さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

DD53ばんえつ物語号 2

oginohumikiri

Sカーブをせり上がってくるような所を臨む踏切でスタンバイ。ここもかなりの人で確か後ろから脚立で抜いたように思う。山の麓へはまだ紅葉は降りてなかったのと杉の木が多くあまり秋っぽくない・・・。
それでもあの時は珍しくそういった事をあまり気にしないで構えていた。SLでは何回も構えている場所なのに不思議とドキドキしていた。
やがて踏切が鳴り、遠くからうなるようなエンジンの音が聞こえてきた。少しずつ大きくなってくる。興奮が最高潮に達する頃、エキゾーストを上げてDD53が姿を現した・・・。

2006年10月31日 磐越西線 尾登-荻野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/22(月) 21:35:44|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DD53ばんえつ物語号

byouse

DD53が客車を牽く・・・。そんな話を聞いて驚いたがなんだかんだ言って撮影に行ってしまった。
試運転にいったのだけど、沿線はものすごい人で早出川の鉄橋は何百人もいたという話も聞いた。平日なのに・・・(笑)朝に只見線を撮っていた自分はお約束の平瀬から。いった当初は人もいなく拍子抜けしたが追っかけが来る来る(笑)
山の上はもう紅葉が盛りになろうとする小さな山間の集落を、轟音を轟かせてDD53が走り抜けていった。
いかにもイベント列車という感じだけど、その時は妙に感動したのを覚えている・・・。

2006年10月31日 磐越西線 鹿瀬-日出谷

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/21(日) 23:42:29|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅員さん奮闘す・・・

くりはら田園鉄道は、タブレットを使用し、又腕木式信号が現役だった。
実際に駅員さんが運転業務を行ってテコを操作する姿を見たのはこの時が最初で最後だったように思う・・・。(学生時代に北海道乗り鉄の旅をした時、見ているとも思うのですが記憶にないんです・・・)

sawabeteko

沢辺駅はここで交換する事が多く、駅員さんは走り回って業務をこなしていた。
安全の確保を人の手と目で行う事の素晴らしさを垣間見る事ができた。素晴らしい鉄道情景が現役だった。

hasiru

この沢辺駅や栗駒駅も今は解体されてしまったと聞く。
若柳の駅で保存活動が行われていて、実際に列車が動態で保存されている。
一度訪れてみたい・・・。そう思っているんだけど・・・。

2006年10月1日 くりはら田園鉄道 沢辺 (2枚とも)

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/18(木) 23:12:08|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋桜の駅

時がゆっくりと流れる小駅の片隅に秋桜が咲いていた。
もうすぐ列車が来る・・・。駅長さんがタブレットを肩に列車を迎えにホームへ歩いて行く。
ゆっくりと、本当にゆっくりと時間が流れていた・・・。

kurikomaekityou

2007年3月の残念ながら廃止されたくりはら田園鉄道。宮城県北の穀倉地帯をトコトコ走る地味なローカル線だったけど、木造駅舎、腕木式信号をはじめとする鉄道情景は素晴らしいものがあった・・・。
当時は遠いよなぁなんて思ってあんまり行かなかったけど考えて見れば津軽よりずっと近い(笑)

kurikomakosumosu

秋桜と駅長に迎えられ、列車がやってきた・・・。

2枚とも
2006年10月1日 くりはら田園鉄道 栗駒

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/17(水) 20:45:44|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

時は流れて・・・

自分が千葉へ引越してきた小学生の頃、総武線は津田沼まで複々線化され東京の地下駅ができ、113系の快速や房総特急が走り出した頃だった。それでも千葉から先の内房、外房、成田線では茶色の旧国がまだ走っていて、千葉駅までよく見に行ったものだった。でも旧国はあっと言う間に113系に置き換えられていった。本当にあっという間だった。
時は流れて今、房総各線から113系が消えた。数年前にいすみに行った時なんかはほとんど113系だったのだが本当にあっという間に113系は消えていった。旧国を追い出したというイメージが濃かった113系だけど、ずっと当たり前のように走っていたスカ色の113系・・・。イベントなんかが行われたというのは本当に時の流れを感じた・・・。

113hukan

この時も何気なく撮ったものだったけど、今となっては貴重な記録になってしまった・・・。

2008年10月2日 外房線 三門-大原

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/26(月) 21:12:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

秋桜の駅

kosumosukuri

集落のはずれにある小駅は秋桜が風に揺れていた。
秋桜は秋を告げる花、この花を見ると秋が来た・・・って実感させてくれる花だ。
集落の人が育ててくれていたんだろうか、くりでん最後の秋を彩っていた。
今は・・・。どうなっているんだろう、秋桜はまだ咲いているのだろうか・・・。

2006年9月30日 くりはら田園鉄道 駅名失念

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/22(木) 23:26:57|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天日干しに思う

kuridenhazakakeappu

稲は天日干ししたのがとてもおいしいという。昨今の稲刈りはコンバインで稲刈りと脱穀、乾燥までしてしまうというがやはり天の恵みともいうべき太陽の光を一杯に浴びた方が美味しい・・・知識のない素人でもそう思う。
で、この天日干し、地域によってその形態が変わる。奥会津や岩泉方面は高いハザを作ってホスト英区が、栗原地区や陸羽東線沿線なんかはこの形態。1本の杭に交互に重ねていくような形・・・。名前は失念したがこういった地域での風土の違いを感じるのもローカル線撮影の楽しみのように思える。

残念ながらこのコラボはもう見る事ができない・・・

2006年10月1日 くりはら田園鉄道 駅間失念

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/19(月) 21:46:23|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春の雪

itikawaoono

こんなのも数編成いたようですね。低運転台車。この頃、自分も見るとうれしくなったものです。
春の雪がちらつく中、モーター音をうならせて発車していった。

2009年3月1日 武蔵野線 市川大野

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/15(水) 21:00:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お見送り

nisihunakodomo

これは今でもありうる光景だな(笑)
電車が大好きな子供、優しく見守るお母さん、手をふる車掌さん・・・。
ありえないのは、ここを走る103系だけか・・・。少しずつ、時代は確実に進んでいる・・・。

2004年1月23日 武蔵野線 西船橋

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/14(火) 21:00:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

気がつけば・・・

nisihunabasi

こんな情景はものすごく前のような気がしていたんだけど、ほんの5~6年前までは普通にあったんだよなぁ。少しずつ205系が増えたなぁなんて思っていたらいつのまにかこのオレンジの103系は武蔵野線から消えていた。ほんとうにあっという間だった。別に葬式鉄が集結するでもなく、ほんとうにいつの間にか、気がつけば・・・といった感じだった。最近は209系が京浜東北線から消えるっていうんで大騒ぎになっていたけど、そういう現象はここ最近なんだなぁと改めて感じた。

2004年1月23日 武蔵野線 西船橋

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/13(月) 21:00:00|
  2. 惜別・追憶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する