さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

蒼き屏風・・・

houou

甲斐駒も八ヶ岳も頭にすっぽりと雲がかかっており、ちょっとがっかりしていたが、ふと視線を振ると南アルプスの鳳凰三山がそびえていた。鳳凰三山は、地蔵岳、観音岳、薬師岳を総称した呼び方である。終日あまり光線状態はあまり良くならないし、甲斐駒のような印象的な山容でもないどちらかといえば地味な山だ。それでも地蔵岳のオリベスクもよく見えこうしてみると堂々とした山容は改めて見てもいいものだ。

南アルプスの堂々とした山を見上げると、まるで蒼い屏風のように見える。そんな峰々のふもとを走る小海線は正に高原鉄道である。

2017年2月2日 小海線 甲斐小泉-小淵沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/16(木) 22:44:54|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モルゲンロート

morugenro-to

朝陽に照らされ、頬を染めたような甲斐の山々・・・
そんな光景を見たくて2時に起きて中央道をひた走った。天気は晴れ予報。GPVも北杜市周辺は真黒だった。快晴の予感・・・。そんなイメージを抱いて運転すると不思議と眠気も襲ってこないものだ。
夜明け前、航海薄明の頃に八ヶ岳PAで休憩。星が見える。ただ・・・お目当ての甲斐駒ケ岳や八ヶ岳は雲が覆っていた・・・。
ここまで来たら後には引けないよな・・・。わけのわからない事を呟きつつ時を待った・・・。
雲は流れてはいるものの一向に撮れる気配はない。流れては湧き・・・の繰り返しのようだ。
それでも時間は待ってくれない。東の空は少しづつ明るく、そして群青色から茜色へと変わっていく。そして山から太陽が覗いた。
最初は赤というか朱色っぽく輝く雲が少しづつオレンジ色へ変化していく。少しづつあたりの山々が赤く染まっていく頃、単行のローカル列車が軽やかに駆け抜けていった・・・。

お目当ての甲斐駒ケ岳を望む事は出来なかったが、神々しくも山々を照らすその光景にしばし言葉を失った・・・。
荘厳なモルゲンロート・・・。それが見れただけでも夜走りの疲れは吹っ飛んでいた。

さぁ、モーニングコーヒーでも飲むとしよう・・・

2017年2月2日 小海線 甲斐小泉-小淵沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/15(水) 00:05:17|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七回忌・・・

daika-bu

3月14日、真島満秀先生のご命日だった。あの日から6年、今年は七回忌である。
別に意識して休みを取った訳でもないのだが、酒でも呑みながら家で先制の写真集を穴が開くほど見て・・・
そんな過ごし方を考えていたのだが、やはり真島先生を偲ぶなら、線路際の風に吹かれて想いを馳せるのがいい、場所は真島先生がこよなく愛したといわれる小淵沢の大カーブがいい・・・。
天気が心配だったが天気がどうであろうが、その場所で過ごす事に意義があるんだ・・・そう思って車を走らせた。

冷たい風に吹かれて、持って行った写真集を見たり、いろいろと思いだしたり考えたり、勝手に話しかけたり、ひたすらこの場所で過ごした。
天候はいまいちだったが幻想的な、不思議な光景を見る事ができたのは、真島先生からのちょっとしたプレゼントだったのかもしれない・・・。

最近ちょっと萎んでいた気持ちだったけど、ほんの少しだけ気持ちが晴れてきたように感じた・・・。

2015年3月14日 小海線 小淵沢-甲斐小泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/15(日) 00:15:47|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

秋が深まりゆく・・・

nousagyou

稲刈りが終わって、ハザ掛けが解体される。補された稲は脱穀されていったのだろう。
そんな風に田圃に表情がなくなると高原の秋も一気に深まっていく。広葉樹の紅葉もそうだが、八ヶ岳高原は落葉松が黄金に染まる。田圃の黄金が終わると八ヶ岳の裾野の落葉松が黄金に輝く。あとひとつきもすれば黄金色の森が一気に拡がっていく・・・。

2011年10月10日 小海線 甲斐小泉-小淵沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/08(火) 21:23:13|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ・・・

daika-buyuukei

秋らしい空と雲が美しい夕暮れの時・・・。
ちょっともの悲しいような気持ちになっていく。
僅かに染まった夕焼け雲と群青色の空と凛とした空気・・・。
秋の夕暮れは透きとおるような美しさだ・・・

2011年10月10日 小海線 小淵沢-甲斐小泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/07(月) 00:13:46|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

透きとおるような蒼い空

kaikomaaozora

小海線は空に一番近い路線だからか、秋の空がまるで透きとおるような、抜けるような、そんな蒼い空だった。
秋が最も秋らしい・・・そんな高原列車が往く・・・

2011年10月10日 小海線 甲斐小泉-小淵沢

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/06(日) 00:22:35|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山並みのグラデーション

kaikoma

おなじみの小淵沢の大カーブ。ここから見る甲斐駒ヶ岳の山容が好きだ。
学生時代に見たモルゲンロートに染まるその姿が忘れられないのだ。そしてここから見る甲斐駒ヶ岳は時間の経過と共にその姿が劇的に変わる。光線状態によって見え方が変わっていく。
もう夕方に近い時間になると逆光気味の光線にうっすらと霞んでいくようになる。その山容のグラデーションが水墨画のような趣になる・・・。
秋の光はやっぱり芸術的である・・・。

2011年10月9日 小海線 小淵沢-甲斐小泉

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/10/05(土) 00:47:29|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜明け前・・・

yoakemae

正確には既に日は昇っている時間だろうか。
でも山間を走る鉄路はまだ夜明け前の雰囲気だ。
高原の朝は凛とした冷たい空気が頬を差してくるようだ・・・。
列車の前照灯がなぜか暖かく感じたのは、鉄道が持つ暖かさからなんだろう・・・

2011年11月9日 小海線 信濃川上-野辺山

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/16(金) 23:41:41|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

落葉松の林を過ぎて・・・

uminokutikaramatu

からまつの林を過ぎて、
からまつをしみじみと見き。
からまつはさびしかりけり。
たびゆくはさびしかりけり。

北原白秋のこの詩が好きで、北八ヶ岳を彷徨している時によく口ずさんだものだった。黄金に輝く落葉松を見上げ、時にはふかふかの落葉松の落ち葉の絨毯を踏みつつ歩いた・・・。色々あって頬に一筋の涙をつたわせながら歩いた事もあったっけ・・・。落葉松の金葉の様を見るとそんなことをいつも思い出す。
八ヶ岳とその周辺は若い頃の様々な想い出がつまった場所だ。
そんな想いを大切にして、またここへ来ようと思った・・・。

2011年11月9日 小海線 佐久海ノ口-佐久広瀬

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/12(土) 21:09:07|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金葉の山

hirose

北海道でよく見る落葉松の山が、このあたりでは普通に見る事ができる。山一面が金葉で染まる様は圧巻だ・・・。晴れていればね・・・

来年の宿題決定!

2011年11月9日 小海線 佐久広瀬-信濃川上

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/11(金) 22:49:14|
  2. 高原鉄道小海線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する