さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

麗らか・・・

sakurayayahukan


空は透きとおるように青く、桜花咲く麗らかな春の日・・・
桜を待ち、桜の便りにときめき、桜の花を愛でる。あぁ日本人に生まれてよかった・・・

2006年4月3日 小湊鉄道 高滝-里見

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/31(土) 22:57:00|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜夕情

東京では桜が満開のようです。わが町市川大野もほぼ満開に近いです。
房総半島は暖かいイメージがありますが内陸は意外と気温が低いです。先日、いすみ鉄道の運転士さんも「このあたり(大多喜付近)は勝浦や館山と比べると3℃~5℃違うからね。桜も遅いんだ」っておっしゃっていました。ということは来週あたり見ごろかな?
小湊鉄道沿線、桜とローカル線を撮るにはあまりにも有名になっています。確かに納得できるくらい素晴らしいロケですよね・・・

tukizakisakura


斜光線 桜が浮かぶ 夕間暮れ・・・

2006年4月3日 小湊鉄道 月崎

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/30(金) 23:19:12|
  2. 小湊旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京成モニラストステージ

今月10日に最後の仕事を終えた京成のモニですが昨日、宗吾へ自力で廃車回送されました。正に最後の舞台、ラストステージ・・・

monirasuto


残念ながら通過時は曇ってしまいましたが、フル編成で堂々と走り去っていきました。本当のお別れです。さようなら・・・

帰りのオプションは成田貨物でした。

naritakamotu


2007年3月28日
上:京成電鉄本線 大佐倉-宗吾参道
下:成田線 下総神崎-滑河(だったよな?)


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/30(金) 00:58:24|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

菜の花鉄道-3

ootakijk


菜の花の甘い香りが漂う中、君はどんな物語を読んでいるのだろうか・・・


nanohanagira


斜光線を浴びて菜の花の築堤を駆け抜ける・・・

菜の花の季節、カメラを片手に列車に乗っては途中下車の旅をする。
菜の花に抱かれて、僕は鮮やかな黄色の夢を見る・・・

2007年3月23日 いすみ鉄道 上:大多喜 下:上総中川-国吉


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/27(火) 23:35:26|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

頑張れ!いすみ鉄道

いすみ鉄道も他の第三セクターと同じく経営は芳しくないようです。実際使用されているレールバスは昭和63年製。先日引退した真岡鉄道の車両と同じやつですね。置き換えの資金も苦しいとか・・・
この夏、今後の方向性を決めていくという張り紙もありました。
実際朝は高校生でいっぱいでしたが昼間は単行でも少ない乗客。実際旅客収入だけでは苦しいんでしょうね・・・
でも職員の方は頑張っています。菜の花を沿線に植えるのも職員の方やボランティアの方々。運転士さんや他の職員の方が菜の花の事になると本当に嬉しそうに話をしてくれました。他にもあまり知られていませんが、菜の花のポイントで停車してじっくり菜の花を見られる臨時列車や行商列車の運行とかお客さんを増やす工夫を一所懸命やっています。
車両の違いからか小湊鉄道と比べて人気もないようですが、こんな地味な鉄道、本当に頑張っていつまでも走ってほしいと思っています。
そんな想いを黄色い菜の花にこめて・・・頑張れ!いすみ鉄道!

higasihusamotoboke


2007年3月23日 いすみ鉄道 久我原-東総元

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/26(月) 23:54:10|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

