FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

残雪の頃

zansetudai4

本来3月ってあれだけ降った雪が溶けて春の足音が聞こえてくる・・・
そんな季節で山に残る残雪が少なくなって春を実感する・・・。雪が消えてしばらくすると桜の便りがやってくる・・・
そして残雪の頃は光の具合でも春を感じる事ができる。光が季節を告げるのだ。

今年は残雪どころか雪がない。
もうすぐ桜の便りがやってくる。
どんな春になるんだろう・・・。水不足、コロナ騒動・・・

いつもと変りない麗らかな春が来ますように・・・

2018年3月25日 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/27(金) 18:21:26|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キハE120

kihae120

会津若松でキハ40と別れて早いもので2週間。
自分は只見線が好きなんで車両が変わっても関係ないよ!
確かそんな風に思っていたはずだが、まさか所謂キハ40ロスになるとは思わなかった。
20年間いつもそばにいてくれたキハ40の存在の大きさに改めて驚くばかりであった。

それでも・・・
只見線は終わらない。むしろもうすぐ全線復旧する。その時の主役はこのキハE120なのだ。
こうして風景の中を走る姿は思ったよりしっくりくる。

今はまだちょっとキハロス状態だけど、季節がもう少し進む頃にはきっと君が恋しくてしょうがなくなるはずだ・・・。

これからもどうぞよろしく!只見線の未来とともに・・・

2020年3月15日 只見線 早戸-会津宮下

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/26(木) 21:20:23|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れ間近

suharayuukei

列車の通過時間は日没の20分くらい前だった。
夕焼けにはちょっと早いかとも思ったが低く垂れこめている雲が妙に気になったからかこの場所で待ってみた。
夕焼けって面白いもので雲の高さや量によってその表情や時間が異なるように思う。日没後に一気に来た事も何回もある。

日没間近は分単位、いや秒単位で表情が変わるからこちらもドキドキして待つことに・・・。
雲がわずかに色づいてきた頃に踏切が鳴った・・・。

結局このあともきれいな夕焼けというわけにはいかず、また期待させて一気に落とすといういつものパターンでキハ40がエンジンを轟かせながら駈けていった。

それでも妖艶な夕暮れ間近のその表情は見ていてわくわくするものである。
子供の頃にいつまでも眺めていた記憶があるが、それは何十年経った今も変わらないようだ・・・。

2020年3月21日 只見線 越後須原-上条



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/25(水) 19:23:34|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

守門岳を臨む・・・

sumonsousyun

魚沼の只見線は山が近く、会津のそれとは表情が異なる。
越後広瀬や薮神界隈から見る越後三山もしかり、そしてこの守門岳・・・。
そんな姿が好きで魚沼までくるとついつい山の表情を探してしまう・・・。

例年の3月は、ようやく雪の量が少なくなって今まで見えなかった隣の家が見えたり、春近し!を感じさせる頃・・・。
天気も日本海側特有の重い雰囲気の曇りの日が減って晴れの日も増える頃・・・。
今年は早春というか、桜の開花を間近に控えた4月上旬から中旬頃の景色である。この日も長靴やフリースはちょっと暑くも感じた。
桜の蕾も見てみたが結構膨らんでいるのもあって1ヶ月くらい季節が先に進んでいるような感じだ。

守門岳を見上げさすがに山はまだ雪があるなぁなんて思ったが本来の早春の嶺はそんなものではなくたぶんふもとまで真白なはずだ・・・。

このあたりは平成の大合併で魚沼市となったが、旧い地名は守門村。屏風のような守門岳を目の当たりにすると、なるほどそう名付けるよな・・・と思うのだが本当のところは定かではない・・・。

2020年3月21日 只見線 越後須原-上条

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/24(火) 19:08:47|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝霧の日

ookurasawa

朝起きると一面が真白な須原の町・・・。
こんなシチュエーションは奥会津でもよくある事だが、この時期にここまで白くなるものかとちょっと驚く。
少し時間があったので、近くをうろつくと須原の町から少し小出寄りに下りてくると霧も薄くなっていた。

守門岳が霧に見え隠れしていい雰囲気だったんで期待していたけど、結局は霧に隠れてしまう。
そんな頃稜線から太陽が顔を出す・・・。
霧がスーッと晴れてくる頃、遠くに聞きなれたキハ40のエンジン音が聞こえた・・・。
荘厳なまでの舞台の中、新潟色のキハ40が駆けていった・・・

