FC2ブログ

さすらいびとの子守唄

Landscape with Railway

桜の雨が降る・・・

banmonosakura

バックの空が青空だったら言う事ないんだけどなぁ・・・
そうは言っても桜の頃の天候は不安定でそうそううまくいくものでもない・・・

それでも・・・
しとしと降る桜雨の風情・・・
それがこの日の出会いでありそれが運命であった。

それでも貴婦人と呼ばれる華麗なC57形蒸気機関車は桜の花が良く似合う・・・

2021年4月17日 磐越西線 山都-喜多方


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/05/03(月) 00:43:17|
  2. 蒸機礼讃
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花桃の艶やかさ

hanamomo

集落の外れに植えられた花桃が満開を迎えていた。
花桃はもともとは花を観賞されるために改良されたものであるため花の付きも良いので桜とはまた違ったあでやかさがあると思う。

桜と同じ頃に満開を迎えるようだが、このあたりではほんの少し遅れてるようで春が少し進んだ状態だからよけいそう感じるのだろうか・・・。

花桃のシャワーを浴びるかのように列車が春を謳歌するように駆け抜けていった・・・

2021年4月25日 只見線 会津宮下-会津西方

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/05/01(土) 23:51:20|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯豊の嶺遥か・・・

terasakisakura

雪を纏った飯豊の嶺は、まるで白鳥が羽を広げて飛び立つような雄大な山容に心惹かれる。
神々しいまでに美しい嶺は会津平によく似合うのだ。

福島、新潟、山形の3県にまたがる飯豊の嶺遥か・・・。
磐梯山とともに会津を見守る霊峰である・・・。

2021年4月11日 只見線 根岸-会津高田


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/05/01(土) 01:26:06|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜風

itijinnokaze

村はずれに咲く孤高の八重桜が満開であった。
桜は1年のうちでほんの数日、その存在感を誇示する。それは1本桜も同じ・・・

年に一度の檜舞台。その後ろに一陣の桜風が駈けて行った・・・

2021年4月25日 只見線 会津柳津-郷戸



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/28(水) 00:43:21|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三春

hanamomoyaezakura

八重桜は染井吉野が散ってから満開になる。
春が進んだ状況で咲くから染井吉野よりも艶やかなイメージがあるような気がする。
そして花桃・・・
雪国では梅と桜と桃の花がほぼ同時に咲く。それぞれの開花前線が北上していく中でちょうど3つの全線が交わるのだ・・・
3つの春が一緒にくるから三春・・・
そんな事を聞いたことがあった。そう、雪国の春は一気にきてあっという間に去っていく。短いのは夏と一緒なのだ。

地元の方の庭先でそんな三春を撮らせていただいた。
その花の素晴らしさは言うまでもないが、それを愛情を持って育てた家主さんの優しさが感じられる・・・
そんな春の情景がちょっと眩しく感じられた・・・

2021年4月24日 只見線 郷戸-会津柳津






[三春]の続きを読む

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/27(火) 00:28:35|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芽吹きの季節へ

yanaidukawazakura

奥会津の今年の桜は惨憺たるものだった。
現在、金山町の横田や大塩あたりで満開なのだが鳥害で花がまばら、スッカスカな状態であった。

先週満開だった柳津も6日もたてばすっかり景色が変わった。桜は散り、山々は芽吹きの季節へ向かっていた。
カワヤナギの色もライムグリーンも鮮やかに染まっていた。

雪国も春はがここからが早い。芽吹きが始まるとその日の天候によっては朝と夕方の風景が変わって見える事さえある。
目にも眩しい季節が奥会津にもやってくるのである・・・

2021年4月24日 只見線 郷戸-会津柳津


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/25(日) 22:45:26|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜雨 Ⅱ

takiyadayo

奥の山の中腹にある山桜は20年前から毎年合うのを楽しみにしていた山桜だ。
春のほんの少しの間だけ自分の存在を誇示するような山桜に心惹かれて毎年ここを覗いていた。

ただ手前の桜は前からあったかどうか、その記憶がない。あったのかもしれないが以前はこの桜の後ろは杉林であった。鉄橋も見えなかったしあってもいスルーしていたのだろうか・・・

