さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

朝の上総久保

kazusakuboasa

まだ少し銀杏の黄葉には早かったようで、少し緑が残っていた。それでも朝日に当たった銀杏が素敵に輝いている。思い出深い上総久保・・・。朝の銀杏を見たのは実は初めてだった・・・。

2008年11月20日 小湊鉄道 上総久保

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/30(日) 21:00:00|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里見の銀杏

satomiityou

里見の銀杏といえば駅の飯給よりの神社の銀杏が有名ですが、少し先の第四種踏切脇にも銀杏があります。しかしここはどこの銀杏より早く色づき、早く散ってしまう。個体差なんだろうか?それとも微妙な日当たりとか、風の向きとかか・・・?
神社の銀杏がまだまだ散っていない頃、ここはだいぶ散っていました。葉が残っているところを撮っているんであまり目立ちませんけど・・・

2007年11月23日 小湊鉄道 里見-飯給

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/29(土) 21:00:00|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

只見川錦秋 5

dai4kinsytuu

晩秋の日はあっという間に山影に隠れてしまった。第4只見川橋梁は陰ってしまったが、奥の山にはまだ日があたっていた。赤味を帯びてきた光に山々の紅葉がより一層鮮やかに浮かび上がる。あや装う秋ももうすぐ終わる。そして長い長い冬へと季節は移ろっていく。

2008年11月13日 只見線 会津中川-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/28(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斜光線に身を輝かせて・・・

kawagutigira

晩秋の太陽はその軌跡をより低くして金山の谷を照らす。
その斜光線を一杯に浴びて、列車が閃光のように輝いた。金山の紅葉はピークを過ぎてはいたが、まだ美しく妖しげに装っていた・・・

2008年11月13日 只見線 会津中川-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/27(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅く色づく

nisikatamomiji

西方の線路際のもみじが紅く色づいた。光線状態が悪くてうまく全体に光が回らないけど、鮮やかな紅い色にときめいた・・・。

2008年11月13日 只見線 会津桧原-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/26(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西方集落を見下ろす

nisikata

箱庭のような西方の集落を臨む。杉の木が多いこの山の上のほうの紅葉は少し終わりかけのようだ。なんとなくだけど、奥会津らしい風景が撮れたような気がした。

2008年11月14日 只見線 会津西方-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/25(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

只見線錦秋

kinsyuudaisan

今年の紅葉は、ここ数年と比べていいと思います。それでも通いだした頃と比べるとまだまだなんですけど・・・。早戸近辺や第3あたりの紅葉はとてもよかったです。SLの頃はまだこのあたりは早かったですね。只見当たりが見頃だったようです。曇ってしまいましたが、それでも今年の紅葉はよく映えました。

2008年11月13日 只見線 早戸-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/24(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの頃を思い・・・

只見線に通い始めた頃は、毎回が新しい発見の連続で楽しくて仕方が無かった。夢中で撮影地を駆け抜けていたような気がする。そして撮影以外の地元の方から聞く話も興味深く感じていた。前のブログなんかでも書いた覚えがある印象的な事・・・。確か2001年のSLが走った翌月だったと思う。ややピークを過ぎた紅葉を撮っていたが天気が悪く早々に大塩の共同浴場に行った時の事だった。先客は2人のおじいさん。何を話しているのかよくわからないが心地いい会津弁のイントネーションを温めのお湯に浸かりつつ目を閉じて聞いていた。やがて突然、共通語で「兄さん、見慣れない顔だけど、どっから来たんだ?」ちょっと驚きつつ「千葉、千葉県です。」と答えると、「えぇ?つんばぁ?そら遠くから・・・」
そこから色々と話し始めた。そのひとつひとつが興味深く、楽しく話をさせていただいた。
ふと、「このあたりは雪はいつごろから降るんですか?」と別に悪気もなく聞いた。その時、ひとりのおじいさんの顔から笑みが消えたのを見逃さなかった。「もうぼちぼち初雪だぁ」とポツリと話したあと「雪はまず山の上に積もるんだ。そしてすぐ消えて、また降って・・・。山に3回降っったら次は里に下りてくる。そしたら根雪になるんだ・・・。長い冬になるんだ」
ちょっと衝撃的だったが、おじいさんはすぐに笑顔に戻り「まぁ、冬が長いから、春が楽しいんだ。このへんの春はいいよぉ」といった。冬っていうのが地元にとって決して歓迎されない季節である事、そして春の素晴らしさ、待ち遠しい春の気持ちがわかったような気がした。

