さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

早春の海のよう・・・

hiroto

どうみても3月下旬のような光景だが、撮影は1月4日・・・。
北海道以外では雪が少ない冬が続いているが、このあたりは雪が少ないというより、雪が無い・・・。
いつもの年なら横っ面をたたくような強い西風も吹かず、海も冬ではなく春の海のようだ・・・。

穏やかな天気は歓迎されるはずなのだろうが、その季節ならではの情景を求めている自分は、やはり無責任な旅人なんだと改めて感じた・・・。

2017年1月4日 五能線 追良瀬-広戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/10(火) 23:03:40|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西津軽の蒼い海

hiroto

冬の日本海の荒々しさを見ると、同じ海でもこんなに表情が違うのかと思う。日本の四季は、季節毎の表情がはっきりしているからそれも当然だとは思うのだが、それでもここまで・・・という思いだ。
海は空の色を映すんで、晴れ間の少ない時期の日本海が鉛色になるのはわかるのだが、夏に曇ったり雨が降ったりしても、あそこまでにはならないだろう。とにかく冬にこの場所で見た表情との違いから、この海の蒼さが眩しいくらいに見えるのだ・・・。

そんな事を考えながら過ごしていると、遥か岬の海岸沿いにローカルがやってきた。青系の色の中に、タラコ色が映える・・・。

西津軽の蒼い海に吸い込まれてしまうような・・・。そんな夏のひとときであった。

2015年8月6日 五能線 驫木-追良瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/18(火) 23:02:43|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

りんごの実が実る頃・・・

oiwakiyamaringo

「そういえば、リンゴが実る頃だよなぁ・・・」
自分はリンゴの花や、実がなる光景が好きで、信州でも会津でもそんあ光景を追っていた。ただ津軽のリンゴはスケールが違う。2年前の春に一面を真っ白に染めるリンゴの花を見た時、次は実りの時期だと思っていた。一昨年、訪れては見たものの終日雨・・・。リンゴの実る様は見事だったが、岩木山は隠れたままだった・・・。

あれから2年。ふとしたきっかけで、青森行きを決めたものの、その理由のひとつがなくなって途方に暮れていた時にふと思った。そうだ、リンゴの実と岩木山、このコラボを見に行こう・・・。
滞在は2日、前日は曇りで残念な結果だったが、久しぶりに五所川原の呑み屋さんで気持ちよく酔い、天気予報を信じて朝を迎えた。南の方に広がる雲がちょっと気になるが晴れている・・・。

藤崎カーブに着くと、岩木山がどっしりと鎮座していた。朝早くから仕事をしている農家の方に挨拶をしてカメラを構える。ちょっと冷たい風が逆に気持ちいい。リンゴはちょっと早いかもしれないけど、生りっぷりがいい木と岩木山のバランスを考えてカメラを構えた・・・。

リンゴの実が実る頃、秋の空気の冷たさに身を任せて、この光景を満喫する。
リンゴの実と岩木山と五能線・・・。真青な秋の空の下、津軽の秋を体いっぱいに感じていた・・・。

2014年10月5日 五能線 藤崎-川部

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/10/07(火) 23:28:12|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

驫木・夏

todorokinatu

見るだけで旅情をかきたてる駅・・・。驫木駅はそんな駅だと思う。
ポツンとたつ木造駅舎とバックには日本海が拡がる・・・。他には何もないが、1日ここで過ごしても飽きる事がないような・・・。そんな駅・・・。

もう夕方に近い時間だが、夏の太陽はまだ高い。夏らしい強い日差しが海に反射する。
そんな時間にローカルが到着。降車したお客さんがひとり。家路を急ぐその姿になぜかホッとした。駅にはやっぱり人が似合うようだ・・・。

2013年8月6日 五能線 驫木

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/17(土) 23:54:30|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏休み

natuyasumi

まるでプライベートビーチのようなこの場所で海水浴に興じる家族がいた。聞けばお母さんの実家がこのそばの驫木の集落にあって夏休みに帰省しているという。こんなロケーションで泳ぐなんてそうそう経験できないだろうな・・・。そう思って家族を見ていた。