菜の花鉄道-2

大多喜で高校生が降りると乗客は僕ひとり。
話好きな運転士さんと色々話しをさせていただきました。
「この先の菜の花はどこがいいですか?」「東総元かなぁ?」「総元や西畑は?」「今年はあまり咲いてないよ」・・・そんな感じ。
東総元で降りようとすると、「のんびり中野まで乗っっていったら?」と笑っておっしゃっていました。
「そうすっかな?どうせヒマだし・・・」
ほのぼのと色々沿線の解説付で上総中野へいきました。折り返し時間、軽くスナップしていると運転士さんはタバコ休憩中でした。
折り返しは5名ほどのお客さんがいました。どこで撮ろうか迷った挙句結局総元で降りましたが、あてにしていた列車が5月の季節運行で1時間半待つはめに。近所に酒屋も無いし・・・しかし駅周辺をブラブラしたり写真撮ったり実に短い1時間半でした。何にも無いローカル線の駅なんですがね・・・やがてやってきた中野行きを撮影すると運転士さんはさっきの人でした。構えていた僕に気がついたらしく短くタイフォンを鳴らして去っていきました・・・

husamotoatooi


中野で折り返して来た列車は団体でいっぱいでした。先ほどの運転士さんに話しかけることもできず、東総元で降りました。降りてから挨拶をします。
「運転士さん、どうも!」「ここで撮るの?いいの撮ってね」「いろいろ教えてくれてありがとうございました!」お互い敬礼をして列車は発車していきました。

車での撮影行では味わえないとても素敵な時間でした・・・
なんか、ちょっとですがいすみ鉄道に惚れてしまったかもしれません・・・

2007年3月23日 いすみ鉄道 総元-西畑

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/25(日) 23:49:07|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

菜の花鉄道

先日、フラッといすみ鉄道へ行ってきました。青春18といすみ鉄道の1日乗車券での乗り鉄です。車では何回か訪れていましたが乗ったのって考えてみると国鉄木原線の時以来でした。

nanohanatikutei


いすみ鉄道といえばやっぱり菜の花が有名です。高校生がみんな降りて大多喜に停車中、運転士さんに聞いたんですがこの菜の花、従業員やボランティアの方々が育てているそうです。特に暑い夏に草を刈って燃やして肥料にしてっていうのは運転士さんたちが中心にやっているそうで、まさに手作りの菜の花鉄道・・・・
ただ年々なんか花が少なくなっているようなのは、資金不足とか連作障害みたいですね・・・
写真の築堤は今年初めて植えたとか・・・沿線で一番素晴らしい咲きっぷりでした。
いすみ鉄道、春爛漫、菜の花鉄道、春爛漫・・・

2007年3月23日 いすみ鉄道 上総中川-国吉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/24(土) 23:10:13|
  2. いすみの風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

そして伝説へ・・・

あと8日です。僕も銀河線で経験がありますが、思い入れが大きいほどその時を迎えるのはつらいんだと思います。
くりでんは地味なロケですが、とても素敵な路線です。意図的に嵌らないようにしてきたつもりですが、やっぱり素晴らしい鉄道情景を残す鉄道の終焉はつらいです。どうしようもないってわかっていても・・・

くりはら田園鉄道・・・
僕は一生忘れる事はないでしょう。ろくに通ってもいないんでそんな事言う資格は無いかも知れませんが・・・
でも、味のあるローカル線の廃止はとてもつらいです・・・

kuridensyanai


ありがとうとかお疲れさまって言葉は僕は言う資格はありません。そんなに通っていなかったですから。でも、やっぱり・・・
「長い間お疲れ様でした。そしてありがとうございました。」
つきなみな表現ですが、僕のせめてもの言葉に代えさせていただきます。

2004年1月6日 くりはら田園鉄道 車内。おそらく沢辺-大岡

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/23(金) 23:14:28|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

光と戯れる

光・・・その情景をよりドラマティックに変える・・・

kurikomaasahi

朝日をバックに一番列車が行く・・・

sugihasigirari

夕陽に向かって杉橋を後にする・・・

光が醸し出す崇高な情景・・・

上:2006年3月21日 くりはら田園鉄道 栗原田町-栗駒
下:2006年3月20日 くりはら田園鉄道 杉橋-鳥矢崎



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/23(金) 00:06:16|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

