さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

れんげ草の咲く頃

rengeisumi


派手さは無いが、でもなんとなく懐かしいれんげ草・・・
今年も大多喜の町にれんげが咲く季節がやってきた。木々も芽吹き、田植えも始まる、春本番の上総路だ・・・

2007年4月28日 いすみ鉄道 東総元-久我原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/30(水) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ハイブリッド

haiburiddo


先日、小海線へ行った時、定番の築堤でローカルを待っていたらハイブリッド気動車が来た。思ったより違和感がなかった。試験的に走っているのか、まだこれ1編成しか見なかった。

八ヶ岳をバックに新しい車両が走る・・・

2008年4月15日 小海線 甲斐小泉-小淵沢


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/29(火) 21:00:00|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昼下がりの日を浴びて

sobanome


蕎麦の目の集落の入り口にある大きな1本桜。もう既に散りはじめ、葉が出てきていた。季節の移ろいを感じつつ列車を待つ。それでも最後の輝きを撮りたくて桜をアップにしてみた。
昼下がりの光を浴びて、列車は山へと上っていく・・・

2008年4月21日 只見線 新鶴-若宮

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/28(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の向こうを・・・

ikenohotori


新鶴付近に1本桜がいくつかある。遠くから見ても結構目立つ桜・・・。まして満開ともなれば。
去年見つけて同じようなカットで撮ったっけ。あの時は曇りだった。今年は薄いながら日が差した。桜色がほんのりと浮き上がってくるように美しかった・・・。
そんな桜の木の向こうに、430Dが山から下りてきた。

2008年4月21日 只見線 若宮-新鶴

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/27(日) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな桜の木

sakamotoike


会津坂本付近の桜は、地味だけど最近なんとなく気になる存在だ。お地蔵さんのところの1本桜が素晴らしいが少し駅よりの小さな鯉の養殖池の小さな桜・・・。どうやらそめいよしのとは違う種類のようですこし色が濃い。曇りがちの空だったが薄日が差して、花びらが少し透けるように輝いた・・・

2008年4月21日 只見線 塔寺-会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/26(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅間山

asamayama


八ヶ岳を見送って千曲川に寄り添うようになると、やがて一目見てわかる山容の浅間山が見えてくる。麓から見て美しい山は浅間山のような独立峰だ。富士山、岩手山、岩木山・・・
時間がなかったんでなんとなく撮ったが、もっと素晴らしいビューポイントがあるかもしれない。じっくりと探してみたいと切に思う。

小海線の旅は、山を愛で、清流を臨む旅だ・・・

2008年4月14日 小海線 太田部-龍岡城

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/25(金) 21:00:00|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ヶ岳

yatugatake


八ヶ岳は、主峰の赤岳をはじめとする山々の総称である。この山は小海線に乗るとその表情がどんどん変わっていくが、やはり僕は赤岳をはじめとする峰々が並ぶ野辺山付近から見る姿が一番好きだ。この山は規模の割りに標高が高く最高峰の赤岳で2899mある。1泊程度の山行でも楽しめるので就職して社会人になってもよく通った。あの峰々の稜線を吹く風を肩で切り縦走する自分の姿を麓から見上げているように列車を待った。
青く晴れた日に是非リベンジしたいカットだ・・・

2008年4月15日 小海線 信濃川上-野辺山

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/24(木) 21:00:00|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甲斐駒ケ岳

kaikomadd16


晴れているにはいるのだが、空が白く靄っている、なんかおかしい日だった。それでも甲斐駒ケ岳をバックに走るこの場所ははずせなかった。初めて小海線に乗って奥秩父に向かった27年前、朝日に輝いて赤く染まった甲斐駒ケ岳とその山容に魅せられてから10年後、僕は彼の頭の上に乗せてもらった。甲斐駒ケ岳はここの場所から見るピラミッドのような姿が一番好きだ・・・

2008年4月15日 小海線 小淵沢-甲斐小泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/23(水) 21:00:00|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

