さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

21世紀の奇跡・・・

iidumeki100

この運転は、定期列車や臨時列車ではなく、チャーター運転だ。
しかし、チャーター運転であっても、この編成が雪を蹴散らして本線上を運行するのは、正に21世紀の奇跡であると思う。
押している機関車はDD352、ストーブ列車をはじめ、今も活躍する正に現役の車両だし・・・。

昭和の私鉄の情景が、今ここに蘇った。こうして運行する事ができるようにメンテナンスしている津軽鉄道には、最高の評価をしたいと思う・・・。

雪と闘う・・・
かつては、こうした除雪列車が線路を守るべく、各地で活躍していた。
この列車の姿は、人々の重要な足である鉄道を守る鉄道員(ぽっぽや)の誇りが垣間見れるように思う・・・。

2016年2月7日 津軽鉄道 津軽飯詰-毘沙門




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/09(火) 22:45:57|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬が来る・・・

iiyamasiyuki

各地で雪の影響で大変な事になっている。近年、12月に大雪が降って、1月2月にそんなに降らないというt歩ぢが続いているように感じる。特に今年は雪の便りが早く、又多いように思う・・・。

最近は雪の便りに疎くなったように思う。各地で走っていた排雪列車も数少なくなり、仕事の影響もあってあまり撮影にいかなくなったというのも影響しているんだと思う。雪に挑み、闘う機関車の姿に魅了されてよく撮影をしにいったっけ・・・。

秋も終わり、初秋の趣になる頃は、そんな排雪列車の試運転が始まる。そんな便りを聞くと、いよいよ雪のシーズンだなぁ・・・と思ったものだ。最近では、札幌市電にササラ電車のニュースをテレビで見るくらいだ・・・。

ただ、やはりこういった機関車は雪の中での姿に感動するのであって、試運転はなぁ・・・なんて勝手な事を言っていたように思う。それでも考え方によっては、晩秋から初冬の季節感の中を走る姿も乙なものだ・・・なんて思ったりもした。
そういった意味では飯山線の試雪は撮影していても楽しかったように思う・・・。
ここの排雪列車は未明の暗いうちのスジだったので、余計にそう思ったのかもしれない。

2008年12月3日 飯山線 戸狩野沢温泉-上境

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/19(金) 12:16:21|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軌道を守る・・・

sasara

未明に降った雪から軌道を守るべく、早朝にササラ電車が出動した。
ササラ電車の「ササラ」とは、車体前面につけられた竹製の箒(ブルーム)で、これを回転させて軌道上の雪を排除するもので、正式には「ロータリーブルーム式電動除雪車」という。(Wikipedia参照)

比較的雪の少ない函館だが、それでも北の路面電車にはかかせない車両だ。特に函館のササラ電車は昭和12年製造の古豪でもある。そんな昭和初期の車両が21世紀の今、函館の軌道を守っている・・・。

ササラを回転するだけとはいえ、旗から見ているとなかなか迫力がある。いつまでも走り続けて、函館の軌道を雪から守ってほしい・・・。

2013年2月11日 函館市企業局交通部 青柳町

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/25(火) 22:21:11|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

老雄は死なず・・・

bisyamonki100

かつて国鉄で194両製造された事業用貨車(単線用鋼製ラッセル除雪車)のキ100は、今なお現役車両として3両が現存している。3両はすべてが青森県の私鉄で所有されているというのも非常に興味深く感じる。
津軽鉄道のキ101は昭和43年に国鉄から譲渡された。国鉄時代の形式はキ120である。
キ100は現役時代の写真でみると、どれも蒸気機関車に押されている。今は弘南鉄道では凸型電機、津軽鉄道ではDLだが、実際に目の当たりにしてみるとELやDLに押されて運用されるのが不思議としっくりとしていると感じている。もちろん蒸気機関車で運用されるのも見てみたいが、(只見線あたりでC11に押されるシーンも見てみたいけど)やはり現役のオーラを出しているシーンが魅力的なのかな?と感じている。