只見線全通に向けての事業の一環として沿線の景観整備が行われている。ここ滝谷だけでなく第3只見川橋梁や眼鏡橋、第2只見川橋梁、会津西方と行われた。その結果会津西方と滝谷では杉の木に隠れていた桜の木が目の前に現れたのだ。その姿は車窓からもきっと見えるようになったに違いない・・・

結局朝から降り続いた「桜雨」は1日止むことはなく降り続いた。そして心なしか朝には見えなかった木の芽吹きが夕方には見えるようになったような気もした・・・。
春の雨、桜雨が降ってそれが止むと木々の芽吹きが一気に進むような気がする。大地を滴らせ命を芽吹く雨なんだ・・・

山湿し 木々を育む 桜雨

2021年4月18日 只見線 会津桧原-滝谷


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/23(金) 00:20:36|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つぼみの味

goudosakura

「今年の桜はもう終めぇだ。満開にはなんねぇ」
会津宮下でロケハンしている時に地元の人に言われた言葉だ。
花の密度が少なくスカスカな状態である。

雪が多かったり気温が例年以上に低い冬だとこんな事が起こる。ウソという鳥に芽を食べられる所謂鳥害だ。
今年は雪はとても多かったが2月後半から雪は降らず、3月の暖かさもあって雪解けが急速に進んだ。だから今年は大丈夫だと思ってはいたんだが・・・

ウソは雪が多かったりするとエサがなくなり桜のつぼみを食するという。
そういう話をすると、桜のつぼみってそんなに美味しいのか?とも言われるが、自分はそうは思わない。
もし桜のつぼみが美味しかったら雪の多い少ないにかかわらず毎年鳥に食されてしまうだろう。
エサがない時にやむを得ず食うのだ。つまり桜のつぼみはあまり「美味しくないんだと自分は思う・・・。

それでも桜のあでやかさは変わらない。
桜雨に打たれてしっとりと春を謳歌していた・・・

しとしとと 汽車も濡らして 桜雨

2021年4月17日 只見線 滝谷-郷戸


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/22(木) 00:29:14|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜雨

tukimigaokakara

「花と嵐の例えもあるが・・・」
この花というのは桜の花であるという。日本人が一番好きな花である桜が花と例えられるのだという。
そんな言葉もあるものであるから、桜の時期は「花冷え」とか「花曇り」とか天気が悪いというイメージがあるものだ。

青空や光があたる桜をイメージして出かけるのであるが、そうそううまくいくわけでもなくやはりこうした時期は花冷えであり、花曇りである事も多い。ただ曇りよりは所謂「桜雨」が降る方が風情もあり撮影時の面倒臭ささもあるのだがそんな風情を楽しむのもまた桜の頃の趣きなのだとも思う・・・。

静寂の 時にそぼ降る 桜雨・・・

そんな雨の早朝に傘もささずに佇み只見線の通過を見守った・・・

2021年4月17日 只見線 会津柳津-郷戸


  1. 2021/04/20(火) 23:45:34|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕桜

toukakou

すっかり只見線撮影の名所となった会津美里町の宮川の桜。
2年ぶりに訪れてみると河川敷が整備されその変わりようにちょっと驚いた。

ここは午前の順光に映える光景が人気のようだが、太陽の光が斜光線の趣きとなり、透過光に映える桜も素敵である。

そんな夕桜の美しさに見とれていると危うく列車の接近に気がつかないところであった。

光と桜の共演に僕は酔いしれていた・・・

2021年4月11日 只見線 会津本郷-会津高田



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2021/04/20(火) 00:27:59|
  2. 僕の只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

さすらいびと 

Author:さすらいびと 
旅と酒と蒸気機関車とローカル線とカメラをこよなく愛するおぢさんです!

真島満秀先生に感化され、「旅情」をテーマに、季節とか、光とか、日常とかの鉄道情景が好きで追い求めています。どちらかというと鉄道写真というより、「鉄道のある風景写真」といった方がいいかもしれません。自分の写真を見て「旅に出たい」って思っていただけたら望外の喜びです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する