夏休み・・・。なんかとても懐かしい響きがする。子どもの頃の夏休みの想い出とか、イメージとか・・・。
雄大な塩見崎の海岸で思う存分海水浴を楽しんでいると遠くにリゾートしらかみがやってきた。子供達にはどういうふうに映って、そしてどういう想い出になっていくのか・・・。
余計なお世話かもしれないけど、なぜかとても気になってしまう・・・。

2013年8月6日 五能線 追良瀬-驫木

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/16(金) 23:22:03|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茜色に染まる・・・

iwadateyuukei

雲の切れ間から落陽が臨み、あたりは神々しいまでの光景になった。太陽は唯一の光源、その効果の凄さ、素晴らしさを痛感したのは、昼間の天気のせいだったんだろう・・・。
ただ、そういう時間には列車は来ないもの。列車の通過予想時間は日没時間の10分くらい後だった・・・。

それでも、昼間にあれだけ悩ましてくれた雲たちがあたりの情景をドラマチィックに演出してくれた。
沈んだ太陽の残照をあびて、ほんの少しの間、あたりは茜色の染まった・・・。そして静かな日本海もその空を映して茜色に染まっていた・・・。

列車も目立たないくらいになってしまったが、僅かに残るテールライトが旅情をそそる・・・。

2013年8月5日 五能線 あきた白神-岩館

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/15(木) 20:14:52|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の日本海を臨む・・・

siomienkei

冬の日本海のイメージからするとなんか拍子抜けするくらい、まるで湖のような日本海・・・。
それでも五能線には目一杯の日本海がよく似合うと思う。春夏秋冬それぞれの表情を見せてくれる。
天気がイマイチで、真っ青な海とはいかなかったが、雄大な海をみての列車待ちはとても気持ちがよかった。

2013年8月5日 五能線 驫木-追良瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/14(水) 23:49:18|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国境を越える・・・

oomagosibuna

国境の長いトンネルを越えると、雪国だった・・・
有名な書き出しで始まる雪国もそうだ、とにかく峠を越える、国境を越える鉄道になぜかとても興味をそそられる。ただ国境や峠超えはそれぞれの国の文化圏の違いから地域間輸送というよりどちらかというと都市間輸送がメインとなるんだろう。それ故、信越本線の碓氷峠超えのように新幹線が開通するとその役目を終えたかの如く伝説となってしまう・・・。
只見線の会越国境とか、奥羽本線の雄勝峠超えとか、すっかり寂しくなってしまった所が多い。確かにそうした所は人家も見えない山深い峠を越えていく・・・。

国境超えのイメージは山、山間、峠だと思う。ただ海沿いの路線で国境越えを感じる路線がある。五能線だ。
羽後と陸奥の国境あたり、岩館-大間越は駅間距離が約10㎞、人家もほとんどない荒涼な海岸線を走る。このあたりの光景を見ていると国境を越えるという壮大なロマンを感じてしまう・・・。

写真の場所は岩館を出て最初の集落の大間越を越えて走るリゾートしらかみ。
国境越えの地ではないが、最果ての国境越えを感じさせる光景である・・・。
そんな浪漫あふれる想いを馳せて列車を待つのもまた一興である・・・。

2012年1月6日 五能線 大間越-白神岳登山口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/04(金) 22:57:30|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発車を待つ・・・

iwadate

まだ寝静まっている集落の中、駅だけが眩しいくらいに明るくなっている・・・。
ビームがハイビームとなり粛々と発車を待つ・・・。二条のレールを照らすその様は、これから始まる旅路の行方を照らしているようだ・・・。

2012年1月6日 五能線 岩館

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/03(木) 23:24:01|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒼き時間を往く・・・

iwadateyoakemae

航海薄明・・・肉眼でもあたりの様子が見えるようになった。あたりは蒼く染まっていく、所謂ブルーモーメントの時間帯だ。この時間帯、青ではなく蒼く染まる時間の美しさは幻想的で荘厳であると思う。
潮騒の音を聞きながら静寂の時間を過ごす。列車は突然鉄橋を渡る轟音と共に姿を現す。しかしそれも一瞬の事で、列車が走り去るとまた潮騒の音だけが自分の耳に入ってくるようになる。
そんな余韻に浸っていると少しずつあたりが明るくなっていく・・・

2012年1月6日 五能線 岩館-あきた白神

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/02(水) 23:49:25|
  2. 五能線旅情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する