以来、晩秋に奥会津を訪ねるとこの時の事を思い出す。山の上に降る雪を探したりする。地元の方が感じる季節を僕も感じたい・・・。そう思って今まで通ってきたのか・・・。
だからか、時々来るおふくろのマスターの季節の便りのメールがたまらなく嬉しい・・・。

daiitiotibahaki

やっぱり僕は奥会津が好きだ。只見線をはじめとする奥会津の風景、季節、そして人々の優しさ。
マンネリなんていっている自分は罰があたるよ。本当に・・・。
なんとなくじっくりと通い始めた頃の只見線を想いを振り返り、あの頃の気持ちを甦ってきたような気がする。長々とお付き合いいただき、ありがとうございました・・・

2008年11月13日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/23(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めての「おふくろ」

今でこそ、おなじみの会津川口の「おふくろ」ですが、初めて入ったのは何時だったんでしょうか?
確か2000年ではなく、2001年にひとりで行った時だったと思います。春か夏だったと思います。初めて川口でとった昼食はR400の交差点のところにある「不二や」さんだったんで、やはり春以降だったんだと思います。初めて入った時は店に客はおらず、そっと入り口の席についたんですが、マスターに「おひとりでしたらカウンターにお願いします」って言われたのが妙に印象に残っています。頼んだのはかつ定食。かつがすごく美味しくてしばらくは行くたびにそれを頼んでいました。
2001年の初めてのSL運行の時、先発した仲間達からのメールだか、電話だかで「おふくろ」で食事をしているってのが入って、「あぁ、あそこか・・・」って思ったものです。
SLの試運転の時は毎日昼食をここでとりました。最後の日に勘定を済ませるとママさんが「毎日来てくれてましたね」って言ってくれたのが印象に残っています。(ママさんはお客さんの顔をよく覚えています。1回でも行くと意外と覚えていてくれてますね。)
そしてその月末、SLの写真を持っておふくろを訪れると、ご夫妻ともよく覚えていてくれてました。それが「会津の揺り篭」とまで言うように通いだした最初でした。訪れると昼食に顔を出したのがいつの間にか夜に呑みに行くようになりました。連れて行った友人たちもみんな気に入ってくれてリピーターになっている方も多いです。
あれからもう7年。いつの間にか長いお付き合いになりました。先日もお世話になり、おそらくこれからも・・・。たまにくる季節の便りのメールがとても嬉しいんです。
旅先にこういったなじみの人が出来るっていいですね。その人を訪ねるのも目的になりつつあって・・・・。

otibahaki

写真は先日の落葉掃き列車。このあたりから三島、柳津あたりは11月初旬から中旬にかけてが紅葉の見頃になりますね・・・。

2008年11月13日 只見線 会津水沼-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/22(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠れぬ夜に・・・

なんとなく眠れない夜だった。仕事でろくな事がなく、プライベートでも嫌な事があり、なんとなくストレスを感じていたからかもしれない。そしてなぜか頭に浮かんできたのは只見線に通いだした頃の事だった・・・
初めて只見線を訪れたのは、確か2000年の3月だった。ばんえつ物語号の撮影に夢中だった頃、現地であった友人が上りを撮ったあとに只見線に行くっていうのについていった。適当にカーナビを頼りについたのが滝谷の鉄橋。そのロケーションにふたりで歓声を上げた。「こんな所にSLが走らないかなぁ・・・」そんな事を話しながら列車を待った。時間からして428Dだったと思う。翌月、桜の咲く頃、今度はひとりで只見線に向かった。宮下ダムの脇で構えているときに隣の人が言った言葉・・・。
「只見線撮るなら冬だよ。絶対に。特に川口から先は雪が違うんだ」この言葉が妙に心に響き渡ったような気がする。考えてみるとこの言葉がその後の自分に大きな影響を与えたような気がする。
その年、川霧や紅葉の記憶がないんで春のみの訪問だったんだと思う。そして秋。当時のクローズな掲示板の仲間の只見線の撮影記を読み、何人かの有志で冬の只見線に行こう!ということになった。あの時の言葉が忘れられない自分はこの話にとびついた。そして2001年1月。6人が同じ車で冬の撮影ツアーに向かった。栄光館に初めて泊まり、早朝というか未明に宮下でラッセルを撮影したり、吹き溜まりをラッセルして第一橋梁の根性無ポイントで撮影したり、印象深い旅だった。そしてその日から自分の只見線訪問が始まった。今月で95ヶ月になった・・・・。
そんな事を思いながら、あの頃と同じ気持ちで只見線に対峙しているのか自問自答しつつウトウトしてやがて眠りについた・・・

daiitikinsyuu

初めて滝谷でSLが走るといいねといいながら友人とローカルを待っていた7ヶ月後、僕はその友人と一緒に滝谷の鉄橋でSLを待っていた・・・・。

写真は先日の錦秋の第一橋梁。バリバリのお立ち台だが、やはいいいものはいい!!