栗駒山を臨む

どちらかといえば地味な印象のくりでんですが、栗駒山が臨める時はその印象が一変します。まるで白鳥が翼を広げているような雄大な山容はとても素晴らしいです。
栗駒山麓を行くくりでん・・・わっかっちゃいるんですけど、やっぱり無くなるのは惜しいです。

kurikomayama


貨物列車のイベントのひとこま。

kurikomayamakamotu


上:2006年3月20日 くりはら田園鉄道 鳥矢崎-杉橋
下:2006年3月21日 くりはら田園鉄道 沢辺-大岡

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/21(水) 23:51:47|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腕木式信号

くりでんは未だ腕木式信号が残っています。
旅客扱いで残っているのはここだけだったような気がします。
また良き鉄道情景が消えていきます。

udekisawabe



udekikurikoma


テコを操る駅員さん。交換する沢辺は大忙しです。

teko


この光景ももうすぐ見られなくなってしまいます。やっぱり寂しいですね・・・

上:2004年1月6日  くりはら田園鉄道 沢辺-大岡
中:2006年3月21日 くりはら田園鉄道 栗駒-鳥矢崎
下:2006年10月1日 くりはら田園鉄道 沢辺

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/21(水) 00:51:52|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和へ旅をする

くりでんを旅していると、自分がいつの時代にいるのかわからなくなってしまう。駅にいるとそのまま昭和にタイムスリップしていったような錯覚に陥ってしまう・・・

kurikomabentidayo


この味のあるベンチ・・・
ここだけでなく沢辺、若柳、石越にもある。置き場所は無いんだけどなんか欲しいなぁ・・・

sawabeekimae


イベントの時、有志の方がオート三輪とボンネットバスを展示していただいた。説明がなければ昭和の時代を旅しているようだ。
駅の表情がとっても素敵なくりでんの旅・・・

上:2006年3月20日 くりはら田園鉄道 栗駒
下:2006年3月21日 くりはら田園鉄道 沢辺

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/17(土) 23:56:11|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

くりはら田園鉄道によせて

3月でふたつのローカル私鉄が廃止になります。
鹿島鉄道とくりはら田園鉄道。どちらも地味だけど魅力あるローカル線です。鹿島鉄道はなぜか訪れた事はありませんが、くりはら田園鉄道は何回か訪れています。春と秋、そして正月に・・・
もう一回、もう一回お別れをいいに訪れたいんですが、ちょっと無理のようです。魅力的なローカル線が消えるのはほんとうにつらいです・・・

kurikomaekityou


2006年3月21日 くりはら田園鉄道 栗駒

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/17(土) 00:05:42|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早春の特雪

今年は異常なまでに雪が少ないですね。なんでも新潟は例年の2%とか・・・そうはいってもここ何日かは結構降ったようで入広瀬の積雪も1mを越えました・・・
それでも冬季体制が解除される今頃(おそらく3月20日頃)に特雪が出動したのが一昨年です。確かこの年は只見線の復旧特雪が走った年ですね。

harunotokuyuki


3月15日です。今年も2月21日に出動しましたが、雪の量が全く違いますね。これが普通なんでしょうかね?

harunotokuyuki2


現役の排雪列車・・・季節はどうであれ力強く美しい・・・

2005年3月15日 只見線
上:入広瀬-柿の木 下:柿の木-大白川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/15(木) 22:16:02|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

迂回ワム

ちょっと不謹慎かな?と思いつつ2年前の磐越西線の迂回ワムは何回か撮影に出かけました。幹線を走る長大な貨物列車もいいですが、ローカル線をゆく貨物列車もなかなかいいものでした。
雪晴れの磐梯山をバックに猪苗代路を行く。

ukaiwamu1


この年は確か3月に予定されていた只見線のSL運行が中止になって猪苗代に流れてきました。
後追いも様になりますね・・・

ukaiwamu2


上:2005年3月6日  磐越西線 川桁-猪苗代
下:2005年3月21日 磐越西線 翁島-猪苗代

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/14(水) 23:43:21|
  2. ローカル線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

夜明け前2

薄紫がかった薄明の空をバックに、一番列車が発車する。
夜明け前のしじまが一瞬切り裂かれる・・・しかしそれもすぐに戻った。列車が去ったあとも僕は静寂の音を聴いていた。

422dmiyasita


2007年2月22日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/13(火) 22:44:22|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらば!京成モ二!

