルがゆっくりと走り去っていった・・・
真っ白な無垢な朝の素敵な光景を見ることが出来た。

2009年1月14日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/20(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ENR1000登場

enr

ブランチをとろうと会津宮下に来てみると青ザリことENR1000が宮下の構内除雪をしていました。
初めて見たんですが、結構大きい物ですね。何気に貼ってある赤べぇのステッカーがちょっと愛嬌ありますね。あとで只見で駅員さんと話をしたらこの日は宮下でマルヨとの事だそうです。こういった自由度がいいのかもしれませんが、現場からはどうも使いづらいとか・・・。
見慣れないからか、やっぱりDE15のラッセルの方がいいなぁ・・・・

2008年1月14日 只見線 会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/19(月) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

歳の神

今年も宮下神社の歳の神に行ってきました。小正月に行われる歳の神。荘厳な炎と只見線を撮ろうと決めていました。昨年と同じような所から同じようなカットなんですが、雪が去年より多いのと、列車を出来るだけ止めてみようかと・・・。ISOを1600に押さえて撮りました。もう少しあげてもよかったのかな?
でも、燃え上がる聖なる炎を見ていると、なんとなくですが心が洗われるような気がしました。
434Dが行って、炎も落ちてきた後、ふと地元の方に声をかけられ御神酒と暖かい煮物をいただきました。降りしきる雪で冷えた身体を温めてくれたのは酒や料理だけでなくこういった心づかいだったと思っています。その後、友人といったお好み焼き屋のまつやまでも、地元のお客さんと思い切り吞んで・・・。結局お開きになったのは日付が変わったあとでした。
出来ることなら来年もここで出会いたい・・・。そう思わせる歳の神でした。

sainokami2009

2009年1月15日 只見線 会津宮下-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/18(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

吹雪の中を

kayanuma1

昼頃から曇りだした空は、夕方から雪を降らせました。風も出てきて吹雪いてきました。さすがに北海道の吹雪は冷たいなんてもんではなく痛いくらい。鼻水を出しつつ構えた茅沼の踏切。煙を風で左右に踊らせて発車していきます。

kayanuma2

さて、今年はどんな表情を見せてくれるでしょうか・・・

2008年1月20日 釧網本線 茅沼-塘路 (2枚とも)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/17(土) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二本松から

nihonmatu

はじめて湿原号が走った時にここで撮りました。あれから時は流れ木々の生長でとても狭くなりました。凍てついた湿原ではえぞじかを見ることも出来ます。荒涼とした風景の中をいく蒸気機関車。北海道らしいそれは、この湿原号の醍醐味であると勝手に思っています。

2008年1月20日 釧網本線 塘路-茅沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/16(金) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

重連驀進!

biruwa

意外と引きが取れない釧網本線。重連らしく撮りたいと思いつつ灌木も多く苦戦しました。
煙ねらいで構えたこの場所は、思い切りのど逆光。ゴースト出まくりですがそれでも迫力ある煙とその姿に感動してました。いいなぁ・・・

2008年1月19日 釧網本線 美留和-川湯温泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/15(木) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も釧網本線へ!

minamitesikaga

釧網本線の「SL冬の湿原号」の川湯温泉延長の日程を知ったとき、今年も!と思いました。去年と同じ週だったら行かないつもりでした。しかし今年は去年より5日遅い・・・。2年連続で夕日が沈んだ直後に見たシラルトルの遠い煙が今年は茜色に染まるかもしれない・・・。そう思うといてもたってもいられない気持ちでした。ここだけでも・・・そう思うくらいです。

で・・・あとは天気だな(笑)

2008年1月19日 釧網本線 南弟子屈-摩周

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/14(水) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

タブレット授受

kawaguti

会津川口では1日3回の交換があり、どれも数分から数十分停車するからか、このように駅のホームでの受け渡しも見ることができる。それでもしっかりと手と手を合わせしっかりとタブレットを受け渡す。
只見線の運転業務を見るとやっぱりかっこいいなぁと思う。