2008年11月14日 只見線 会津西方-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/21(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只見蒸機に思う

今年も秋の只見線の蒸機運行に行ってきました。またしても試運転ですが。
考えてみると、只見線に蒸気機関車が走ったのが2001年ですから今年で8年目になります。秋の運行だけでしたが、夏や春なんかも走るようになり、すっかり只見線の風物詩となった感があります。ただ撮影となると最近マンネリ感が出てきたような気もします。蒸気機関車を撮るってどうしても煙が出そうなところを狙うんでどうしても同じような所で、同じようなカットが多くなりますね。でも自分はその時の気象状況とか煙の表情とかの一期一会的な所を求める・・・なんてのもよし!と思っているんでやはり今年も通ってしまいました。何が何でもの追っかけから、じっくりと腰をすえて撮るっていうスタンスに変わってきたのもそんな撮影スタイルに変わってきたのかもしれません・・・。
2001年、只見線に通いだした頃です。ここで蒸気機関車が走るって聞いた時の衝撃は忘れられません。無理言って7日の連続休暇をもらって只見線に張り付きました。あの時の純粋で、楽しんだ思いは忘れられません。今もあの時と同じスタンスで撮っているんだろうか・・・?今年はなぜかそんな事を考えていました。脱マンネリ、そして楽しんで撮る事・・・。そう思うんですが今年も同じようなカットの繰り返しだったような気もします。
でもなぜか只見の蒸機は楽しいし、ワクワク感だけはあるんです。特に試運転のヘッドマークがない、旧型客車を牽くC11は時々現役っぽい表情を見せてくれるし、やっぱり撮っていていいなぁって思います。あの現役の面影をほんの少しでも垣間見る事ができた瞬間の思い・・・。それが毎年訪れる思いなのかなぁ・・・。
おそらく来年も・・・。他の路線の紅葉時期と重なっているんで、たまには他路線も・・・って思うことがあるんですが、結局ここにいるんだろうなぁ・・・。そんなガキのような気持ちを大切にしたいって思う自分です。理屈じゃないんですよね・・・。

joukisakamoto

また同じようなカットを撮ってしまいました。でもとても素敵な情景に興奮を隠し切れませんでした。
ここは過去最高の人手だったと思います。みんな最高の笑顔で蒸気機関車を見送っていました。
しかし、試運転、平日なんですけどね・・・(自分は公休ですよ!)

2008年10月31日 只見線 会津坂本-塔寺

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/20(木) 21:00:00|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋色の金山谷

ityouhonna

秋になると晴れの予報でも金山の谷は霧が山の稜線あたりに蓋をしたようになる。晴れるに越したことはないが、それでも秋色の谷はとても美しい。銀杏の葉が黄色く色づいた。紅葉はいよいよ終焉間近である。

2008年11月13日 只見線 会津川口-本名

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/19(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月の出

稜線から月が顔を出した。他のアングルを考えていましたが、急遽変更。列車が通過するまでの時間が妙に長く感じました。しかし月は見た目以上に明るいんで、月に露出をあわせるとかなりアンダーな写真になってしまいました。でもいいなぁ。とてもいい光景だと思います。こんなのがあるから、色々追い求めてしまうんでしょうね。

tuki

2008年11月13日 只見線 会津坂下-若宮

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/18(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

TXお召し?

