FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

桜雨

sakuraame

桜は満開になってすぐくらいはちょっと強い雨でも散ったりはしない。意外と強いのだ。
ただはらはらと撮りだした頃に雨が降ると一気に散ってしまう。正に「花散しの雨」だ。
この日も雨。そうでなくてもかなり散り始めてボリューム感をなくした桜にとどめを刺すような雨が降っていた。たぶんこの列車が最後かな・・・。そんな風に思って撮った・・・。
散りだす桜は白っぽくなると聞くけど雨に打たれた花弁は意外としっとりとしたさくら色・・・。

自分は晴れた日にいろいろな光の表情を楽しむのが好きだけど、雨の日は別。しっとりとした風情の木々や花の表情が大好き・・・。
そして煙るような奥会津の山々の表情が何とも言えない風情を醸し出すからだ・・・。

しとしとと往く春を惜しむ桜雨・・・

2019年4月27日 只見線 会津西方-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/23(木) 19:59:20|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブナの森を往く・・・

bunanomebuki

今年は桜が遅れた分、木々の芽吹きも遅れたようだ。
昨年とほぼ同時期に六十里のブナの森を撮ったのだが、その違いは歴然であった。ただ残雪の少なさも類を見ないくらいであった。
ブナの新緑は眩しいくらいのライムグリーンであるが、芽生えたばかりのそれはまだ淡く、春まだ浅きといった感じであった。

奥会津の金山町の西部から只見町、そして魚沼市のあたりは広大なブナの森が広がり、あたりは只見ユネスコエコパークに指定されている。そして只見町の町の木はブナである・・・。

そんな広大で奥深いブナの森の峠を越える只見線は正にブナの森を往く山岳路線であると思う・・・

2019年4月28日 只見線 只見-大白川



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/22(水) 20:55:48|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーベントロート

banndaiyuukei

たぶんあと1~2分列車が遅かったら・・・
そんなタイミングが偶然あたった・・・

もう少し磐梯山に雪があったら正に「赤磐梯」だっただろうか・・・
それでも磐梯山が夕陽に染まったこの瞬間に立ち会えた歓びに感謝。

日が落ちる前のほんのわずかなドラマのようだった・・・

2019年5月4日 只見線 若宮-会津坂下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/21(火) 19:53:28|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨がそぼ降る・・・

irihirosesakura

土砂降りは困るけど、シトシト降る雨だと結構撮影意欲が出てくる。曇りだとだめなんだけど・・・(笑)
雨で風景が靄ってしまうけど、それでも心なしか桜とか木の葉とかがいつもよりしっとりと色が濃く見えるような・・・。そんな風景が好きで普段はものぐさの極みの自分が雨の中カメラを構える・・・。

集落のはずれの1本桜・・・。
散り始めていたからこの雨でもっと散ってしまうような感じだけど、雨に濡れてほんの少しさくら色が濃くなったような気がした。
ブナの新緑もいい感じ・・・。

雨がそぼ降る谷に一瞬列車の音が静寂を劈いた・・・。

2019年4月27日 只見線 入広瀬-大白川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/17(金) 20:52:34|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川面の煌めき

tadamigawagira

川面が煌めいている情景が好き・・・。
只見川の妖精たちがケラケラ笑っているようで・・・
風の具合によって表情が変わっていくのは、夏の川霧にも似ているようにも思うし・・・

なによりも只見川が生きているように見えるから・・・

2019年5月4日 只見線 会津宮下-会津西方


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/16(木) 20:36:25|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライムグリーンとさくら色

dai3yamazakura

山桜はいろいろな種類があり、開花時期もまちまちだ。ただ一般的に染井吉野よりも開花は遅いので、深緑のライムグリーンの中に点在するさくら色の木を見つけるのも楽しみでもある。ライムグリーンとさくら色のコントラストはとても美しい・・・。

この場所では只見線のキハよりも山桜の方が主役になってしまう。
ほんの1週間もないんだから、キハにも納得してもらうしかないな・・・(笑)

2019年5月4日 只見線 会津宮下-早戸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/13(月) 20:00:22|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春が好き・・・

hunatukibasinryoku

四季を通じて様々な表情を見せる奥会津の山々。
℃の季節も魅力的だけど、自分は命の躍動感が溢れている春の表情が好き。それも新緑と言われる時期だ。
「山笑う春」という季語は正にこの時期を表しているんだと感じる。長く厳しい冬、山の木々も葉を落としてじっと耐えた長い季節から一気に命の息吹を感じ、本当に山が笑っているように見える・・・。そんな春が好き・・・。

そんな季節の山桜・・・。「僕はここにいるよ!」 一年を通じて唯一その存在を示す・・・。そんな健気な山桜が好き・・・

命が芽吹く春が好き・・・

2019年5月4日 只見線 会津西方-会津桧原

  1. 2019/05/10(金) 19:48:43|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

六十里の春

rokujuurikoe

六十里峠の春は眩しいほどのブナの芽吹きだと思う。あたりの山を覆うブナの森のスケールは素晴らしいし、一斉に芽吹くそのさまは圧巻だと思う。
今年も国道252号の冬季通行止めが解除されて間もなく六十里を訪れた。昨年同様GW前に開通したが去年より芽吹きが遅いと感じた。桜も遅かったから当然なんだろうけど、それでも去年が早すぎたのではないかとも思っている。

ブナの森の芽吹き、フレッシュなライムグリーンがやや傾きかけた光線に優しく映える・・・。
列車も一気に駈け下りていった・・・

2019年4月28日 只見線 只見-大白川


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/09(木) 19:35:55|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーブを曲がると・・・

meganebasisinryoku

国道252号を会津水沼あたりから早戸や宮下へ向かうために走る。高倉集落への登り口を右にカーブしてすぐに左へカーブすると突然視界が開ける。自分はここで思わず歓声を上げる事がよくある。

通称「眼鏡橋」、只見線の有名撮影地のひとつだが、この橋の上に広がる山肌の表情が実に素晴らしいのだ。
新緑の頃、盛夏の頃、紅葉の頃、そして厳冬の雪の華・・・。そしてなぜかここの青空は不思議と透きとおるように美しい・・・。

この日もどこで撮ろうかロケハンをしていた。第3や第1あたりかと思って車を走らせていたが、カーブを曲がって目に飛び込んできた情景で思わずこの場所で撮る事に決めた・・・。萌黄色に染まって笑っているような山を見て・・・

令和元年5月4日 只見線 会津水沼-早戸


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/08(水) 19:55:40|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さぁ、山が笑いだすよ!

mugenkyounotikaku

遠目で見るとただの茶色い木なんだけど、正に芽吹いたばかりの木々・・・
桜が終わる頃、一斉に芽吹きだしあたりは一気に萌黄色からライムグリーンに変わっていく。
この写真を撮った3日後、またこの場所へ来てみたが驚くほど景色は変わっていた。一気に春がやってきた。

春の季語の「山笑う」はまさにそんな頃・・・
さぁ、今年も山が笑いだす・・・

2019年4月29日 只見線 早戸-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/05/07(火) 20:18:13|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する