二条の鉄路を守るべく、雪と闘う機関車と除雪用貨車の姿を見ていると、全身の血が逆流してくるような・・・。そんな感覚に陥ってしまう・・・。

2014年2月2日 津軽鉄道 毘沙門-嘉瀬

[老雄は死なず・・・]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/08(土) 23:38:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極北のラッセル 3

toyotomio-ba-kurosu

未明からの雪はあまり積もらなかった。ただ北海道の雪は軽く、フランジャやウィングにすこしでもかかれば大きく舞い上がっていく。そんな光景も北海道のラッセルならではでないかと思う。
どうも宗谷ラッセルを通われている方々はこのくらいでは満足しないとも聞く。ということは満足いくシーンってどんななんだろう・・・。
実際見てみたいとも思うが、そうなったらまたまた泥沼に嵌りそうだ・・・(笑)

2011年2月19日 宗谷本線 豊富-下沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/06(水) 21:22:21|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極北のラッセル 2

yuutio-ba-kurosu

朝方から雪が降り出した。粒が大きいちょっと極北らしからぬ雪だった。
それでも雪はみるみる積もる・・・。視界も遮られるような雪の中、かすかにエンジン音が聞こえて来る。
来た・・・神経を集中してファインダーを覗く。案の定カーブの奥はピントも合わず撃沈。慌ててワイド側にズーミング・・・。
極北の地にしては重い雪だったんだろう、イメージ通りとはいかなかったけど、それでもラッセル初心者の自分にとっては満足いくシーンが撮れたと思っている・・・。

2011年2月19日 宗谷本線 抜海-勇知

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/03(日) 23:20:36|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極北のラッセル

otoineppu

最果ての鉄路を雪から守るラッセルがいる。未明に走るラッセル車のそれは、神々しいまでに美しい。
この日は降雪量も少なく比較的楽な行程だったのだろう、激闘の後という感じは見られなかった。
それでも未明の音威子府駅はドラマを感じる。名寄から休む事なく走ってきた機関車の状態をチェックするべく機関車の点検に余念がない。鉄路を守る機関車とそれを守る男たち・・・。荘厳なまでのドラマを感じる。

otoineppuhassya

実際撮っている間、あまり寒さは感じていなかったが、発車する機関車のエキゾーストが白くなっていた。
稚内まではまだ距離はある。鉄路を守る旅路はまだまだ続く・・・

2011年2月19日 宗谷本線 音威子府(2枚とも)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/28(木) 21:06:29|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ササラ電車が往く

soumarigou

雪国を走る鉄道にとって、除雪というのはついて離れない問題であると思う。
比較的雪が少ないといわれている函館の街でも、一度降り出せば一気に軌道を隠してしまう。最近は除雪機能のあるトラックを使用する事が多いと聞くが、それでも降雪量が多いとササラ電車の出動となる・・・。

今、ササラ電車は北国の路面電車、函館と札幌のみに残る。函館市電で使用されているのは、都電の前身である東京市電気局の車両を改造した物で、この電車は昔、東京の街を走っていたものだ・・・。
そんな事を考えながら待っていたが、なにか感慨深いものがある・・・。

2013年2月11日 函館市企業局交通部 大町-末広町

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/16(土) 20:17:02|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

始発前・・・

hakodateekimae

ひっそりと静まる早朝の函館の街は前夜から未明にかけて降った雪が路面の線路を隠していた。
市電の始発まではまだ少し時間がある。そんな時間に、ササラ電車が軌道の雪をかき分けていった。

ここにも雪と闘う名脇役がいた・・・

2013年2月11日 函館市企業局交通部 松風町-函館駅前

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/02/15(金) 00:18:31|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モノクロームラッセル

rasserumonokurro

何回も書くけど、やっぱりこの光景は21世紀の奇跡だ・・・。
これが未だ現役で鉄路を守るべく雪と闘っているという現役のオーラ・・・。
「午後から出るよ」と教えていただき沿線をロケハンしわくわくして待っていた。雪を蹴散らし進む姿は小さいながらも迫力がある。

モノクロームにしたら昭和の雰囲気でるかな?と思いやってみたが、キ100ってもともと黒いから・・・
あまり変わらないかな?(笑)

2011年1月10日 弘南鉄道弘南線 津軽尾上-柏農高前

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/02/20(日) 21:00:00|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する