陛下のお帰りはなんとTX(つくばエクスプレス)を使うとか!
「えっ?TXに特別車両あったっけ?」「いや、なんでも普通のやつ使うみたいだよ?」
というわけで、天皇陛下や国賓のスペイン国王ご一行をどうやら普通の通勤車両に乗せるらしい。
「陛下をロングシートに乗せるの?」「クロスシートもあるよ。「いや、あれはセミクロス、まして4ドアでしょ?」
せっかくだから撮っておこうよってロケハンを開始しましたが、どこも高架線ばっかりで撮るところがない。駅でも撮りづらいだろうし・・・ってようやく探した万博記念公園駅近くの切りとおし。脚立を使ってなんとか構えます。やはりあまり撮るところないらしく何人かがその後もやってきました。でも、まぁ思い切り入居者募集の看板は入るし、なんかイマイチだけどしょうがない。記録と割り切りましょう・・・。
最初に来たおまわりさんは気さくで面白い人で、「いつもと同じ電車だよ?」なんて不思議がること・・・。その後来た私服警官はなんか高圧的であまり気分がよくなかったです。
天気も最悪。雨もぱらつき、どんどん暗くなっていきます。やがて下りの送り込みが通過。ピカピカの車体ですが確かに同じ車両。HMはただ、TXって描かれているだけ。この時点ではつくば駅で差し替えるんだと思っていました・・・。
やがて遠くに列車が見えます。E655と違ってあまり緊張感はありません。で、HMはそのまんまただの「TX」と描かれているもの。「あれ?そのまんまじゃん・・・」なんか特別なの使うかと勝手に思っていたんで、一気に萎えてしまって・・・。通過時、咄嗟に車内を見るとなんか立ち客もいて普通の通勤列車と同じ。真ん中あたりの車両にそれらしき方が座っていたのが見えましたが、それ以外は本当に普通の列車って感じでした。おそらくSPや報道の方なんかが乗っていたんでしょうが・・・

omeshitx

うまく写っていませんが、行き先表示板は「団体」表示・・・。まぁ確かに団体ってのは間違いではないんでしょうが・・・。
しかし天皇皇后両陛下と国賓のスペイン国王夫妻が普通の通勤列車に乗ったっていう歴史的?な事実に遭遇できたんだからよしとしましょうか(笑)

2008年11月12日 つくばエクスプレス 駅間失念(万博記念公園付近)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/17(月) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お召し列車撮影記

もう賞味期限切れかな?(笑)
12日にE655初のお召し列車の撮影に行ってきました。こういうところがミーハーなんですね。
白井の友人宅を6時に出て、目指す天王台付近に6時半頃つきました。果たして三脚は何本並んでる?なんて思ってみてみたら・・・。先着は某福島県からきた巨匠?のみ。やっぱり1号編成でないとこんなもんかな?なんて思いました。しばらくするとお約束のように警察官がやってきて、ひととおりに車のNO控えたりしてました。結局同業者はその後来た2名のみ。同じ利根川の土手でも取手側はかなりの人数がいるんですが・・・。(バックのNECや線路際のおでんが不人気なんでしょうかね?駅からの距離もあるかな?)
そうこうしていると警察官が何人かきました。なんか新人研修のようでまだ顔にあどけなさの残る警察官もいました。鉄より警察官のほうが多いなぁ・・・。もっとも我孫子市内でのポイントは少ないんでここに集まったのかもしれません。のんびりとした雰囲気で、親子連れが着たら、警察官の方が帽子を子供にかぶせて写真撮ったりしてました。情報では取手-藤代のお立ち台はものすごい事になっていたようですけどね・・・。
通過する快速でアングルチェックしたりしているうちに、いよいよ露払いのスーパーひたちの通過で一気に緊張感が増してきます。その後すぐ来るはずなんですが妙に長く感じられた時間を過ごし、遥か向こうに列車が見えてきます。「来た」誰ともなく声にだしたような気がします。飛ばしているんでしょうが妙にゆっくりに感じました。国旗が巻いてしまった上に上り快速とかぶってしまいましたが、まぁまぁかな?天気が天気なんで上出来でしょうか?

omeshi

バックのNECが思ったより目立ちますが、我孫子をお召し列車が走ったっていう証拠みたいなものだなって思ったりします。それにしても菊の御紋とか、やっぱりお召し列車は格が違うって感じです。お祭りに参加できてよかったです。

2008年11月12日 常磐線 天王台-取手

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/16(日) 21:00:00|
  2. たまにはネタもの・・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

滝谷のもみじ

takiyamomiji

滝谷駅のもう使われていないホームの跡にあるもみじ。朝の光に透けてその赤色が鮮やかに浮かび上がる。もみじの薄い葉は、太陽の光を透かしてより鮮やかになるようだ・・・

2007年11月8日 只見線 滝谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/15(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

滝谷錦秋

takiyakinsyuu

蒸気機関車運行から5日、まだまだ滝谷の山の紅葉は美しく輝いていた。
錦秋の奥会津、11月も半ばに入ると三島から柳津あたりが見頃になっていく。

2007年11月8日 只見線 滝谷-会津桧原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/14(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

