FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

春よ来い・・・

hukinotou

恐るべしエルニーニョ現象か、経験した事のない小説が続く奥会津。たまに雪は降るのだが積もった雪は儚くも消えてどうも理想的な雪景色に出会えない。ましてそうした降雪のある日は仕事の日が多く、ごくたまにしか訪れない旅人にはつらい冬となった。
今秋から暖かい日が続き、奥会津にはまた雨が降ったとも聞く。こんなに雨の便りが届く冬もまた経験がない・・。

それならいっそ、もう今シーズンの冬景色はあきらめてひたすら春が来るのを祈るとしよう。
奥会津に住む人たちの気持ちに寄り添うように、同じ思いを持って春を待とう・・・。

春は桜と新緑が象徴されるが、その前に少しづつ春の足音が小さく聞こえてくる。
そんな小さな春、一番乗りの春を見つけるのが好きだ。

思わず歓声を上げるような北国の春もいいけど、こういう春を見つけてふっと頬が緩むような・・・

そんな春を心待ちにしよう・・・

春よ来い、早く来い・・・。

2018年3月26日 只見線 会津桧原-滝谷


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/20(水) 20:18:46|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅心

kippu

旅に出たいなぁ・・・
旅から帰ってきたばかりなのに、旅にでたいなぁ・・・

旧型客車がいいなぁ・・・
夜汽車がいいなぁ・・・

旅を愛する人たちへ・・・
どうか、いい旅を!

yogisya


2019年2月9日 津軽鉄道 津軽五所川原



[旅心]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/19(火) 20:11:11|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祈りの灯火 ~雪月列火~

今年も会津中川の雪原に灯った灯火・・・
真暗な只見線に灯りを灯し、只見線が走る事に感謝しみんなで手を振ろう・・・
そんな趣旨で始まった会津中川の「雪月列火」も今年で3回目となった。主催は只見線の復旧が決定した時に、地元のやる気が結集して結成された「只見線つなぎ隊」。そして地元の中川地区の方々や奥会津在住の人たち、金山町役場の皆さん、そして全国から集った鉄道ファンも一緒になって総勢50名近くで準備を行った。列車がくる頃には、更に撮影する人や地元の方々も見物にきて静かな中川の夜も賑わいを見せた・・・
この灯火はそんな人たちの想いとか祈りとか、きっとそうしたものが込められた灯火なんだなぁとふと思った。

去年は大吹雪の中、懸命に準備をしたが列車が運休となり只見線のキハを迎える事ができなかった。今年もしっかりと降る雪にやきもきしたが無事に列車とのコラボが実現できた。自分は一昨年は仕事の関係で参加できなかったのでようやくそんな祈りを込めた灯火に参加できた、見る事ができた。列車が来た時、そんな思いがよぎり、目頭にこみ上げてくるものを耐える事ができなかった・・・

setugeturekka


2019年2月16日 只見線 会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/18(月) 20:27:15|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪を切る・・・・

kase2

津軽の冬には珍しく、風がそんなに強くない朝・・・
それでも雪が降りだすとみるみる周りは白い空間となっていく。
列車の音が微かに聞こえたような気がした時、雪が小降りになってその雄姿を、見る事ができた。

しんしんと降る雪を切って進むラッセル・・・
機関車が除雪用貨車を押すというシンプルな列車が雪景色に溶け込んでいくようだ・・・

2019年2月10日 津軽鉄道 嘉瀬-毘沙門


[雪を切る・・・・]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/14(木) 17:49:05|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪国

kase

今年は雪が少ないとは言っても、それでも雪は降る・・・
そんな雪国の日常・・・


2019年2月10日 津軽鉄道 嘉瀬



[雪国]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/13(水) 20:54:58|
  2. 津軽鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時の旅人

tuteturasseru

まだ明けきらぬ津軽の町はずれ。
始発列車の前に運行を確保するべく人知れず走るラッセル車・・・。そんなイメージだろうか。

平成も終わろうとするこの時にまるで国鉄や良き時代の地方私鉄の情景が目の前に展開していた。
その光景を見つめている僕はファインダー越しにタイムスリップしたかのような錯覚を覚える・・・。

