さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

渓谷を往く

keikoku

国鉄時代の樽見線は実は途中の美濃神海(現在は神海)までしか開通しておらず、第3セクターへ移行された後に神海-樽見が開通した。確かに神海を過ぎると規格が新しくなっているのがわかる。
樽見鉄道は根尾川を縫うように渡り、第1から第10まで根尾川橋梁がある。国鉄樽見線時代は前回の第1と第2だけ。あとはすべて新線のもの・・・。

神海をすぎると樽見線は山の中を走る。引きがとれる場所が少なく結局新しい鉄橋で構えた。新しい規格の線路で、まっすぐつっきるような線形からか、列車はあっという間に過ぎていった。鉄橋を渡る轟音は一瞬で、列車が過ぎると渓谷のせせらぎと、降ってくるような蝉時雨があたりを包み込んだ・・・。

2011年7月18日 樽見鉄道 日当-鍋原(たぶん・・・)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/06(金) 22:53:17|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鮎釣りの夏 2

ayuturi2

鮎の友釣りは特殊な釣りで、縄張り意識の強い鮎の習性を利用し、おとり鮎を泳がせ、攻撃してくる鮎を引っかけるyおうな釣りでsる。釣りに対しては詳しくはないけれどミミズをつけて浮きの動きを見てといったフナくらいしかやったことがない自分でも特殊な釣りであると思う。また、鮎は初夏から秋がシーズンで禁漁期間もあり夏の風物詩の釣りでもあり、被写体として実に魅力を感じる。
短い鮎のシーズンを思い切り楽しむ太公望たちは、季節の風物詩を追い求めて西へ東へ駆け回る自分たちと似た心境なのかな・・・?ふとそんな風に感じた・・・。

国鉄時代の遺稿たるこの鉄橋、堂々たる様に見惚れるばかりだった。かつては蒸気機関車牽引の列車やキハ20系も渡ったんだろうな・・・。そんな事に想いを馳せて川を渡るそよ風に身を任せていた・・・

2011年7月18日 樽見鉄道 木知原-谷汲口

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/03(火) 22:33:13|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鮎釣りの夏

ayuturi

鮎釣りというと不思議と濃尾平野あたりの長良川や揖斐川、木曽川あたりを思い浮かべるのは、毎年7月にこの辺りを訪れているからだろうか?一昨年とか長良川鉄道を訪れた時も賑わう鮎釣り師たちと列車を絡めたくて躍起になっていた。夏の風物詩のイメージとして鮎釣りってのが頭にあるからだ。矢口高雄の漫画の影響もあるんだろう・・・(でも舞台は東北ですが・・・)
川に入り、長い竿を操り鮎を追う・・・。夢中に鮎を追う太公望たちの夏は永遠に続いていくようだ・・・。
そう、鮎釣りの夏は終わらない・・・。

2011年7月18日 樽見鉄道 谷汲口-木知原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/01(日) 23:01:35|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長良川夏景 6

akaike

空の色が映るくらいの清流は涼しげな流れが続く・・・。川面を渡る風も心なしか心地よく感じる。
長良川の夏は永遠に続くようだ・・・。長良川の夏は終わらない・・・

2010年7月19日 長良川鉄道 赤池-美並刈安

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/21(木) 21:00:00|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長良川夏景 5

aioi

長良川の清流を縫うように走る長良川鉄道。晴れていると川の色も空色に染まるようだ。
えんじ色の車両が、青と緑の夏景の中、見事に映える・・・

2010年7月19日 長良川鉄道 相生-深戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/20(水) 21:00:00|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長良川夏景 4

akaike

長良川の清流にボートを浮かべて流れにのる・・・。なんていうスポーツなのか失念したが、これも夏の長良川の風物詩。ちょっと流れの速いところでよく見られた。涼しそうとは思うけど・・・。自分は泳げないんでパスですね(笑)

2010年7月19日 長良川鉄道 赤池-深戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/19(火) 21:00:00|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長良川夏景 3

ayuturi2

長良川の清流を眺めていると、心なしか涼しく感じる。川面を渡る風が涼しげなのか?奏でるせせらぎの音が鈴繁なのか、でも実は、缶ビールがほしくなるくらいの暑さだった・・・。

2010年7月19日 長良川鉄道 山田-自然園前
  1. 2011/07/18(月) 21:00:00|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長良川夏景 2

ayuturi

長良川の夏は鮎釣りの夏。清流に踊る若鮎を狙って長良川に発つ太公望達の光景は、夏の風物詩だ。
列車が鉄橋を渡る音に、獲物を狙う釣り人もふと顔を向けてしまう・・・。

2010年7月19日 長良川鉄道 郡上大和-万場
  1. 2011/07/17(日) 21:00:00|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

長良川夏景

nagaragawa1

夏休みの川遊び・・・。自分にも楽しい思い出がたくさんある。
長良川沿いに彷徨い歩いていた夏の日に見つけた川遊びの光景・・・。遠い思い出の中のイメージで、ほんのちょっとほのかたび風に・・・

2010年7月19日 長良川鉄道 山田-自然園前
  1. 2011/07/16(土) 21:00:00|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鮎釣りの夏 2

ayuturi

入道雲が湧き出して、太陽は天空から容赦なく照りつける。清らかな流れに身を任せて一心に鮎を釣る。
郡上八幡は水の町。長良川は鮎の川。鮎つりの夏は終わらない・・・

2010年7月19日 長良川鉄道 山田-自然園前

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/23(金) 21:00:00|
  2. 中京圏鉄道記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する