記念撮影

kinensyasin

列車が駅に着いたら、家族で記念撮影。黄色い列車を背にはしゃぐ男の子。
持ちきれないほどの想い出を、胸いっぱいにしまって、思い切りの笑顔と一緒に家にもって帰ろうね。

2007年11月23日 いすみ鉄道 上総中野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/13(木) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黄色い列車が来るよ!

nakanosinnyuu

駅の近くの踏切がなった。もうすぐ黄色い列車が駅に着く。どんな列車なんだろう・・・。気になって、なんとなく覗き込むように見つめているその気持ち・・・。まるで幼い頃の自分を見ているよう・・・。
あのワクワク感、きっと君はあの頃の僕と同じ気持ちなんだろうね・・・

2007年11月23日 いすみ鉄道 上総中野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/12(水) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

晩秋のいすみ路

ityouhokora

大多喜城が見える田圃の真ん中に小さな祠と小さな銀杏の木がぽつんとある。豊穣の神様なのか、付近の集落の守り神なのか・・・
神が宿るという銀杏の木が黄色く装う秋。黄色い列車とおんなじだ・・・

2007年12月6日 いすみ鉄道 小谷松-大多喜

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/11(火) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

斜光線

nisiooharasyakou

秋の短い日が、斜光線となってあたりを照らす頃、黄色い列車が下っていった。車両一杯に斜光線を浴びて、自らほんの一瞬輝かせる。秋の斜光線は魔法の光。その情景を劇的に変えていく。
時にドラマティックに、時にダイナミックに、そして時に優しく・・・。

2007年11月23日 いすみ鉄道 西大原-上総東

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/10(月) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

大銀杏

ooityou

東総元の里は、山が迫っているからか夕暮れが早い。太陽が山影に隠れようとするその時、大銀杏が黄金色に輝いた・・・。

2007年11月23日 いすみ鉄道 東総元-久我原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/09(日) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西方夕情

nisikatayuuhi

秋の日は短い。16時を少し回った頃なのに日は山影に落ちようとしている。
より赤味を帯びた斜光が西方の里を染める。茜色の里。三島谷は今、クライマックスを迎える。

2008年11月9日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/08(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

茜色に染まる

kawagutitadamigawa

只見川に斜光が降り注ぐ。茜色に染まる只見川を横目に見て、427Dが川口に入線する。
晩秋の夕暮れ時は華やかだけど、ちょっと物悲しいのはなんでだろう・・・

2007年11月9日 只見線 会津中川-会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/07(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只見川錦秋4

meganebasikinsyuu

何度もこの場所で撮っているんだけどね・・・。でもこの場所は本当に四季折々楽しませてくれます。だから色々な表情を求めてきてしまうんですね。バックの山の木々は正に「山装う秋」。

2007年11月9日 只見線 会津水沼-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/06(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

只見川錦秋3

dai3kinsyuuturu

三島谷も紅葉が盛りのようだ・・・。
427Dを狙っていたら、つるの湯丸がゆっくりとやってきた。なんとなく微笑ましいような気がした。
錦秋の只見川・・・。なんて素敵な光景か!!

2007年11月9日 只見線 会津宮下-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/05(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

只見川錦秋 2

daiitihunatukibaaki

錦秋の只見川を渡るローカル列車。
定番中のど定番、でもいいものはいい・・・。只見線は四季がはっきりしているから同じ場所で撮っても、四季折々、いや十一季折々の表情を見せてくれる・・・。

2007年11月7日 只見線 会津西方-会津桧原



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/04(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

只見川錦秋

kinsyuudai4

錦秋・・・。正にその錦秋としか表現できない秋の奥会津。
只見川と、それに沿うように走る只見線まで染まってしまいそうな鮮やかな秋。さわやかな空気感を感じつつ、僕は夢中でシャッターを押した・・・

2007年11月8日 只見線 会津中川-会津水沼




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/03(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もみじの赤 3

tukimigaokamomiji

朝の光に透きとおるような赤色のもみじ・・・。
その向こうを遠くローカル列車が行く。あまりにも美しい様になぜかため息しか出てこない・・・。

2007年11月8日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/02(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もみじbの赤 2

momiji2

もみじの秋は、正に秋色だ。鮮やかで、でもどことなく優しい赤い色・・・。
赤色のイメージが少し変わったような気がした・・・

2007年11月8日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/01(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する