最近、ちょっとネタ鉄入ってるなぁ・・・なんて思っていますが、これは現役です。実際作業もしていたわけで・・・なんて言い訳してます。
実際この京成電鉄のモニ20系、今まで追っかけたこともなかったんですが周りの声にあおられて出撃してきました。
ただ、こういう車両が現役を退くってわかっていても寂しいですね。時代の流れなんでしょうが・・・

レールを積んでいます。現役ですよ!

moniinage


ちはら台でのレールの降ろし作業。結構同業者がいました。

monitiharadai


回送。大森台で交換があります。その4分の停車時間では撮影会状態。
サービスなのか、テールを消してヘッドライトを点灯してくれました。

monooomoridai


このあと、モニは発車していきました。つわものは高砂まで追っかけたそうですが僕はここで終わり。船橋で反省会と相成りました。
大森台はトンネルのようなつくりです。発車の時の吊り掛け音があたりに木霊して闇に消えていく様を見送りました。なんかちょっと寂しい気持ちになりました。
「さようなら・・・長い間お疲れ様でした。」

2007年3月10日
上:京成電鉄千葉線 稲毛-みどり台
中:京成電鉄千原線 ちはら台
下:京成電鉄千原線 大森台

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/12(月) 21:25:31|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

海を臨む

房総半島へ海を見にいった。
少し早い春が迎えてくれた。海の青と菜の花の黄色に挟まれて風っこが走り抜けていく。海を臨む旅、春を探す旅・・・

kazekkoumi


まるで青き海を渡るような・・・海を臨む旅・・・

kokutetuirominato


上:2007年3月10日 内房線 佐貫町-上総湊
下:2007年2月12日 内房線 上総湊-竹岡

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/11(日) 23:11:53|
  2. ローカル線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

大地に光を!

冬に会津平を撮影していると、どうも同じようなカットになってしまうような気がする。雪原がメインとなるからか、自分のボキャブラリーの無さにいやになってしまう。だからもっと光がほしい。単調な風景もドラマティックに演出してくれる・・・

aidutairausubi


霧か雲か・・・空一面に覆っていたものが一瞬薄くなり、弱いながらも光が差した。

2006年3月14日 只見線 新鶴-根岸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/09(金) 23:13:59|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

運転業務

毎度の事ながら駅員さんのの運転業務が大好きで、尊敬の念を抱いてみています。歳がばれますが、1981年の夏に北海道周遊券での旅で各地で見た光景に感激した。特に名寄本線の元紋別。小さい駅だが駅員さんがいた。友人の実家の元紋別に滞在し毎日列車の来る時間にその光景を見に行った事を覚えています。
それから20年ほどたったある日、会津宮下で見た情景に釘付けになり、そんなのも只見線に嵌った原因であるのかもしれません。

只見線に故郷を求め、鉄道情景を求める。少年の頃の憧憬を探す旅はまだまだ続いていくだろう・・・

kawagutiuntengyoumu


2004年3月4日 只見線 会津川口

※入場券購入の上、許可を得て撮影しています。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/08(木) 23:41:27|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

そういや去年は・・・

そういや、去年の今頃って只見線は会津坂下までしか動いていませんでした。それでも温泉とおふくろを求めて何回か会津平へ行ったものです。そして以外な一面を垣間見たり、新鶴温泉の偉大さを認識したり(^^;;;、意外と楽しめました・・・

aidutairahowaitoauto


ホワイトアウトしたはずの会津平・・・
一瞬吹雪が治まり、列車が浮かび上がった。

2006年2月17日 只見線 根岸-会津高田

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/07(水) 23:21:00|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧の朝

oosiojk


霧にけむる朝、いつもの日常が始まった。

takizawatikuteio


霧が晴れたのは423Dが大塩を発車した頃だった。

2007年2月22日 只見線
上:会津大塩 下:会津大塩-会津塩沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/06(火) 22:17:24|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セピア色の夕景