津軽の地で僕は、時の旅人になった・・・。


2019年2月10日 津軽鉄道 深郷田-大沢内



[時の旅人]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/12(火) 20:32:07|
  2. 雪と闘う
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の朝

dai4yuki

前日に降っていた雨は未明に雪へと変わったようだ。
暖冬だ、小雪だと言っても、やはり雪が降ると風景は一変する。冬の奥会津らしさがほんの少しでも垣間見れる・・・。

雪はつらいもの、たいへんなもの、そんなイメージが強いんだろうけど、やっぱりこうして見せてくれる光景は荘厳で美しい・・・
鋼色の只見川がモノトーンな印象をより強くさせる。

雪の朝、雪に音がかき消されるようにゆっくりと列車が走り去っていった。

2019年1月16日 只見線 会津水沼-会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/07(木) 20:03:53|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷間に日が射す頃

mizunumahukan

今シーズンの奥会津の冬、不思議と晴れる時が多い。1日中晴れなくてもほんの数時間とか、そんな時が多いように感じる。
そもそも奥会津は福島県の中通りよりも新潟県の気候に近く、冬は滅多にお日様を見ない日が多いのだが・・・。
やはり今年の気候はおかしいのか・・・。
それでも晴れるならいいじゃんって思うのだが雪が少なくてあまり画にならないのも事実・・・。まぁ成り行きに任せて撮ってるけど、もう少し画面の白い比率が多いとなぁ・・・と贅沢いってる。

会津宮下から会津中川あたりは山が一気に只見川に迫り屋にはV字に切れ込み山深い印象になる。このあたりの集落も山にへばりつくように、又わずかな平地に寄り添うような佇まいになる。陽が差し込む時間は短く、この時期はようやく8時頃に谷間まで下りてくるのだ。
それでもこれらの集落は谷間にあっても比較的日当たりのいいところにあるように思う。これも先人の知恵なのだろうか・・・。

ようやく谷間に日が射しこむ頃、わずかなタイフォンを鳴らして列車が姿を現した・・・。

2019年1月6日 只見線 早戸-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/06(水) 20:21:33|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白い世界

nakagawayuki

未明に雪降り止まぬ舟鼻峠を越えて奥会津入りしたが、夜が明けても雪はもさもさと降っていた。峠のあたりはものすごい積雪で、国道400号も除雪が追いつかない状態であったが、ここまで下りてくると降っている割に積雪もイマイチのような気がした。降ってる雪は普段の、永遠に降り続くような錯覚を覚えるような雪なのだが・・・。

それでもこの時はあたりがすっかりと白い世界と化した。2週間後ここで行われるイベントに想いを馳せ、地元の人には申し訳ないけどもうちょっと積もる事を願っていたが程なく雪は止んで木々に着雪した雪は一気に落ちていった・・・。

やっぱりエルニーニョの影響は凄いんだ・・・。

2019年2月3日 只見線 会津中川

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/05(火) 19:49:14|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霧の朝

kirinakagawa

秋とか春先の晴れ予報の日は霧が出る事が多い奥会津だが、真冬に桐ってあまり経験したことはなかったように思う。
霧は8時過ぎ頃に晴れる事が多いのだがこの日の霧じゃなかなか晴れず、この後会津坂本あたりでようやく晴れた。(10時前頃)
薄く青空も見えるのだが鉄橋はどこもホワイトアウト状態だったようだった。
聞けば7時台の第一只見川橋梁のお立ち台はかなりの人出で、鉄道写真家の中井精也さんもいらしたようだが全員が聞く鉄(音だけが聞こえる状態)だったらしい。おそらく次の9時台も真白だったのではないかと思う。9時台は台湾から来る人も多く上るので、遠くから来てくれたのにちょっと申し訳なくも思う・・・。

やはり今年の冬の気候はちょっと、いやかなりおかしいと感じた。

2019年2月3日 只見線 会津中川-会津水沼

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/02/03(日) 21:13:19|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する