千曲川源流の町

千曲川・・・。新潟県に入ると信濃川と名を変える日本で一番長い川・・・。その源流は奥秩父の甲武信岳。字の通り、甲州(山梨県)、武州(埼玉県)、信州(長野県)にまたがる山。ここはその信濃川と荒川、富士川の分水嶺でもある。その源流を初めて訪れたのはもう27年も前になるが、その美しさに歓声を上げたものだ。その後の水害で護岸工事が施され変わってしまったがそれでも美しい千曲川源流の町・・・。その源流は梓川と呼ばれている。千曲川に注ぐ犀川という川の源流は北アルプスの槍ヶ岳を水源とする梓川・・・。日本一の川の2つの源流の名前がどちらも梓川という美しい名前なのはなんとなく興味深い。特急あずさの名前の所以である。

千曲川沿いを走る飯山線は知られた存在だが、小海線も千曲川にそって小諸まで走る。日本一長い川もこのあたりはまだ清流の趣きである・・・

tikumagawa


よく見ると、バックの山は一面の落葉松・・・。

2008年4月14日 小海線 佐久広瀬-信濃川上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/22(火) 21:00:00|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

存在感

daika-bu


空が靄っていて山が霞んでいる。なんかおかしな日だった。ふと足元を見ると小さな春が一杯に広がっていた。そんな春を主役にアングルを決めた。小さな機関車をより小さく写したが、その存在感が際立って見えた。

2008年4月15日 小海線 小淵沢-甲斐小泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/21(月) 21:00:00|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あれから2年・・・

4月20日、今年もきてしまいました。僕にとって忘れられない日、ふるさと銀河線が時刻表から消えた日です。あれから2年が過ぎました。もう2年、という気持ちとまだ2年といった気持ちがあります。恥ずかしい話ですが今でもたまに夢に出てくるんです。
そういえば、陸別駅の保存鉄道も少しは動いているようです。また北見界隈では銀河線の線路が鉄の高騰で高く売れたとかいう話も聞きました。でもこういった話題がない、当たり前の姿があったほうがやっぱりいいですね。
今夜は、2年前の事や、銀河線を追い求めていた日々を思いながら静かに過ごしたいと思っています。

oyoti19


銀河線についてのエントリーはこの「North requiem ふるさと銀河線」で見る事ができます。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/20(日) 20:00:00|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

ライムグリーンの春

rokujuuriraimu


山が美しく、さわやかに萌える。木々がライムグリーンに輝く情景は圧巻だ。正に山が最高の表情で笑い出す・・・

2007年5月4日 只見線 田子倉-大白川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/19(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

萌緑色の春

misimatanimoe


桜が終わると待っていたかのように山の木々が芽吹きだす。赤味のかかった萌緑色の春はほんの一瞬見せてくれる贈り物のようなものか・・・。それを見られた歓びをかみしめる。

2007年5月4日 只見線 会津宮下-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/18(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山笑う春へ

dai2kirakira


桜の頃、まだ芽吹きがはじまったばかりの奥会津の山肌は、これから一気に萌える。
まるでその変化が目で見えるように早く・・・
春の暖かな日差しを一杯に浴びて一気に山が笑い出す。この時期は1日たりとも目を離せない季節の移ろいだ。このモノトーンの風景もあっという間に鮮やかなライムグリーンに変わる。

2007年4月30日 只見線 会津宮下-会津西方
 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/17(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水面の春

mo-ta-bo-to


春のうららかな日差しの中、只見川の川面をモーターボートが疾走する。
春の風を肩で切り、春の風を身体で感じて・・・只見川の川面にも一気に春がやってくる。

2007年4月29日 只見線 会津川口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/16(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜色、映える

kokuzousonura


桜の頃って桜以外の色が少ない事に気がつく。水仙の黄色くらいだろうか・・・
それでもモノトーンの世界から一気に桜色が映える・・・山笑う、萌える春はもうすぐそこだ・・・

2007年4月24日 只見線 会津柳津-郷戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/15(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

春の駅

sakamotosakura


会津の地にも遅い春がやってきた。長い間モノトーンの世界だった小さな駅も一気に華やかになる。
桜と水仙に送られて通学する・・・。短いけど歓びいっぱいの春の駅・・・

2007年4月24日 只見線 会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/14(月) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白い緑肥

ryokuhi


緑肥といえば、れんげ草が思い浮かぶが、この日あちこちの田圃でこの小さな白い花が咲いていた。
なんという花なのかわからないが、小さく可憐な花が稲の肥料となるのだろうか・・・

2008年4月1日 いすみ鉄道 国吉-新田野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/13(日) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