夕方、西の空には薄い雲がかかる。あたりは茜色というよりセピア色に染まった。

nisitomiyuukei


クライマックスともいうべきこの夕景、もう見られないかもしれない。なんでかわからないが無性に叫びたくなる衝動にかられた事を覚えている。

toyozumiyuukei


でも、このような夕景に出会えた事を感謝しています。

2006年2月28日 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線
上:西訓子府-西富 下:豊住-置戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/05(月) 22:12:16|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

十勝晴れ

2月の最終日。北の大地にも春の足音が聞こえてきていた。
凍っていた利別川の川面がすこしだが溶け出していた。

hyouketu


そして鮮やかな十勝晴れの1日になった。
十勝晴れ・・・なんて素晴らしい青空よ!!

tokatibare


足の痛みも忘れ、子供のように沿線を駆け回った・・・

2006年2月28日 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線
上:陸別-薫別 下:上利別-笹森

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/04(日) 22:45:56|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晴れの予感

この日はイマイチ冷えこまない日だった。
早朝帯広の宿を出て陸別を目指す。星は出ていたがまたたいていない。
実際そんなに寒いと感じなかった・・・

rikubetuhakuenn


気温はマイナス10℃ちょっとだったような気がする。それでも一番列車が白煙をたなびかせて発車していった。陸別の谷間にはまだ日が差していない。それでも今日1日、撮影日和になりそうな予感がした。

siohoro


陸別を出た列車が置戸で折り返してくる列車を塩幌の先の雪原で狙った。予感の通り日が差し込んできた。夢中で歩いていると雪の下のつるつるの氷に滑り転倒し足を強打。かなりの痛みに顔を歪めた。しかし痛みを忘れるほど清しい光景だった。バックの白樺の林が美しい・・・

この日1日、足を引きづりつつ撮影をしていた。でも不思議と苦痛を感じていない。銀河線と真剣に対峙している事の嬉しさ、楽しさ・・・ひとときも無駄にしたくなかったんだと思う・・・

2006年2月28日 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線
上:陸別
下:塩幌-西一線

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/03(土) 23:24:28|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の朝

早朝、目が覚めたら除雪ハイモが車庫に格納されるところだった。
雪はまだ降っている。結構降ったらしい。

haimo


雪も小降りになり、陸別を出る一番列車置戸行きに運転士さんが乗り込む。

hassyamae


そして発車。一晩停泊していた為、屋根に積もった雪を振り落とすように、遅れることなく定時に発車していった。

yukiotosi


ある雪の朝、いつもの日常の一日のはじまり・・・
また、こんな朝を過ごしてみたい・・・

2006年3月2日 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線 陸別
一枚目の写真は「オーロラハウス」の部屋から撮りました。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/03(土) 00:32:56|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

十勝の原野を臨む

風は冷たいが陽射しは暖かい妙な天気だった。
雪も少なくちょっと消化不良気味に彷徨っていたところある場所の尾根に全く雪が無い事に気がついた。仲間うちで通称「西一線俯瞰」と呼ばれていた尾根だ。カメラを片手に登る事10分余り、振り返ると十勝の原野が目の前に広がった。

nisiissen


結構広い範囲を見渡せたが、国道と併走しているので車が来ないことを祈って列車を追っていた。

nisiissenhoukai


バックの崖、崩壊した後なのかはわからない。ただその下にはごく当たり前のように利別川が流れている。なんかダイナミックな情景だ・・・

2006年2月28日 北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線
上:塩幌-西一線 下:西一線-愛冠

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/01(木) 21:52:23|
  2. North requiem ふるさと銀河線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する