2008年1月6日 只見線 会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/13(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

出迎える

demukae

昨日と逆のパターンです。駅に進入する列車を出迎えます。タブレットを交換して列車を見送り対向の列車にタブレットを渡して発車を見送ります。ローカル線の駅がほんのひととき活気づく時間です。

2009年1月6日 只見線 会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/12(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

人の目で

miokuri


発車して若松へ向かう列車を直立不動で見送る駅員さん。人の目で確認して、人の目を信じて安全を確保する。その使命感と誇りからくる真剣さがとてもかっこよく映る。学生時代に北海道のローカル線を俳諧したときに見たシーンとダムって見える。あの時もそのかっこよさに感激したものだった。僕は鉄道員(ぽっぽや)をいつも尊敬のまなざしで見つめている。

2009年1月9日 只見線 会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/11(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タブレット交換

taburetto

只見線ではまだタブレット閉塞が現役です。交換駅ではこういった交換シーンを見ることができます。初めて見たときの感激は忘れません。学生時代に北海道旅行をしたときに見たシーンとダブったものでした。今は小出-只見が自動閉塞になってしまいましたが、会津側はまだ残っています。
人の手で、人の眼で安全を確認し、安全を確保する。乗務員と駅員に誇りを感じるシーン・・・。
いつまでも続いてほしいけど、これからの時代、どうなっていくのだろうか・・・。

2009年1月5日 只見線 会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/10(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

夕暮れ時はさびしそう

kawagutiyuukei

自分が中学生の頃、こんな唄があったような・・・
1月中旬、15時半頃ってもうかなり夕暮れのイメージになってきます。日没まで1時間くらいあるから夕暮れってのは少し早いのかもしれません。でもちょっと露出を切り詰めて・・・。
夕暮れ時はさびしそう・・・そんな雰囲気が少しでもでたでしょうか・・・。

2008年1月15日 只見線 会津川口-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/09(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

歳の神の朝

sakamotosainokami

1月15日、小正月。歳の神の朝。夜にそなえて歳の神が準備してあった。古き日本の風習が生きている。それがとてもうれしかった・・・。

2008年1月15日 只見線 塔寺-会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/08(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝日を浴びる

dai6gira

金山の本名の谷にもようやく日が差してきた。北東の山々から比較的離れているからか、川口ではまだ当たっていなくても本名のあたりはこの時間でも日が差してくる。ちょうど423Dが通過する頃、まさに朝日を「浴びる」ように列車にあたる。

2008年1月14日 只見線 本名-会津越川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/07(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会津塩沢へ

siozawa

振り返ると列車は静かに会津塩沢駅に滑り込む。未明の雪がレールのジョイント音を消し、かすかにエンジンの音だけが響いていた。静かな静かな只見の谷の朝・・・

2008年1月14日 只見線 会津蒲生-会津塩沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/06(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

雪がやんだ朝に・・・

dai8kousetu

未明に降った雪がやんだ朝、杉の木々がクリスマスツリーのようになる。前日とはいっぺんしたであろう只見の谷の朝だ。
確か晴れていたんだけど、この時間ではまだ谷間に日が差さない。

2008年1月14日 只見線 会津蒲生-会津塩沢 426D

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/05(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子子見を往く2

kokomi2

カーブを曲がり、雪が増えたあたり、豪快により高く雪をとばしていく。側方投雪は雪の軌跡が美しい・・・

2008年1月31日 米坂線 伊佐領-羽前沼沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/04(日) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

子子見を往く

kokomi

子子見を往くDD14317。この場所は駐車帯もあり比較的たくさんの人も立てる上になかなかいい雰囲気でとても賑わう撮影場所です。カーブの向こうからひょっこりと顔を出した。雪の舞う中しっかりと雪をかき進んでいく。

2008年1月31日 米坂線 伊佐領-羽前沼沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/03(土) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する