菜の花色・・・

koyamatunanohana


残念ながら曇ってしまったが、菜の花の黄色って曇天のコントラストの低い状態でも鮮やかに映えるものだ。菜の花色に染まる房総半島の小さな鉄道がとても素敵に見える・・・

2008年4月2日 いすみ鉄道 大多喜-小谷松

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/12(土) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の日をあびて

nisihata


うららかな春の日差しを浴びて列車がやってきた。田圃に張られた水も温かくなってきたはずだ・・・

この場所は学生時代に当時国鉄木原線の写真を撮った覚えがあります。あの頃とほとんど変わっていません・・・

2008年4月2日 いすみ鉄道 総元-西畑

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/11(金) 21:00:00|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れはあんず色

kawamayuukei


夕暮れはあんず色・・・村下孝蔵さんの初恋という唄の一節です。
あんず色・・・幼い頃の駄菓子屋のあんず菓子のイメージばかりあったあの頃の僕・・・
でも・・・なんとなくだけど・・・そんなイメージを感じる事ができたような気がした。

2008年4月1日 小湊鉄道 上総川間

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/10(木) 21:00:00|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝日に浮かぶ

yanaidunanohana


若松行きの始発が柳津を出る頃、菜の花畑に朝日があたる。赤味のある日差しを浴びてその黄色い花が妖しく浮かび上がった・・・

2007年4月30日 只見線 会津柳津-会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/09(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水温む頃

takadananohana


菜の花ってイメージがいまいち無い只見線・・・
そんな只見線で菜の花を見つけた。田圃の水が温む春真っ盛り・・・

2007年4月29日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/08(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

菜の花を従えて

satominanohana


最近、菜の花といえばいすみ鉄道が有名になっていますが、もっと前、菜の花といえば小湊鉄道でした。今年は去年よりも菜の花が目立ちました。やはり千葉県と言えば菜の花が似合います。
菜の花を従えて列車がやってきました。甘い香りとミツバチの羽音が印象的でした。

2008年4月1日 小湊鉄道 飯給-里見

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/07(月) 21:00:00|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

時間がとまる・・・

tukizakisinsyuu


言い古された言葉だが、小湊鉄道の情景は21世紀の奇跡だ・・・首都東京の隣県での情景とは思えない。もう撮り尽くされた光景でも、どうしてもこれを収めたくて足を向けてしまう・・・
まだ桜には早かったが、春のポカポカ陽気の下、いつもの情景が展開されていた・・・

2008年4月1日 小湊鉄道 月崎

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/06(日) 21:00:00|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月光寺を臨む

gekkouji


柳津の町を臨む丘から月光寺を臨む・・・
春を象徴する桜も遥か臨むとまた違う印象がある。

2007年4月30日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/05(土) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

枝垂れ桜

yanaidusidare


華やかな染井吉野もいいけど、しっとりとした枝垂れ桜も美しい。空から降ってくるような桃色の色が実に美しく感じる。

2007年4月29日 只見線 郷戸-会津柳津

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/04(金) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜色って

jizousakura


桜色ってどんな色だろう・・・
ピンク色ってわけでもない繊細な、どうも表現がしがたい不思議な色・・・
でもその色は日本人の心をひきつける不思議な色合い。日本の風景に合う不思議な色・・・
あぁ、日本人に生まれてよかった・・・

2007年4月24日 只見線 塔寺-会津坂本

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/03(木) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

桜の向こうに

niituruhukinn


桜の淡く繊細な色合いを表現するのは実に難しい・・・
意外と曇り空の下、うまく色が乗る時がある。淡いピンク色、いや桜色だ・・・

2007年4月20日 只見線 新鶴-若宮

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/02(水) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春は桜

春は桜とともにやってきます。
雪が融けて春爛漫の時期まで意外と色がありません。桜の時期も桜がなければ本当に色を見つけるのは難しいですね。そんな頃、やっぱり桜は胸ときめく正に正しい日本の春ですね。
今、首都圏では桜が満開です。奥会津は・・・そうもう20日くらいすれば素晴らしいくらいの春がやってきます。冬が長い程、春の歓びは素晴らしいと思います。

niituruippon


2007年4月20日 只見線 新鶴-若宮

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/04/01(火) 21:00:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する