実は只見線にはまだキハ40が走っている。たぶん新しく入ってくる車両の準備ができれば順次置き換えとなっていくのだろうけど・・・。

2020年3月21日 只見線 越後須原-魚沼田中

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/23(月) 19:01:23|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キハ40ありがとう

omiokuri

「私は午後は乗ってお別れするから、走ってる姿を見送るのはここが最後かな?」
会津平から上がってきてウロウロしていたら、只見線応援団つなぎ隊のK隊長がいた。

手製のフラッグを降りつつ、もう片方の手でスマホを操り最後の姿を記録する・・・
そして午後はひたすら乗る・・・

本当にキハ40を愛する人の見送り方なんだろうなと思った自分も、走行写真はここで終わりにしてのってお別れを言おうと思ったのだ。
自分も只見線に通いだした頃の気持ちを思い出したようだった。
隊長、ほんとうにありがとう・・・

2020年3月13日9時14分 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/19(木) 22:08:11|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらば飯豊よ・・・

iidelast

つい4日前にも撮ったのだが、最後の4連はここで押えたかった。未明から会津川口から下ってきたので果たして望むような情景になっているのか不安だった。飯豊が出るのは気まぐれで、晴れ予報でもうまく出てくれないことが多いから・・・

4日前ほどくっきりとした「激山!」というわけではなかったが、朝のまだ低い光線に照らされたやや霞のある飯豊の美しさに思わず歓声を上げた・・・
この日は午後から曇り予報。ラストランまでまだ数本あるけど僕にとっては最後のコラボとなった。
「今まで最高の舞台をありがとう。さらば!飯豊よ」
キハ40がそう言っているかのように短くタイフォンを鳴らした・・・

2020年3月13日6時44分 只見線 会津坂下-若宮

 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/18(水) 18:43:27|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の朝焼け

asayakedai2

この日の日の出は5時53分。422Dの宮下の発車が5時55分。朝焼けにはちょっと遅いかとも思ったが、絶妙と思える時間に東の空が開いている場所がない。ギリギリまでロケハンしたが結局この場所で構えた。

この場所で何回君を撮っただろう・・・。
お手軽な場所だし、なにより朝の表情が素晴らしいから迷ったらたとえダメだろうともこの場所で撮ったっけ・・・。
そんなことを思いながら列車を待つと空と雲が薄く色が変わってきた。
朝焼けや夕焼けは雲の位置とか量で変わっていくからドキドキして待つ。そう、最後の朝焼けが撮りたい・・・。そんな思いだった。

いつもの通り会津宮下駅手前の4種踏切で鳴らす短いタイフォンが聞こえる。
そして宮下を発車する音が聞こえる。いつもと変わらず、いつもと同じ、そしていつもと同じように胸の鼓動が高まった・・・。

ピークよりやや色は薄くなった。地平線上に太陽は出ているはずだから仕方ないんだなぁ・・・。
そう思ってるといつもと同じように踏切の音が聞こえて、いつもと同じように4連の列車が鉄橋を渡っていった・・・。令和2年3月13日5時58分の事だった。

只見川の妖精が、君への惜別の為に最高の舞台を用意してくれていたんだ・・・。きっとそうだ・・・。

2020年3月13日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/17(火) 18:51:24|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の朝・・・

imatiduki

令和2年3月13日5時・・・。空には居待月が浮かぶ。
いつもの朝と同じように川口の町にキハ40のアイドリング音が響いている・・・。
いつもと同じ朝・・・
ただ違うのは、明日からはアイドリング音が変わる事・・・

君が走る最後の日は、いつもと同じように、当たり前のように始まった・・・

2020年3月13日 只見線 会津川口



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/16(月) 20:01:45|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小望月

tukiyo

十五夜を明日に控えた黄昏時、厚い雲から月が上った。小望月である。
雲の合間から見えていた月も列車の動きに合わせるようにやってきた雲に隠れてしまうが、月の上る早さって意外と早くてなんとか3/4くらい顔を出してくれた・・・。

月夜の風情は枕草子にも記された夏なんだろうが、それでも月を愛でながら過ごす早春の黄昏時も又いいものである・・・

2020年3月9日 只見線 会津高田-根岸

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/03/11(水) 19:31:38|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する