FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

春は続くよ・・・

sourisakura

神戸から一気に高度を上げるわたらせ渓谷鉄道、長いトンネルを抜けると季節がちょっと逆戻りする。
まだ咲ききらない桜が多い中、まぁ7分くらいかな・・・という桜を狙って撮ってみた・・・。
正に桃源郷の春爛漫といった神戸からわずかひと駅、ようやく春本番を迎える前に戻ったようだ。

渡良瀬の春はまだ続くよ・・・

2019年4月13日 わたらせ渓谷鉄道 神戸(ごうど)-沢入

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/04/17(水) 20:43:04|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桃源郷

tougenkyou

花桃に包まれたような神戸(ごうど)駅。人ごみは苦手なんで避けてはいたが、どうもはなもも祭りは先週で終わっているようでさほど混雑もしていないだろうとタカをくくって行ってみたがやはりいいものはいい!という事なのか結構な人と車に圧倒されて駅には立ち入らず、ちょっと離れたところ(ここも所謂お立ち台だが)へ。もう終わり近いと聞いていたがそれでも花桃が咲き乱れる様は壮観で、桜も満開とあっては足を止めて撮影をしてみた。

列車を待つ間、咲き乱れる花桃をボーっと見ていたが、いくら見ていても飽きずになんか優しい気持ちになっていくような感じだった。
こういうのが桃源郷なのかなぁ・・・。
そう、正に桃源郷。実際に見た事はないけど、思いを巡らせるのは自由である・・・。

2019年4月13日 わたらせ渓谷鉄道 神戸(ごうど)-沢入


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/04/16(火) 20:45:36|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜晴れ

hanawasakura

「花曇り」という言葉があるように桜が咲く頃の天気は曇る日も多くある。
天気も周期的に変わる事が多いのか、どうも曇りの周期の泥沼に嵌ってしまう事が多いように思う。
花曇りは春の季語にもなっているからそういう情景を・・・とも思うのだが、やはり蒼い空をバックに咲く桜の時のモチベーションにはかなわない。やはり淡いさくら色は青空によく似合うように思う。

透きとおるような青空、正に「桜晴れ」の日、渡良瀬の桜が映えた一日であった・・・

2019年4月13日 わたらせ渓谷鉄道 花輪-中野



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/04/15(月) 19:19:12|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらいろの町

mizunumasakura

桜前線も南東北の平野部まで上がっていき、北関東では山間の里にまで達してきた。
わたらせ渓谷鉄道沿線は正に桜の郷、駅や沿線によく桜を見かけるからそう思うのだろう。又南北に長く走っている上に標高差も結構ある路線なので、適当にあたりをつけて行ってみても、どこかはだいたい見頃になっているという印象がある。1年前は神戸以南はほぼほぼ終わっていたが沢入までいくと満開だった記憶もある。この日は大間々のカーブから始まって神戸まで広い部分で正に見頃で、撮影しながら北上していったのだが、なかなか神戸にまで達しなかったほど・・・。

水沼は駅周辺の線路際や近くの公園にたくさんの桜の木が植えられていて、それが満開。たくさんの人が桜を愛でていた。
こうして眺めていると、正にさくらいろの町・・・。町全体がさくらいろに染まったようであった。

2019年4月13日 わたらせ渓谷鉄道 水沼-本宿

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/04/14(日) 16:47:00|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜が咲いたよ・・・

asiosakura

咲いた、咲いた、
桜が咲いた・・・

山間の駅にも桜が咲いた・・・。
素朴な駅も華やかになった・・・

2018年4月7日 わたらせ渓谷鉄道 足尾

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/09(月) 22:54:59|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤銅色の列車

sourihukin

わたらせ渓谷鉄道の列車の色は、茶色ではなく赤銅色だと聞いたことがある。たぶん足尾銅山の銅の色をイメージしたものなのだろうか?
この色は写真家泣かせで鉄道風景写真の中で鉄道の存在感を出すのに苦労する。光を選ばないと厳しいなとも思う。
それでもこの色、子供の頃に見た旧型国電や旧型客車の色をイメージさせてくれて自分的には結構好きな色だ。

満開の桜の中、赤銅色の列車が一気に駆け抜けていく・・・

2018年4月7日 わたらせ渓谷鉄道 神戸-沢入

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/07(土) 22:31:47|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花咲く駅

kamikannbai

枝垂桜がきれいなこの駅の構内はいつも花で溢れているようだ。
美しい花は、花そのものの美しさだけではなく、そこにこめられた人の想いがあり、その思いが如実に表れると思う。

そんな想いのこもった花が、降り立つ旅人を迎えてくれる。
ほんのりと優しい気持ちになって降り立つに違いない・・・。

2016年4月10日 わたらせ渓谷鉄道 上神梅

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/12(火) 23:22:49|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さくら色・・・

masaka

間に合った・・・
比較的咲きが早かったこの場所に着いた時に思わずそう思った。さすがに散り始めてはいたものの、なんとかボリューム感はまだ十分だったと見えた。望遠レンズで見てみると結構散っているのもわかる。それでも・・・
そう、やはりさくら色は素敵だ。春のイメージは、この色を置いてないだろうとも思う。春のイメージもまたさくら色なんだ・・・。

わたらせ渓谷鉄道はこの時期さくら色に染まったかのように、沿線では見事な桜が各所で見られる・・・。
この日は沢入まで桜を楽しむ事ができた・・・。

2016年4月9日 わたらせ渓谷鉄道 上神梅-大間々

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/11(月) 22:58:09|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の道

watetuoomama

この日の朝、桜の便りが届いた。まだ早いと思っていたわtらせ渓谷鉄道からのそれだった。朝の時点で、もう少しという事だったが今日の暖かさで昼過ぎまでには一気に開花するんじゃないか・・・。そう感じて真岡鉄道の久下田から車を走らせた。この場所はわ鉄でもかなり有名なお立ち台であるが、実は自分は行った事がない。それでも大間々まで行けばなんとかなるかな?と思い、あとは地図を見てそれっらしい感じのところに目星を付けて言ってみたら「ビンゴ!」だった。撮影R地としては比較的広い方だと思ったが、立ち位置によって随分と印象が変わる。先客が数名構えていた場所からちょっと下がって構えてみた。

桜のトンネルを抜けてくるようにやってきたローカル列車。ただ時間的に正面に日が当たるのがごくわずかで、そこをピンポイントでシャッターを押した・・・。
やっぱり満開の桜を見ると胸が一杯になる。青空の下、これでもか!と春を謳歌する桜の花を見て、しばし見とれていた・・・。

2015年4月2日 わたらせ渓谷鉄道 上神梅-大間々

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/04/05(日) 22:02:41|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斜光線

konakayuukei

晩秋の斜光線は、なんというのか独特の雰囲気がある。所謂「エロい」と仲間内では呼んでいるが、正にそう表現するのがぴったりだと感じる・・・。

秋の日は釣瓶落としとは言ったもの。特に山間を走る、わ鉄ではそれを実感する。数分前までは輝いていた二条の鉄路もあっという間に陰ってしまった。光が当たっている所もどんどん狭くなってくるが、その分日が当たっている所が陰に浮かびあがるような印象的な光景になった・・・。

秋の斜光線は実にドラマチックである・・・。

2014年11月27日 わたらせ渓谷鉄道 神戸-小中

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/12/01(月) 22:57:23|
  2. わたらせ渓谷鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する